カテゴリー別アーカイブ: 校長室

ようこそ校長室へ(10月20日)

令和3年10月20日(水)

多可高校 校長室へようこそ

令和3年度 自転車安全講習

 4日間の中間考査がようやく終了し、3限の時間帯を利用して「自転車安全講習」を実施しました。講師は、西脇警察署交通課 警部補 西川健 様、西脇多可交通安全協会 事務局長 松場敏夫 様です。全校生は体育館に集合し、自転車安全利用のための規則について講習を受けました。最後に、生徒会長の山口陽大さんがお礼の言葉と安全運転への決意を述べ、約1時間の講習を終えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

本校では約半数の生徒が自転車を利用して通学しており、中には遠方からの通学のために1時間以上を要する生徒もいます。本日の講習内容を生かして安全運転への意識を高め、交通事故の未然防止に繋げていきたいと考えます。

引き続き本校教育へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

~多可高等学校は、「福祉のこころ」を育み、地域の未来を拓く学校です~

ようこそ校長室へ(10月11日)

令和3年10月11日(月)

多可高校 校長室へようこそ

「多可草子」

 

今日は、本校生徒が綴った「多可草子」をご紹介します。この作品は、多くの生徒による連作で、先日の全校集会で吉田教頭先生の朗読により披露されました。どうぞ、本校生徒が多可町へ寄せる素直で温かい思いを感じていただければと願います。

引き続き、本校教育へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

『多可草子』(令和版『枕草子』)

 

春はうららか。冬の重ね着軽くしたいが、まだ寒い。裏腹に草木は色づく。春風に揺られ、進む桜並木。杉原川と桜との二人三脚は心和らぎ、ほのぼのと。水面を覆い尽くすは、桜の絨毯。桜並木と甲乙つけがたい。

 

梅雨はグレー。窓を開けると雨音が響き、傘と共に登校。傘に水滴がポツポツ、空から地面に着地し、大きな水溜りができる。顔をしかめて避ける。室内は蒸し暑い。プリントもしょんぼり。ふと外を見遣ると、妙見山に虹が架かる。グレーが白に近づく。

 

夏はコントラスト。夕日が濃く、雲は荒々しい。暑さはどこへ。季節を疑う。散歩も捗る。風があるとなお良い。響き合う挨拶に広がる和。沁みる田舎の良さ。

 

秋はしっとり。田んぼは黄金に、木々は深紅に。冷ややかな風が金木犀を運ぶ。せわしない日々の束の間の休息。車輪の回転速度が落ちる。秋に寄り道する。

 

冬は問題児。朝は布団から出られない。水を出すのにひと苦労。電気代、ガス代が馬鹿にならない。ひび割れでハンドクリームが欠かせない。しかし、嫌いになれない。愛しい季節。

 

多可は自然。春夏秋冬、様々な顔を見せる山々。季節を心地よく感じられる。決して都会にはない。「ただいま。」と言いたくなる、私の大切なふるさと。

 

 ~多可高等学校は、「福祉のこころ」を育み、地域の未来を拓く学校です~

ようこそ校長室へ(10月7日)

令和3年10月7日(木)

多可高校 校長室へようこそ

「中間考査1週間前」

 

本校では10月15日(金)から20日(水)までの期間、中間考査を実施します。明日8日(金)は考査開始1週間前にあたり、考査時間割や出題範囲が発表される予定です。

職員室前のNew学習スペースでは、新調された真っ白な長テーブルと濃紺の丸椅子を利用して、多くの生徒が課題作成等に取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 中間考査期間中の19日(火)には、今年度第1回学校評議員会が予定されています。学校評議員は、学校の教育活動について、地域や保護者の皆さまから幅広く意見をいただき、地域社会からの支援・協力を得て、開かれた学校づくりを推進するため、多可高校に置かれています。本校では、年間3回の学校評議員会を予定しています。

 

引き続き、本校教育へのご理解と協力をよろしくお願いいたします。

 

~多可高等学校は、「福祉のこころ」を育み、地域の未来を拓く学校です~

ようこそ校長室へ(10月1日)

令和3年10月1日(金)

多可高校 校長室へようこそ

「全校集会より」

 

10月になりました。本日7限に行われた全校集会は、感染症対策のため放送による集会となりました。校長講話の中では、2つの生徒作品を紹介しました。

1作品目は、「多可草子」です。この作品は、夏休みの課題として国語科から課されたエッセイを、「多可高校発 令和版枕草子」としてまとめたものです。

2作品目は、「私へ、そして私から」で、こちらは、1学年の女子生徒が自らの体験を綴ったものです。本日の作品朗読は、実は国語の先生である吉田教頭先生が担当しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの作品は、多可町内で配布される文芸誌「たかの風」第16号に掲載される予定です。多可高校生の思いを、多くの方々に届けることができればと願います。

 

2つの作品を紹介した後、これからも「日々新たに」「福祉のこころを育む学校」として、一日一日を大切に過ごしていくことを願いながら、集会での話を終えました。

 

引き続き、本校教育へのご理解と協力をよろしくお願いいたします。

 

 

~多可高等学校は、「福祉のこころ」を育み、地域の未来を拓く学校です~

ようこそ校長室へ(9月28日)

令和3年9月28日(火)

多可高校 校長室へようこそ

「兵庫教育大学との連携事業」

 

本校は、兵庫教育大学大学院専門職学位課程(教職大学院)の連携協力校として、平成22年に協定を締結し、実習生を受け入れてきました。

今年度も、理数系教科マネジメントコースに在籍する 三浦峰士 先生が、9月6日(月)からの4週間、本校で実習を行っています。期間中は、数学科の野中先生と高橋先生が指導教官となり、三浦先生はアシストティーチャーとして実習に臨んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

連携協力校としての今年度の実習は10月1日で終了しますが、次年度も本校にて6週間の実習を予定しており、三浦先生とともに、数学の授業での探究活動をさらに深めていきます。

引き続き、本校教育へのご理解と協力をよろしくお願いいたします。

 

~多可高等学校は、「福祉のこころ」を育み、地域の未来を拓く学校です~

ようこそ校長室へ(9月10日)

令和3年9月10日(金)

多可高校 校長室へようこそ

2学期が始まりました。今学期は、「学校に感染症を持ち込まない、学校内で感染拡大させない」ために、1学期以上に感染症対策をしっかり実施して、安全・安心な教育活動を展開してまいります。引き続き、本校へのご理解と協力をよろしくお願いいたします。

さて、本校は、新聞を生きた教材として活用する「NIE(教育に新聞を)」の2021年度実践校に指定されました。そのため9月1日より、毎朝、3社から新聞が本校へ届けられ、生徒は、職員室前廊下に配置された閲覧スペースで、自由に記事を読むことができるようになりました。活字による情報に触れることで、社会を意識した学びを深めることができます。今後は、授業やHRでも新聞を効果的に活用して、さらにNIE実践を推進していく計画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

~多可高等学校は、「福祉のこころ」を育み、地域の未来を拓く学校です~

7月27日

令和3年7月27日(火)

多可高校 校長室へようこそ

 

本日、令和3年度夏季オープンハイスクールを実施しました。

中学生のみなさん、保護者のみなさま、引率の先生方、暑い中、多数ご参加いただき心よりお礼申し上げます。

 

今日は、体育館での学校紹介、授業教室までの誘導などを生徒会役員が主体的に行い、本校の特色や魅力を情報発信しました。本校生の活躍の様子は、後ほどHPブログでご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き続き、本校へのご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

~多可高等学校は、「福祉のこころ」を育み、地域の未来を拓く学校です~

令和3年6月1日(火)

多可高校 校長室へようこそ

水無月に入りました。梅雨空を背景に、校長室の窓辺の紫陽花は鮮やかさを増しています。

今月も感染予防対策を継続させており、昨日7限に行われた全校集会は、体育館での密集を避けるため、放送による集会となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、生徒会役員が、今月11日開催予定の文化祭「妙見祭」について、校長室へ相談にやってきました。「妙見祭」の由来となる妙見山は、本校校舎の北側に位置する美しい山で、いつも私たちを頼もしく見守ってくれています。いよいよ今週は、生徒が主体となって妙見祭準備を進めていきます。

<<ここに画像をしばらく掲載していましたが、個人情報保護の観点から削除しました>>

 

地域の皆さまも、引き続き本校教育活動への応援をよろしくお願いいたします。

  ~多可高等学校は、「福祉のこころ」を育み、地域の未来を拓く学校です~