講話・講演会

2019 第1回「学校の先生になろう」講座

 「学校の先生になろう講座」を開催しました。将来、学校の先生をめざす生徒を対象とした講座で、今回は生徒20名、保護者1名の計21名が参加しました。講師は、香美町立香住小学校教諭 岸田 真紘 さんで、本年度新採用の先生です。小学校の先生の一日の仕事内容や先生の魅力等語っていただきました。生徒は、自分がリスペクトする先生をイメージして発表する等たいへん有意義時間となりました。
 



2019 薬物乱用防止教室

 兵庫県立特別支援教育センターの赤井育代先生を講師にお招きして、薬物乱用防止についての講演をしていただきました。
薬物の危険性は、身近なところにもあることや、スキを見せない断り方を学びました。
 断り方のシミュレーションでは、言葉巧みに誘ってくる誘い役の先生方に、生徒ががんばって断っていました。他の生徒も断る勇気を出す大切さを感じた時間になりました。
 



第2回「学校の先生になろう」講座

 本日12月17日、本年度2回目の「学校の先生になろう」講座を開催しました。
将来、学校の先生になろうと考えている生徒を対象に開講している講座で、今回は本校卒業生で高校教諭の先生に話をしていただきました。
 



進路講演会(3年生)

 7月19日2、3時間目に大学、専門学校、就職希望者の3つに分かれて、これからどんな心構えで過ごせばよいのかアドバイスをいただきました。大学ジャーナリストの山内太地さんからは、これからの時代は、芸人力・能動的に学ぶ姿勢・マルチな能力がより大切になるという話を聞きました。自分で工夫し、自分で調べ、自分で動くことの大切さを本日の講演でも実演してみせてくださり、残り30分は生徒たちから次々に質問の手が挙がっていました。



薬物乱用防止教室

 精神保健福祉士の梅田靖規氏を講師にお招きして、全校生徒対象に薬物乱用防止の講演会を行いました。
 薬物の危険性をはじめ、薬物乱用の問題は自分たちの身近なところで起こっているということや断る勇気を改めて学ぶ機会となりました。 



平成30年度 キャリア教育座談会

 昨年12月のキャリア教育座談会「夢授業」のアンケートで生徒たちから出ていた質問に答えたいと、篠山市の職業人の方々7人(一般社団法人BEETさん)が講演に来てくださいました。生徒からは「今、していることは絶対、将来役に立つ」「社会に出たら絶対に自分が生きる価値ができる」「人の評価を気にしている内は自分の芯がしっかりしていない」「今、当たり前に生きていることが幸せだと言うこと」…など、話が聞けてよかった、という感想がたくさん寄せられました。
 



「人権教育講演会」

 6月27日(水)6限、本校体育館にて「人権教育講演会」をPTA共催にて行いました。臨床心理士・スクールカウンセラーの中村氏にお越しいただき、「〇〇〇になりたかった高校生が カウンセラーになって20年経ちましたが 何か?」という演題で、お話をしていただきました。
 ロールプレイングやゲームのようなワークなどを取り入れてお話してくださり、生徒たちは身近なこととつなげて実感としてとらえられた様子でした。
 



情報モラル教育講演会

 
 本日、1限目に情報モラル教育講演会が行われました。「ソーシャルサイトのリスク~将来に不安を残さないために~」という題目で講師の方を招いて講演していただきました。安易な投稿によっていかに自分の身に危険が迫るのか、またそうならない為の対処法などを話していただきました。生徒は身近な話としてとても真剣に耳を傾けていました。