カテゴリー別アーカイブ: 校長室

卒業生に贈る言葉

「不易流行」

私たちが今、暮らしている社会は少しずつ変化しています。ITの発達や人工知能の進化によって、その変化は今後ますます加速していくと言った方がよいかもしれません。オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授は、「今後、10年~20年程度で、約47%の仕事が機械化される可能性が高い」と述べています。今は、人間が行っている仕事も近い将来、機械にとってかわられることになるのかもしれません。また、ニューヨーク市立大学のキャシー・デビットソン教授は「今の子供達の65%は、大学を卒業する時に、今は存在していない職業に就く」と予想しています。

このような変化の激しい時代を迎えるにあたり、これからの若者はどうすればよいのでしょうか。一つ言えることは、現時点において、有効で必要な知識や技術を身につけることもとても大切ですが、それと同時に、将来、世の中の変化に応じて、その都度その都度必要となるものを習得することができる力、自分自身が変化できる力、変化に対応できる柔軟な心などがこれからは必要になってくるということを、覚えておいて欲しいと思います。

進化論で有名なチャールズ・ダーウィンは地球上の生命の進化について、「最も強いものが生き残ったのではない。最も賢いものが生き残ったのでもない。最後に生き残るのは、変化することができるものである」と述べています。たいへん示唆に富んだ言葉だと思います。

しかし、一方で時代の流れや流行の変化に惑わされることなくいつまでも大切に守り続けなければならないものもあります。家族や友達を大切にする心、人権を尊重する心、他人に対する思いやり、自分が生まれ育ったふるさとの自然や文化を愛する心などは、時代の変化に関係なく揺らいではならないものでしょう。

『不易流行』という言葉があります。「不易」とはいつまでも変わらないこと、「流行」とは時代時代に応じて変化することです。つまり『不易流行』とは、「いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものを取り入れていくこと。」という意味です。時代の流れに応じて柔軟に変化していくことが求められるこれからの社会においても、時代に流されずに変えてはならない大切なものがある、変えなければならないものと変えてはならないものがある、そんな大切なことを教えてくれるこの『不易流行』という言葉を卒業生の皆さんに贈りたいと思います。

兵庫県立多可高等学校 第41回卒業証書授与式 学校長式辞より(抜粋)

平成28年度PTA総会が開催されました

5月7日(土)、平成28年度PTA総会が開催されました。1~2校時の公開授業の後、午前10時より本校の多目的ホールにおいてPTA総会が行われました。総会では、前年度PTA会長より退任のご挨拶のあと、新PTA会長が就任のご挨拶を述べられました。その後、新PTA会長より前年度PTA役員の皆様に対して感謝状が贈られました。

昨年度は、文化祭(妙見祭)のバザーや体育大会の綱引き出場、マラソン大会の豚汁作りや夏休みの奉仕作業、就職希望者の面接練習など例年行っていただいている取り組みに加えて、創立40周年記念式典という大きな行事もあり、旧役員の皆様にはたいへんお世話になりました。どうもありがとうございました。

また、昨年度から引き続いてという方もいらっしゃいますが、新役員の皆様には本年度もたいへんお世話になります。どうかよろしくお願いします。

なお、PTA総会に引き続いて各学年ごとに、進路説明会、修学旅行説明会、二者面談等が行われました。保護者の皆様、そしてPTA役員の皆様、当日はどうもお疲れ様でした。(武部)

IMG_1981IMG_1995

IMG_1999
前年度のPTA会長より退任のご挨拶がありました

ありがとうございました

 

 

 

新PTA会長が就任にあたりご挨拶をされました

よろしくお願いします

 

 

 

 

新PTA会長より前PTA会長をはじめ前年度PTAの各役員に感謝状が贈呈されました

 

新入生を迎えて 

新入生のみなさん入学おめでとう。

新入生のみなさんは「一期一会」(いちごいちえ)という言葉を知っていますね。元々は茶道に由来する言葉ですが、茶会の席において「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡ってはこないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今できる最高のおもてなしをしましょう」という意味です。さらには「これからも何度でも会うことはあるだろうが、もしかしたら二度とは会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい」という戒めの意味にも使われます。

この言葉は、人との出会いの大切さや時間の大切さを教えてくれています。みなさんにも、高校三年間で出会う友だちや先生をはじめ、たくさんの人との出会いを大切にし、人生全体から見ればとても短いといえる高校三年間の間に「今しかできないこと」、「今こそやるべきこと」にしっかり取り組んでもらいたいと思います。

一期一会の覚悟を持って、楽しく充実した高校生活を送ってください。

下の写真は、平成27年度多可高校とタイ王国との国際交流で、本校の茶道部がタイ王国からのお客様を抹茶でおもてなしをしました。一期一会のひとときです。(武部)

DSC_0337

DSC_0339

 

多可高生、神戸市垂水区「いかなご祭り」で東日本大震災復興支援ボランティアを報告

3月4日(土)、神戸市垂水区のJR垂水駅レバンテ広場で開催された「いかなご祭り」に本校生徒が参加しました。今年で17回目を迎える「いかなご祭り」は、毎年いかなご漁解禁の時期に、いかなごのくぎ煮発祥の地、神戸市垂水区で行われるイベントです。当日は地元特産品のPRや販売も行われ、県内各市町に混じり多可町も毎年参加されています。多可高校からも8名の生徒が、多可町のオリジナルグッズの販売や多可町のゆるキャラ「たか坊」と「ふう子ちゃん」の着ぐるみ、戦隊「タカレンジャー」の衣装を着て、多可町のPRに一役買いました。

午後からは、ステージ発表の部で、本校が毎年行っている「東日本日本大震災復興支援ボランティア」の取り組みを、来場されている多くのみなさんに発表する機会を与えていただきました。井上君と細田さんの2名が、宮城県七ヶ浜町の仮設住宅や老人介護施設、児童福祉施設、保育園、幼稚園における本校生徒21名の活動を立派に発表してくれました。

「神戸の春は、いかなごとともにやってくる」と言われますが、まさに春の訪れを感じさせる晴天の下、神戸の地で地元多可町のPRに一役買えたことは、「ふるさとを愛する心」を育てる取り組みの一つとして、たいへん貴重な経験になったのではないでしょうか。(武部)

IMG_1713 (640x480)

多可町オリジナルグッズの販売を行いました

IMG_1721 (640x480)

会場の子供たちも「たか坊」、「ふう子ちゃん」、「タカレンジャー」と一緒に記念撮影(着ぐるみの中には多可高生が・・・)

IMG_1725 (640x480)

ステージ上で東日本大震災復興支援ボランティア報告の発表をしました

 

「第6回多可高フレンドシップコンサート」開催

1月16日(土)、多可町のベルディーホールにおいて、「第6回多可高フレンドシップコンサート」が開催されました。

多可高校は今年度で学校創立40周年の節目を迎えました。「地域に学び、地位に貢献し、地域を支える」をモットーに地域に根ざした学校として、地域の各中学校とも連携してスポーツ・文化両面にわたり様々な取り組みを行っています。

多可高フレンドシップコンサートは、多可町内の八千代中学校、加美中学校、中町中学校の3中学校の吹奏楽部と多可高校の吹奏楽部が力を合わせて一つの演奏会を作り上げることをとおして、お互いの交流を深め、演奏技術を高め合い、吹奏楽の楽しさを地域の皆さまと共有し、心身ともに健全な生徒を育成することを目的にしています。

1月6日(水)には多可高校において3中学及び多可高校とで合同練習会を行いました。コンサート当日は、中高生の若いエネルギーと情熱の込もった演奏が繰り広げられ、特に最後の中高吹奏楽部全員による合同演奏はたいへん迫力があり感動的で、中学生、高校生、保護者、地域住民など約200名の聴衆は、午後のひととき、吹奏楽のすばらしい演奏を満喫しました。

また、このコンサートでは、多可高校から生徒会、演劇部、美術部がいろいろな形で参加し、協力をして演奏会を支えてくれました。多可高フレンドシップコンサートが、今後ともますます発展し、ベルディーホールにおける新春恒例のコンサートとして定着し、地域の皆さまに愛されることを期待しています。(武部)

IMG_1861

1月6日に多可高校多目的ホールで行われた合同練習会

DSCF0636 (1024x764)

オープニングは多可高校演劇部による演劇が行われました

DSCF0684 (1024x764)

多可高校吹奏楽部です

IMG_1532

フィナーレは多可高校と3中学校吹奏楽部による合同演奏です

「多可高校東日本大震災復興支援ボランティア隊」の皆さん、お疲れ様!

本校では平成23年度より毎年、東日本復興支援ボランティアで宮城県宮城郡七ヶ浜町を訪問しています。今年で5年目を迎えました。今年も12月13日から16日までの3泊4日の日程で、1年生から3年生までの有志21名が「東日本大震災復興支援ボランティア隊」として七ヶ浜町を訪問しました。

多可高校が初めて行ったボランティアは、大震災からまだ1年もたっておらず、津波の傷跡も生々しく、沿岸部のがれきの撤去や家の中にたまった泥を取り除く作業など重労働の作業が中心でした。それから4年が経過し、今では七ヶ浜町でがれきの山や泥の撤去作業が必要な家を見かけることはなくなりましたが、現地でのボランティアに対するニーズは多様化・細分化しながらも依然として高いものがあります。

多可高校は、特色類型で「福祉ボランティア類型」を設置している学校として、また、「福祉のこころ」を育てる学校として、独自の復興支援ボランティア活動を展開しています。

生徒たちは、9月から11月にかけて、加西、加東、西脇、多可の商業施設やイベント会場などで東日本大震災復興支援ボランティアの募金活動を行いましたが、今回も募金に協力していただいた人たちの思いを代表して、東北でのボランティアに向かいました。また、多可町のゆるキャラ「たか坊」と「ふう子ちゃん」も一緒に行ってくれましたが、多可町の代表としてのボランティアでもあると生徒たちは感じていたようです。現地では、仮設住宅や特別養護老人ホーム、幼稚園や学童保育所などを訪問し、交流会や清掃活動など、生徒たちが学校での日頃の学びを実践する形で、和やかな中にも精一杯のボランティアを行いました。

生徒たちは、七ヶ浜町の人々と交流をする中で、東日本大震災の体験談なども聞かせていただくことができ、ボランティアだけでなく防災学習の貴重な機会となりました。期末テストが終わった後の過密なスケジュールの中でのボランティアではありましたが、16日の朝、夜行バスで学校まで帰ってきた生徒たちの顔には、疲れた中にもやりきった充実感と満足感が感じられました。

「多可高校東日本大震災復興支援ボランティア隊」の皆さん、本当にお疲れ様でした。(武部)

IMG_1500

12月13日早朝に行われた出発式(多可高校多目的ホール)

IMG_1504

まだ暗い中、バスに乗り込み、東北へ向かいました

多可高校創立40周年記念式典を終えて

11月7日(土)、本校体育館において、多数の来賓ご臨席のもと、保護者、生徒などを含め約500名が参加して、多可高校創立40周年記念式典が盛大に行われました。本校生徒による和太鼓演奏のオープニングに続いて始まった式典では、来賓の方々より創立当時からの歴史や多可高校に対する期待や励ましなど、暖かく心のこもったご祝辞をいただきました。その後、生徒会長の大隅湧登君が生徒を代表して喜びの言葉を力強く述べ、最後に生徒全員で校歌を斉唱し式典を終えました。

校歌というのはいいもので、例えば高校球児は試合終了後に勝利の校歌を高らかに歌うのが夢であり、卒業後も同窓会などで校歌を歌うと、同窓生としての連帯感が一瞬の内によみがえってきたりします。創立40周年という節目の年に、在校生・職員・卒業生・旧職員・PTAなど、これまで多可高校に関わってきたもの同士が、校歌を歌い、お互いの絆を確かめ合うことができたように思います。

式典に引き続いて記念公演が行われ、前半は多可町立中町北小学校播州歌舞伎クラブの皆さんによる播州歌舞伎、後半は本校卒業生である吉川昌山千氏による津軽三味線の演奏をそれぞれ披露していただきました。日本の伝統文化のすばらしさや次の世代に伝えていく大切さを感じる公演となりました。中町北小学校播州歌舞伎クラブのみなさん、そして吉川昌山千様、本当にありがとうございました。

この創立40周年記念式典では、生徒たちが本当によく頑張ってくれたと感じています。会場準備や後片付けはもちろんのこと、式典当日の来賓の受付や控え室・式場までの案内、オープニングの和太鼓演奏、式典及び公演の司会進行などすべて生徒がやってくれました。そして、生徒全員が大きな声で歌った校歌斉唱。生徒が前に出て、生徒が主人公の式典ができました。

同窓会、PTA、地域のみなさんにもたいへんお世話になりました。生徒、職員、PTA、同窓会、地域が一体となってつくりあげた記念式典であったように思います。「チーム多可」として新たな一歩を踏み出すことができた1日となりました。(武部)

IMG_8658

多可高校正門

IMG_8767

式典会場(本校体育館)

IMG_8843

多可町立中町北小学校播州歌舞伎クラブのみなさんによる播州歌舞伎

IMG_8893

本校OB吉川昌山千氏による竹山流津軽三味線

「多可高等学校教育フォーラム」を開催しました

10月20日(火)、本校において「多可高等学校教育フォーラム」を開催しました。多可町内の小学校・中学校の先生方にも案内し、「小・中学校で活用できる理科実験講座」と「小・中・高における英語教育」の2つテーマを中心にフォーラムを行いました。当日は、兵庫教育大学大学院の近藤暁子先生に助言者としてお越しいただきましたが、学校評議員、多可町教育委員会からも参加していただくなど充実したフォーラムとなりました。

化学・生物の実験講座、英語の研究授業およびその他の公開授業参観の後、当日の参加者と本校教員が参加して、研究授業の感想や日頃の授業実践の取り組みについて活発な意見交換が行われました。特に、高校教員以外の視点からのご意見は、本校教員にとって大きな刺激になりました。

意見交換会の後、近藤暁子先生より指導助言をしていただきました。近藤先生は、英語教育がご専門で、兵庫教育大学と兵庫県教育委員会が連携した「小・中・高等学校英語教育推進リーダー研修」の事業にも携わっておられますが、英語教育の最新情報を交えながら、小・中・高の異校種間の連携の必要性と指導力の向上についてお話ししていただきました。英語に限らずすべての教科について活用できる示唆に富んだお話を聞くことができました。

多可高校では地域に根ざした学校として、今後とも小・中・高の連携と教員の授業力向上を目指して「多可高等学校教育フォーラム」を充実させていきたいと考えています。当日参加していただきました皆様、本当にありがとうございました。(武部)

IMG_0451

 

東日本大震災復興支援ボランティア募金活動始まる

多可高校では、毎年12月に、東日本大震災復興支援ボランティア活動の取り組みとして、宮城県宮城郡七ヶ浜町を訪問しています。今年も12月13日(日)~16日(水)の4日間訪問する予定です。平成23年度より始まったこの取り組みは、今年で5回目を迎えます。今回は、有志生徒20人あまりが本校で学んでいる「福祉のこころ」の実践のために、現地の福祉施設でボランティア活動を行う予定にしています。

先日、有志生徒を中心に加西市と加東市の商業施設で東日本復興支援ボランティア募金活動を行いました。商業施設の入り口周辺で、朝の開店直後から夕方まで大きな声でボランティア募金への協力を呼びかけました。生徒たちの熱意が伝わったのか、たくさんの人に協力をしていただくことが出来ました。年配の婦人から「ご苦労様!」とねぎらいの言葉をいただいたり、子供連れの女性からは「私も多可高校の卒業生です。頑張ってくださいね!」と励ましていただくなど、多くの人たちの温かい心に触れながら、生徒たちは貴重な体験をすることが出来ました。今後、西脇市や多可町の商業施設・地域イベント会場などにおいても、募金活動を行う予定にしています。(武部)

IMG_1096
IMG_1117