【校長室より】総合校外学習について


長雨が続いています。昨日は兵庫県内でも警報が発令され学校は臨時休業となりました。翌日は2年次生が10グループに分かれ、それぞれ訪問先に現地集合し、フィールドワークを体験する総合校外学習です。そのための最終の事前学習「総合的な探究の時間」が臨時休業のために流れてしまいました。

翌日の校外学習を実施するかどうか、先生たちはまず訪問先で危険な場所がないかどうか情報を集め検討をしました。結局、警報が出なければ実施することとなりました。

そして今朝。雨は降っていましたが幸いにも警報は発令されず、予定どおり生徒たちは個々に現地に向けて出発。でも昨日、最終の打ち合わせができなかったことが気がかりでした。特に宇治方面グループは慣れない朝の通勤ラッシュの中、阪神や阪急電車からJR大阪駅にスムーズにたどり着けるだろうか。着いたとしても乗り場が11番線もある大阪駅、乗るべき電車に乗れるだろうか。乗り換えのJR京都駅はもっと多く19も乗り場があります。普段、電車に乗り慣れない皆さんにとって道のりは遠いに違いない。迷ってたどり着けない人もいるのでは…と心配していました。

ところが、10時過ぎ、すべてのグループから全員無事に集合したと連絡が入りました。心配は校長の取り越し苦労に過ぎず、生徒の皆さんは見事に自分のなすべきことをやり遂げました。悪天候の中でしたが、2年次生にとっては有意義な1日になったことと思います。

(校長 梶 美由紀)

コメントは受け付けていません。