カテゴリー別アーカイブ: 学校生活

第5回多可町高校生議会

8月から延期されていた多可町高校生議会が、3月24日(水)午前に多可町役場で行われました。今回が第5回になりますが、これまでにも本校生が議題として取り上げたことが、多可町の施策として実現しています。例えば、本校への通学定期補助やポッポの道の再整備です。今年も、多可町議会議員の方からアドバイスもいただきながら、議場で議論を交わすことができました。貴重な経験を積むことができ、今後の地方自治に興味を持てたと思います。関係された皆さまに、厚くお礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

この多可町高校生議会の模様が、3月25日(木)神戸新聞地域版に掲載されました。

桜が開花しました

ここ数日の暖かさに誘われて、本校校門周辺の桜が咲き始めました。他府県では、すでに満開の知らせも耳に入ってきますが、この周辺では満開はもう少し先です。ただ、入学式は桜吹雪の中か、葉桜の下での開催になりそうです。

3学期終業式

3月23日(火)午前、終業式に先立って、兵庫県警察本部交通部交通企画課が行った「無事故無違反チャレンジ2020」を達成したことと、先日の球技大会の表彰を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

その後、3学期の終業式を行いました。

4月からは新入生が入学してきます。先輩としてよい見本となるように日々の生活を頑張ってください。

 

介護職員初任者研修修了証授与式

3月22日(月)午後、本校福祉実習室において、介護職員初任者研修修了証授与式を行いました。今年度は、介護施設での実習が行えないなど、例年と違う苦労が加わりましたが、無事に24名の2学年生徒が所定の課程を修了し、修了証を受け取りました。1年後に現場に出る生徒もいますので、これからさらに研鑽を積んでください。

NIE講演会

3月19日(金)3限、本校多目的ホールにおいて、1学年生徒を対象にNIE講演会を行いました。本校は、今年度から2年間NIEの指定校になっており、これまで各教科で新聞記事を使った授業を行ってきました。この日は、産経新聞社から小林宏之氏を講師にお招きし、「新聞に目を向けて」というテーマで講演をしていただきました。1年生の生徒は熱心にメモを取りながら話を聴いていました。これからは新聞の読み方が変わるかもしれませんね。

1学年進路ガイダンス

3月9日(火)3・4限に、1年生の進路ガイダンスを行いました。

①建築・インテリア,②自動車,③IT・情報処理,④公務員・一般事務,⑤理容・美容・エステ,⑥栄養・調理,⑦保育・幼児教育,⑧医療系のうち、各自が希望する2つの講座を受講する形で実施しました。

実際にPCを操作したり、自動車に乗ったりするなど、興味深く進路について考えることができたと思います。今後の進路決定の参考にしてください。

生徒総会

3月8日(月)4限、本校体育館において生徒総会を実施しました。

まず、今年度の活動報告や会計報告の後、軽音楽同好会が令和3年度から軽音楽部へ昇格することが報告されました。

次に、今年度試行期間としていた防寒着着用や頭髪、部活動・同好会廃部等の規定の改定などについて審議され、賛成多数により全ての議案が承認されました。

最後に、来年度の活動予定や活動予算についても承認され、生徒総会を閉じました。来年度こそは、コロナ禍が収束に向かい、正常な生徒会活動に近づけられることを願います。

第1学年カルタ大会

3月5日(金)3・4限、本校体育館において第1学年のカルタ大会を実施しました。全体を20班ほどに分け、各班で作成した取り札を並べて個人戦を行いました。百人一首をしっかり覚えていた生徒は、上の句の早い段階で札を取っていました。優勝者と準優勝、3位の生徒は、最後に表彰されました。今年あまり札を取れなかった人は、来年以降にリベンジを果たしてください。

献血セミナー

3月5日(金)本校体育館において、献血セミナーを行いました。兵庫県赤十字血液センターの方を講師としてお招きし、血液に関する話やリンパ性白血病にかかった芸能人の方の話しなどを聴きました。献血は16歳からできることや直接人の命を救う手助けになるということなどを教えていただきましたので、機会があればどんどん献血に参加してもらえればと思います。

タイ王国とのオンライン交流

3月4日(木)放課後、本校第1情報教室において、タイ王国とのオンライン交流を行いました。日本側は本校生徒3名と県立北条高校生徒2名、タイ王国側はバンジャマラチャライ学校・ヨティンブラナ学校・ラートプラカオピッタヤッコム学校・デブシリンロムクラオ学校の生徒6名および2019年度OBEC留学生5名が参加しました。

最初に本校大矢徹校長から挨拶を行い、その後各高校や生徒自身の紹介を行いました。最初に音声トラブルがありましたが、無事に紹介を終え、第2部ではフリートークも行うことができました。本校生徒は苦心しながらも英語での交流ができました。来年度も相互訪問が行えないかもしれませんが、このような交流が続けられたらと思います。関係者の皆さま、お世話になりありがとうございました。今後とも末永く交流が続けられますよう、よろしくお願いいたします。