カテゴリー別アーカイブ: 校長室

< 2019年9月2日 月曜日 始業式式辞 >

おはようございます。第2 学期を迎える始業式です。1 学期の終業式でお願いしたことは、1
命を大切にし、元気で健康な生活をすること 2 目的・目標を持った生活をすること です。
これは、決して夏休みだけにお願いすることではありません。2 学期ももちろんですが、これから
もずっとお願いしていくことに変わりはありません。

命を大切にし、元気で健康な生活をすることは、生活の中でも根本中の根本です。それは、相
手のことを思いやり、自分のこともしっかり見つめて自分自身を大事にすることで成り立ってい
くものです。自分のことだけしか考えず、相手を傷つけることに平気なってしまっては、大事な
命は傷つきます。そうなってはダメだと思っています。元気で健康な生活をするのも、目的・目
標を持つことができれば、自然と健康な生活になります。好きなこと、夢や志を持てるように、
日々を大事に過ごしてください。先生方は、みんな、皆さんの味方です。この2 学期を、これか
らの日々を充実した良きものになることを望みます。

2 学期は体育大会や講演会、月に1 回は全校集会があり、2 年生は修学旅行も控えます。そして、タイ王国からの訪問があり、交流事業があります。今から、夏休みを3 回繰り返すと、年が明けます。そして、3 学期に2 回もありません、を繰り返すと、1 年が終わるんです。皆さん、夏休みをあっという間だと感じませんでしたか。そのあっという間をほんの5 回も繰り返すと、もう1 年が終わるんです。1 日1 日は恐らく長いでしょう。時が早く経つことを望むことも多々あるかもしれません。しかし、時は必ず過ぎ去り、時間は経過します。止まることはありません。それゆえ、早く過ぎ去れと思っている時間を長く感じている時間を精一杯有効に使うようにしてもらいたいと思います。今を大事にしてください。この今の積み重ねを大事に、今の時間を大切に使ってください。

1 年生、多可高校生にきちんとなってください。「高校生」であるということを自覚した行動を
とれるようになってください。クラスづくりがしっかりできていますか。多可高校生としての日々
を一日一日大事にしていますか。他の人のことを思いやって行動できていますか。しっかりと仲
間のことを思いやって行動できなければ、高校生としての自覚は生まれづらいです。皆さんが、
しっかりと多可高校生になることで、伝統は受け継がれていきます。

2 年生、中だるみという言葉はありません。屋台骨になり、学校全体を引っ張ってください。自
分が何をすべきかをしっかり考え、学校の中心としての自覚を持っての行動を実践していってく
ださい。次の世代にも良き伝統を伝えられるよう、主体性を発揮させて欲しいと思います。多可
高等学校は皆さんの行動力で決まります。

3 年生、自己実現に邁進して、自分の希望を叶えてください。進路の実現は団体戦です。自分が
決定したからそれで良しとするのではなく、お互いに支援し合って、全員が進路先を決めてこそ
の進路実現です。進路先が決まったから授業を聞かないとか、私語をするとかではなく、他の人
の決まることを願って、自分にできることをする、ということです。そして、みんなで最後は喜
び合いたいのです。

2 学期も、多可高校のみんなにとって、本気で元気な日々となり、皆が幸せになることを願って
式辞といたします。

<2019年7月19日 金曜日 終業式式辞>

始業式から103日目、授業のある日だけを勘定すると68日目の今日、1学期が終了します。

1学期の間に平成が終わり令和ともなりました。多可高校の夏季休業が始まります。9月1日まで、44日間です。この1学期は、大きな事故なくここまで、過ごすことができました。これは皆さんの精進であることは間違いありません。ここで精進とはひとつのことに一生懸命頑張るという意味です。皆さんは、頑張った毎日を過ごしたんだと思います。妙見祭や球技大会でのクラスや文化部の力の結集は見事でした。これからも吹奏楽部などそれぞれの発表の場がまだまだあると思います。力を出し惜しみせず、活動してください。皆さんが、本気であることがよくわかりました。運動部の力の結集も素晴らしかったです。応援に行ったときの運動部の総体での活躍は感動的でした。6月初めに女子バレーボールとソフトボールの応援を掛け持ちしたときは、1日に2つとも勝利を収めました。私自身は勝利しか見ていません。先日の野球部の試合も白熱したゲームで、感動的なものでした。全力を尽くしていたと思います。それぞれが負けたということに悔いは残ると思いますが、皆さんが日頃の練習から培った力というのは間違いなく素晴らしいものでありますし、否定されるものではなく、これからの人生にしっかりと生きてくるものです。学校評議員会があり、そのとき是非言っておいて欲しいことがあると言われました。「気持ちの良い挨拶をしてもらえる」ということでした。「あいさつ」をしてくれることで、元気が出る。力をもらえる、とおっしゃっていました。私自身も皆さんに朝の元気な挨拶や、掛けられる言葉で力をもらっていると感じています。これが多可高校の力の源になっているのかもしれません。私は、他にも下駄箱の靴入れがきれいことと、自転車をきれいに並べていることは素晴らしいと思っています。毎日、何気なくしていることを、一生懸命頑張ってしていることは、必ず誰かが見ていて、「頑張ってるんだな」って認めてくれています。何気なく続けていること、その毎日を大事にしてください。

この44日の長期休業を迎えるに当たって、言うことはいつものとおり大きく2点です。

ひとつは、命を大事にし、健康な生活をするということです。かけがえのない命です。自分の命をしっかり見つめ、傷つくようなこと、傷つけるようなことはしてはいけません。44日間、健康な生活を、まずは送ってください。安全、安心、無事な日々がまずは一番です。

もうひとつは、目的・目標を定めた生活をしてください、ということです。

3年生は進路実現のために、2年生は屋台骨となるために、1年生はしっかりとした多可高校生となるために、何をしていくのか、具体的な行動が大事な時期となります。勉強をする、部活動をする、試験を受ける、自分のしなければならない具体的な行動の目的・目標を一つで良いから決めてください。そして、行動をしっかり継続してください。時代が変わり、入試や学校のカリキュラムも時代に合わせて変わっていきます。大きく変化する時代となっています。その時代の中で、皆さんの寿命も、107歳ぐらいと言われています。今から、90年ぐらいを誰もが生きていきます。今から90年前は1929年です。昭和4年。昭和4年の17歳が、令和元年に107歳です。昭和4年って17歳で学生をしているのは、15%ぐらいです。今は98%ですよね。世界恐慌とかがあって、本当に不景気な時代です。そのとき17歳だった人が今107歳で、そのときにあった仕事って、今はどうなっているんでしょうか。でも、今から皆さんはもっと変化の激しい時代を生きます。皆さんが時代をつくっていくんです。90年先を考えれば、多可高校での3年間を振り返るとあっという間でしょう。しかし、その1日1日は長く感じるのかもしれません。長く感じるから振り返ればあっという間なのかもしれません。夏休みも振り返れば、いつもあっという間の44日なのかもしれません。44日と90年間を同じ時間として語るわけではありません。ただ、時間はいつも、長いようでいて振り返るとあっという間です。有効にしようと考えるならば、やはりひとつでもいいから、できることを増やすことです。夏休みの44日間続けて何かをすることを1つでも決めて、続けてみることだと思います。10分本読むことでもいい、日記をつけてみることでもいい、楽器を1つマスターすることでもいい、夕ご飯の後の皿洗いをするでもいい、続けてできることのきっかけになる日々にして欲しいと思います。そして、夏休みが終わっても続けていければ、習慣になります。考えなければ1日は早いだろうし、時もあっという間に過ぎ去っていくでしょう。時間を大事に、考えて、具体的に動いていけば、時間を有効に充実して使えます。そして、これからは、何気なく毎日できることを増やしてください。44日というのはチャンスの時です。

3年生で18歳になった人、18歳選挙権が施行されて3年です。選挙権を是非行使してください。これも具体的な行動です。自分自身を成長させてください。多可町役場では、今年の8月19日月曜から23日金曜までの1週間、議会をやっている議場を自習室として開放するということです。勉強、自習の場として使ってくださいということです。有効に使ってください。安全、安心、健康が一番です。9月2日、全員、元気な顔であいましょう。以上で終業式のあいさつといたします。