カテゴリー別アーカイブ: 校長室

PTA総会挨拶      (平成30年5月12日)

本日は、ご多用の中、ご来校頂きありがとうございます。また、PTAの皆様には、様々なかたちで、本校の教育活動にお力添えをいただきありがとうございます。新学期が始まり、もう40日ほど経ったわけですが、学校は今、総合体育大会が始まり、運動部の大会が各会場で行われています。また、この17日からは中間考査が始まります。私も、4月にこの多可高校に着任したばかりでありながら、あっという間の40日を過ごしてまいりました。もう40日も経ったのかというところが実感です。時の流れの速さを実感する日々です。そんなスピードの早さを感じる時代の中、平成時代も残り1年を切りましたというニュースが流れていました。新元号は何だろうとか噂を立てています。しかし、元号を決めるのには、世間で予想されたものはすべて外さなければならないというルールがあって、テレビとかメディアで出てしまったものは、すべて却下するらしいです。中国の古典、四書五経の言葉から引用すると聞いたことがありますが、果たしてどうなるのでしょう。ただ、新元号となったときにも、生徒、先生とともに、元気で明るく迎えたいという思いです。こうした速さで時代が変わる中、教育も変わっていきます。新入試が2020年度の入試〈2021年度入試〉ですから、今年入学した1年生が、3年生になったときから始まります。また、新しく高校の学習指導要領が年次進行で変わるのが2022年度4月からです。今、高校は転換の時期に入っています。それらを迎えた多可高校でも、授業改善ということが課題となっており、主体的対話的な深い学び、いわゆるアクティブラーニングということがキーワードともなっています。20年経ったときに就職する70%の人が、今はない仕事に就くことになる、といわれている時代です。今ある仕事の70%は、AI〈Artificial Intelligence〉やコンピューターがしてしまう時代になるわけです。AIにはできない、人としてできることを仕事としていかなければなりません。学校ではそういう力をつけなければなりません。そのためにもこのたびの学習指導要領の改変があったわけです。学校というところで、生徒が力をつけて伸びていく中心となるのは、やはり授業、学校行事、部活動です。これらの場面で、生徒たちは成長していきます。今もこれからも生徒たちは一生懸命学校の中で授業に取り組み、学校行事に燃え、部活動をしていきます。そして高校生活からさらにステップアップしていきます。生徒たちにとっての高校生活でのゴールは進路実現をすることです。生徒の夢や希望を叶えて、進路先の自己実現をかなえること、教員は、そのサポートをするということです。でも生徒が成長するのは教員だけの力では不充分であることがわかっています。保護者の方、地域の方、一体になって教育活動は成り立っています。保護者の方との密な連携があっての学校です。ですからともに生徒の成長物語を作り上げるために、どうぞ今後とも、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。本日はよろしくお願いいたします。

始業式挨拶      (平成30年4月9日)

式では必ず校歌を歌います。校歌は誇りをもって、大きな声で歌ってください。校歌を大事にしてください。校訓は、「日々新」(ひびあらたに)です。「進取」、「自主」、「創造」、つまり、新たな気持ちで意欲的に取り組み、未来に向けて力強く生きる、これが学校の基本となります。そして、「福祉の心を育てる」ということです。「福祉の心」は3つの心のことです。「思いやりの心」「共生の心」「自発の心」ですが、福も祉も「しあわせ」「さいわい」という意味です。つまり、「しあわせの心」を育てるということです。皆さんにとって、「しあわせ」って何ですか。私は、「しあわせ」とは、「相手が喜ぶことをして、得られる気持ち」だと思ってます。学校は集団の場です。相手のことを思いやる場です。それぞれの相手の喜ぶ姿を考えて行動することができたとき、「福祉の心」が育ちます。どうぞ多可高校校訓の「日々新」の心で、「福祉の心」を育みながら、自分たちの夢や希望を実現していってください。多可高校全員で「ひとつ上の自分」「一つ上の集団」を目指していきましょう。年度のはじめですので、今まで何度も聞いてきたであろうことを、2,3年生には再確認をして、今年度、「一つ上の自分」になるために話しています。いよいよ新しい学年が始まります。2年生は学校全体の背骨、核とならなければなりません。3年生は自己実現、進路実現の年です。目標を定まっていますか。チャレンジする心を加えて、自らの夢と希望をつかんでください。みんなで、未来に向かって成長できる多可高校であることを願って、始業式の話とします。

平成30年度入学式式辞 (平成30年4月9日)

咲き誇る桜も今は、花びらを舞わせ、若葉への交代をうかがわせるこの季節に、兵庫県立多可高等学校の入学式を挙行することとなりました。この春の佳き日に、本校PTA副会長様を始めとし、ご来賓の皆様、並びに保護者の皆様方のご臨席を賜り、入学式を挙行できますことは、本校関係者一同、大きな喜びであります。先ほど入学許可をした新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。また、保護者の皆様におかれましては、お子様のご入学まことにおめでとうございます。

本校は1976年西脇北高校多可分校から独立し、地域の方々からの強い願いが叶って誕生した普通科の高等学校です。平成19年には3つの類型ができ、生徒たちには多様な選択が可能となりました。新入生の皆さんは、どうか自らの進路について、しっかりと考え、多様な選択の中で、その可能性にチャレンジしてほしいと思います。皆さんは、この多可高校という場に縁あって入学してきました。是非、この多可高校で花を咲かせてください。私たち教職員一同は皆さんを全力でサポートして参ります。

さて本校には「日々新」(ひびあらたに)という校訓があります。中国の古典、「大学」という書物の中に「苟(まこと)に日に新たに、日々新た また日に新たなれ」という言葉があります。それは、「今日の行いは昨日の行いよりも新しく、そして良くなり、明日の行いは今日の行いよりも新しく、良くなるように心がけなければならない」という意味です。「昨日より今日、今日より明日とわずかずつであっても、人間としての心や行動に成長がなければならない」ということですが、そのために必要なのが、「学び」ということです。単なる学校の勉強だけではなく、「遅刻をしない」「挨拶ができる」「人の話を素直にしっかり聞くことができる」「周りの人に対して思いやりがある」というような生活上の基礎基本がしっかりできるということでもあります。その校訓のもと、本校が目指す「福祉の心を育てる」という方針がありますが、それは3つの心を育てることです。その3つの心とは①思いやりの心 ②共生の心 ③自発の心です。①たった一つしかない命を大切にし、唯一無二の自らを認め、相手を認める思いやりの心、②地域社会を支える共生の心、③豊かな福祉社会を築く自発の心、この心を育てることで福祉の心を育てるのです。福祉とは、福も祉も「さいわい、しあわせ」という意味です。つまり「福祉の心」とは、「さいわい、しあわせの心」です。しあわせとは、相手を喜ばせることだと私は考えています。幸せを感じるのは、自分のしたことで相手がとても喜んでくれたことに対する気持ちではないでしょうか。そこに「思いやりの心」も「共生の心」も「自発の心」もあります。他者を喜ばせることに幸せを感じる自分を育てて、自らの夢と希望を叶える高校生活であることを願います。

不安や心配もあり、思い通りにならないこと、腹立たしいことも出てくるでしょう。しかし、そんなときに、例えば我慢ができたり、何とか解決しようと努力したりすることができたとき、それは成長です。成長とは、許すことができることが増えていくことともいわれています。これから皆さんはどんどんと成長していきます。多くの先輩や先生と同じ校舎で多くの時間を過ごすこととなります。学習や部活動、学校行事で力いっぱい、自分自身の能力を発揮してください。3年後にここにいるみんなが互いにかけがえのない友となっていることを期待しています。

最後になりましたが、保護者の皆様、本日はお子様のご入学おめでとうございます。多可高校の教職員一同、全力でお子様の教育に取り組み、進路実現に向けて精いっぱい努めてまいります。それゆえ、保護者の皆様のご支援ご理解を賜りますようどうぞよろしくお願いいたします。そして、生徒の皆さんはもちろんのこと、我々教職員も、そして保護者の皆さまもお元気で、喜びの中で3年後の卒業式を迎えることのできますことを祈念しまして式辞といたします。

 

平成30年4月9日  兵庫県立多可高等学校 校長 大矢 徹

学校長より

 

兵庫県立多可高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

本校は昭和51年の開校以来四書五経の「大学」に由来する「日々(ひび)新(あらたに)」を校訓とし、「福祉の心」を育み、自立して未来に挑戦する生徒を育てて参りました。そして、地域の期待を集め、地域の皆様とともに、優れた人材を輩出してきました。

平成19年には普通科に福祉ボランティア類型、総合カルチャー類型、情報ビジネス類型の3類型が設置され、生徒にはさらに多様な学びの選択が可能となりました。

本校は西脇市の北部に位置し、隣接する東山古墳があり、自然豊かな環境の中で、広大なグラウンドと立派な教育施設を有し、学びの環境が非常に充実しています。

勉強に、部活動、そして学校行事に力いっぱい取り組むことで、「日々新」の校訓の通り、さらなる高みをめざし、自らを次のステップへと成長させることのできる学校です。

このホームページを通じて、本校の教育活動にご理解を深めていただくとともに、さらなるご協力を賜りますようお願い申し上げます。

今後とも、多可高校にご支援をどうぞよろしくお願い申しあげます。

校長  大矢 徹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業生に贈る言葉

「不易流行」

私たちが今、暮らしている社会は少しずつ変化しています。ITの発達や人工知能の進化によって、その変化は今後ますます加速していくと言った方がよいかもしれません。オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授は、「今後、10年~20年程度で、約47%の仕事が機械化される可能性が高い」と述べています。今は、人間が行っている仕事も近い将来、機械にとってかわられることになるのかもしれません。また、ニューヨーク市立大学のキャシー・デビットソン教授は「今の子供達の65%は、大学を卒業する時に、今は存在していない職業に就く」と予想しています。

このような変化の激しい時代を迎えるにあたり、これからの若者はどうすればよいのでしょうか。一つ言えることは、現時点において、有効で必要な知識や技術を身につけることもとても大切ですが、それと同時に、将来、世の中の変化に応じて、その都度その都度必要となるものを習得することができる力、自分自身が変化できる力、変化に対応できる柔軟な心などがこれからは必要になってくるということを、覚えておいて欲しいと思います。

進化論で有名なチャールズ・ダーウィンは地球上の生命の進化について、「最も強いものが生き残ったのではない。最も賢いものが生き残ったのでもない。最後に生き残るのは、変化することができるものである」と述べています。たいへん示唆に富んだ言葉だと思います。

しかし、一方で時代の流れや流行の変化に惑わされることなくいつまでも大切に守り続けなければならないものもあります。家族や友達を大切にする心、人権を尊重する心、他人に対する思いやり、自分が生まれ育ったふるさとの自然や文化を愛する心などは、時代の変化に関係なく揺らいではならないものでしょう。

『不易流行』という言葉があります。「不易」とはいつまでも変わらないこと、「流行」とは時代時代に応じて変化することです。つまり『不易流行』とは、「いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものを取り入れていくこと。」という意味です。時代の流れに応じて柔軟に変化していくことが求められるこれからの社会においても、時代に流されずに変えてはならない大切なものがある、変えなければならないものと変えてはならないものがある、そんな大切なことを教えてくれるこの『不易流行』という言葉を卒業生の皆さんに贈りたいと思います。

兵庫県立多可高等学校 第41回卒業証書授与式 学校長式辞より(抜粋)

平成28年度PTA総会が開催されました

5月7日(土)、平成28年度PTA総会が開催されました。1~2校時の公開授業の後、午前10時より本校の多目的ホールにおいてPTA総会が行われました。総会では、前年度PTA会長より退任のご挨拶のあと、新PTA会長が就任のご挨拶を述べられました。その後、新PTA会長より前年度PTA役員の皆様に対して感謝状が贈られました。

昨年度は、文化祭(妙見祭)のバザーや体育大会の綱引き出場、マラソン大会の豚汁作りや夏休みの奉仕作業、就職希望者の面接練習など例年行っていただいている取り組みに加えて、創立40周年記念式典という大きな行事もあり、旧役員の皆様にはたいへんお世話になりました。どうもありがとうございました。

また、昨年度から引き続いてという方もいらっしゃいますが、新役員の皆様には本年度もたいへんお世話になります。どうかよろしくお願いします。

なお、PTA総会に引き続いて各学年ごとに、進路説明会、修学旅行説明会、二者面談等が行われました。保護者の皆様、そしてPTA役員の皆様、当日はどうもお疲れ様でした。(武部)

IMG_1981IMG_1995

IMG_1999
前年度のPTA会長より退任のご挨拶がありました

ありがとうございました

 

 

 

新PTA会長が就任にあたりご挨拶をされました

よろしくお願いします

 

 

 

 

新PTA会長より前PTA会長をはじめ前年度PTAの各役員に感謝状が贈呈されました

 

新入生を迎えて 

新入生のみなさん入学おめでとう。

新入生のみなさんは「一期一会」(いちごいちえ)という言葉を知っていますね。元々は茶道に由来する言葉ですが、茶会の席において「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡ってはこないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今できる最高のおもてなしをしましょう」という意味です。さらには「これからも何度でも会うことはあるだろうが、もしかしたら二度とは会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい」という戒めの意味にも使われます。

この言葉は、人との出会いの大切さや時間の大切さを教えてくれています。みなさんにも、高校三年間で出会う友だちや先生をはじめ、たくさんの人との出会いを大切にし、人生全体から見ればとても短いといえる高校三年間の間に「今しかできないこと」、「今こそやるべきこと」にしっかり取り組んでもらいたいと思います。

一期一会の覚悟を持って、楽しく充実した高校生活を送ってください。

下の写真は、平成27年度多可高校とタイ王国との国際交流で、本校の茶道部がタイ王国からのお客様を抹茶でおもてなしをしました。一期一会のひとときです。(武部)

DSC_0337

DSC_0339

 

多可高生、神戸市垂水区「いかなご祭り」で東日本大震災復興支援ボランティアを報告

3月4日(土)、神戸市垂水区のJR垂水駅レバンテ広場で開催された「いかなご祭り」に本校生徒が参加しました。今年で17回目を迎える「いかなご祭り」は、毎年いかなご漁解禁の時期に、いかなごのくぎ煮発祥の地、神戸市垂水区で行われるイベントです。当日は地元特産品のPRや販売も行われ、県内各市町に混じり多可町も毎年参加されています。多可高校からも8名の生徒が、多可町のオリジナルグッズの販売や多可町のゆるキャラ「たか坊」と「ふう子ちゃん」の着ぐるみ、戦隊「タカレンジャー」の衣装を着て、多可町のPRに一役買いました。

午後からは、ステージ発表の部で、本校が毎年行っている「東日本日本大震災復興支援ボランティア」の取り組みを、来場されている多くのみなさんに発表する機会を与えていただきました。井上君と細田さんの2名が、宮城県七ヶ浜町の仮設住宅や老人介護施設、児童福祉施設、保育園、幼稚園における本校生徒21名の活動を立派に発表してくれました。

「神戸の春は、いかなごとともにやってくる」と言われますが、まさに春の訪れを感じさせる晴天の下、神戸の地で地元多可町のPRに一役買えたことは、「ふるさとを愛する心」を育てる取り組みの一つとして、たいへん貴重な経験になったのではないでしょうか。(武部)

IMG_1713 (640x480)

多可町オリジナルグッズの販売を行いました

IMG_1721 (640x480)

会場の子供たちも「たか坊」、「ふう子ちゃん」、「タカレンジャー」と一緒に記念撮影(着ぐるみの中には多可高生が・・・)

IMG_1725 (640x480)

ステージ上で東日本大震災復興支援ボランティア報告の発表をしました

 

「第6回多可高フレンドシップコンサート」開催

1月16日(土)、多可町のベルディーホールにおいて、「第6回多可高フレンドシップコンサート」が開催されました。

多可高校は今年度で学校創立40周年の節目を迎えました。「地域に学び、地位に貢献し、地域を支える」をモットーに地域に根ざした学校として、地域の各中学校とも連携してスポーツ・文化両面にわたり様々な取り組みを行っています。

多可高フレンドシップコンサートは、多可町内の八千代中学校、加美中学校、中町中学校の3中学校の吹奏楽部と多可高校の吹奏楽部が力を合わせて一つの演奏会を作り上げることをとおして、お互いの交流を深め、演奏技術を高め合い、吹奏楽の楽しさを地域の皆さまと共有し、心身ともに健全な生徒を育成することを目的にしています。

1月6日(水)には多可高校において3中学及び多可高校とで合同練習会を行いました。コンサート当日は、中高生の若いエネルギーと情熱の込もった演奏が繰り広げられ、特に最後の中高吹奏楽部全員による合同演奏はたいへん迫力があり感動的で、中学生、高校生、保護者、地域住民など約200名の聴衆は、午後のひととき、吹奏楽のすばらしい演奏を満喫しました。

また、このコンサートでは、多可高校から生徒会、演劇部、美術部がいろいろな形で参加し、協力をして演奏会を支えてくれました。多可高フレンドシップコンサートが、今後ともますます発展し、ベルディーホールにおける新春恒例のコンサートとして定着し、地域の皆さまに愛されることを期待しています。(武部)

IMG_1861

1月6日に多可高校多目的ホールで行われた合同練習会

DSCF0636 (1024x764)

オープニングは多可高校演劇部による演劇が行われました

DSCF0684 (1024x764)

多可高校吹奏楽部です

IMG_1532

フィナーレは多可高校と3中学校吹奏楽部による合同演奏です