カテゴリー別アーカイブ: 46回生

献血セミナー

3月5日(金)本校体育館において、献血セミナーを行いました。兵庫県赤十字血液センターの方を講師としてお招きし、血液に関する話やリンパ性白血病にかかった芸能人の方の話しなどを聴きました。献血は16歳からできることや直接人の命を救う手助けになるということなどを教えていただきましたので、機会があればどんどん献血に参加してもらえればと思います。

タイ王国とのオンライン交流

3月4日(木)放課後、本校第1情報教室において、タイ王国とのオンライン交流を行いました。日本側は本校生徒3名と県立北条高校生徒2名、タイ王国側はバンジャマラチャライ学校・ヨティンブラナ学校・ラートプラカオピッタヤッコム学校・デブシリンロムクラオ学校の生徒6名および2019年度OBEC留学生5名が参加しました。

最初に本校大矢徹校長から挨拶を行い、その後各高校や生徒自身の紹介を行いました。最初に音声トラブルがありましたが、無事に紹介を終え、第2部ではフリートークも行うことができました。本校生徒は苦心しながらも英語での交流ができました。来年度も相互訪問が行えないかもしれませんが、このような交流が続けられたらと思います。関係者の皆さま、お世話になりありがとうございました。今後とも末永く交流が続けられますよう、よろしくお願いいたします。

看護医療ガイダンス

3月3日(水)13:50から、看護医療ガイダンスを実施しました。生徒の希望に応じて、①看護(四年制大学)、②看護(専門学校)、③理学療法、④作業療法、⑤柔道整復、⑥介護福祉、⑦社会福祉、⑧歯科衛生、⑨言語聴覚、の中から最大2カ所の話を聴くことができました。会場によってはマンツーマンでの説明会になりましたが、その分じっくりと話を聴くことができたと思いますので、進路決定の参考にしてください。関係者の皆さま、丁寧に対応していただきありがとうございました。

高校生心のサポート講演会

2月3日(水)本校多目的ホールにおいて、高校生心のサポートシステム実践・研究に係る講演会を行いました。5限は1学年、6限は2学年を対象に、「感情のセルフマネージメント法を知ろう ーコロナ禍で高まる不安との付き合い方ー」という演題で、本校のスクールカウンセラーを務めていただいています、兵庫教育大学大学院学校教育研究科臨床心理学コースの 伊藤 大輔 准教授に講師をお願いして実施しました。『不安の正体とは』や『不安や心配を抱くことは、当たり前のこと』などについて話していただき、『不安』についてのチェックシートで各自の状態を認識させた上でその解消方法などについて話していただきました。これからの生活の中で役立ててもらいたいと思います。

  

受験体験談

2月1日(月)5限本校多目的ホールにおいて、2学年生徒73名に向けて、進路が決まった3学年の生徒7名に受験体験談を語っていただきました。3名が四年制大学、1名が短期大学、1名が看護専門学校、2名が就職に、それぞれ進学や就職をすでに決定しています。7名の3学年生徒は、受験の際に自身が苦労したことや合格するために必要なことを、後輩に語ってくれました。2学年の生徒たちも、必要なことをメモして、将来に役立てようと熱心に聴いていました。いよいよ、2学年の生徒たちも進路決定に向けて動き出す時期になってきました。それぞれの希望の進路に向かって頑張ってください。貴重な時間を使って話をしてくれた3学年の生徒のみなさん、ありがとうございました。

2学年ちいきふれあいプロジェクト実施

1月29日(金)午後、2学年のちいきふれあいプロジェクトを行いました。今年は新型コロナ対策のため施設訪問を見送り、学校周辺を中心とした清掃活動のみを行うことになりました。2学年の生徒73名は、①中町北小学校・旧鍛冶屋駅方面、②古墳群~牧野・田野口方面、③東山・安楽田公民館方面、④金比羅神社・ふるさと寮方面の4方面に分かれてゴミ拾いなどの清掃活動を実施しました。風が冷たい中での清掃でしたが、みんなが頑張ってたくさんのゴミを拾うことができました。

読書の時間

本校では、少しでも活字離れを防ぐために、毎学期末に『読書の時間』を設定して読書活動に取り組んでいます。今学期は、12月21日(月)1限と22日(火)1限に、各自が好きな本(学校が用意したものでも持参したものでも何でもよい)を、読書する予定です。読書に集中できる環境をつくるため、人数が多いクラスは半分ずつに分かれて行い、監督の先生も静かに読書をすることになっています。また、本校の校長室前には、校長先生の私物の本がたくさん陳列されており、本に興味をもってもらえるよう工夫されています。読書活動を通じて、新しい世界が広がればいいですね。

性教育講演会

今年度の性教育講演会は、新型コロナウィルス感染防止のため、DVDでの講演を学年単位(1学年12月18日、2学年17日、3学年22日)で視聴する形を取って行っています。

マナ助産院(神戸市北区ひよどり台2-30-6)の永原 郁子 院長先生に講師をお願いし、生徒自身やパートナーが、将来辛い思いをしないためにどのように生活を送ればよいかという話をしていただきました。今後の生活の参考になったでしょうか。一度、じっくり考えてみてください。

職業人講話を実施

12月18日(金)3・4限本校多目的ホールにおいて、第2学年を対象に、多可町商工会から講師の方を派遣していただいて職業人講話を実施しました。

山口工務店(加美区清水)の山口 直正 様、株式会社新興商運の田正司 知祐 様、office はーとぼいすの藤本 志津恵 様の3名の講師の先生方から、職業人としての心構えや高校生として必要なことなどについて語っていただきました。

2年生も、いよいよ来年の夏には就職活動が始まりますので、気を引き締めて高校生活を送ってください。

球技大会を行いました

12月14日(月)、男子はグラウンドで6人制のミニサッカー、女子は体育館でバドミントンを行いました。先週までの暖かさと打って変わり、寒空の下での球技大会となりましたが、生徒たちの熱気に包まれた球技大会になりました。

結果は、男子サッカー優勝1年1組Aチーム、準優勝2年1組Aチーム、3位3年2組Bチーム、

女子バドミントン優勝3年1組Cチーム、準優勝2年2組Cチーム、3位3年3組Bチームでした。

生徒の皆さん、お疲れさまでした。