総合理数コース夏季校外研修 その2

8月18日(火)理化学研究所 放射光科学研究センターと兵庫県立大学 天文科学センター 西はりま天文台に、総合理数コース1、2年生希望者45名で行ってきました。

午前中は、理化学研究所 放射光科学研究センターにて、大型放射光施設SPring-8とX線自由電子レーザー施設SACLAの見学ツアーを行っていただきました。SPring-8は、太陽の100億倍もの明るさに達する「放射光」という光を使って、物質の原子・分子レベルでの形や機能を調べる事ができる研究施設です。SACLAは、SPring-8の光の、更に10億倍という非常に明るい「X線自由電子レーザー」を発生させて、それを使って物質の極めて速い動きや変化の仕組みを原子レベルで解明する世界最高性能の研究施設です。見えないものを見える化する放射光の技術について、わかりやすく教えていただきました。シューズカバーをつけ、絶対に設備には触れてはいけないという緊張感の中、巨大な放射光施設の見学をさせていただき、貴重な体験となりました。

午後は、兵庫県立大学 天文科学センター 西はりま天文台に移動し、戸塚研究員から「銀河の姿 見えるものと見えないもの」について講義をしていただきました。まるで宇宙旅行をしているかのような壮大なスケールの講義でした。太陽も銀河の中の一つの星で、私たちは天の川銀河の端で生きているということを実感しました。講義の後は、なゆた望遠鏡を見学させていただきました。日本最大級の望遠鏡は、圧巻の迫力でした。

総合理数コース夏季校外研修

8月4日(火)
人と自然の博物館に総合理数コース1、2年生希望者計31名で行ってきました。
9:45 博物館前に現地集合。感染症対策でしっかりマスクを着け、サーモグラフィで検温、手指消毒してからの入館です。
午前中は座学で博物館の意義や研究者としての生き方について研究員からお話を伺うことができました、その後、館内の一般展示を見学して、午後からは班に分かれて収蔵庫を見学しました。通常では目にできない膨大な量の貴重な収蔵品を見ることができました。解散後はさらに研究員の方に質問する積極的な生徒の姿も見られました。











サイエンスダイアログプログラムによる特別授業

7月29日(水)3時間目に、3年生の総合理数コース全員対象に行われました。

大阪市立大学 Dr. Hani Mohammed Abdullah ALSHAREEF (Mr)を講師にお迎えし、「口腔がん」をテーマに特別授業が行われました。

母国のイエメンの様子や、専門分野である口腔がんについて英語で講義が行われました。歯科医師でもあり、研究者でもあるHani先生からは、がんのでき方や様子などを詳しく教えていただくことができました。

兵庫県臓器移植コーディネーターによる特別授業

7月28日(火)4時間目に、2年生の総合理数コース全員対象に行われました。

兵庫県臓器移植コーディネーターで急性重症患者看護専門看護師の杉江英理子氏を講師にお迎えし、「いのちを考える~移植医療を通して~」というテーマで特別授業が行われました。

世界の臓器提供者数や、臓器移植の歴史など、臓器移植に関する知識と共に、当事者やその家族のメッセージを受けて、いのちについて改めて考える時間になりました。

三菱電機出前授業

7月27日(月)3、4時間目に1年生の総合理数コース全員対象に行われました。

三菱電機人材開発センター情報教室北村教室長を講師にお迎えし、「プログラミングを楽しく学ぼう」というテーマで講義をしていただきました。

1人1台のPCを用い、アルゴリズム体験ゲームを通して、プログラミングをわかりやすく教えていただきました。

総合理数コース 夏季研修の発表

総合理数コースが参加した、夏季研修の発表がありました。

発表者は総合理数コースの2年生2名・1年生2名で、以下のような内容を発表しました。

1.京都研修 7月30日

①人間文化研究機構 総合地球環境学研究所

地球科学をさまざまな側面から研究している場所。

地球規模の環境問題だが、個人の力が大きいことを改めて感じた。

②京都大学(吉田キャンパス)

広さに驚いた。学食で食べることができて楽しかった。研究室では、普段見られない器具があり、面白かった。

農学部の教授からの話は難しかったが、授業で習った言葉も出てきたので、興味が湧いた。

2.種子島宇宙センター 8月20日~21日

種子島までは、飛行機・バス・連絡船を使って、約4時間かけて向かった。

マングローブや星空の観察などを行った。

宇宙センターでは、大型ロケットの発射台や、本物のロケットを見て、その大きさに感動した。

次の発射は9月11日の予定なので、皆さんも興味を持って見て欲しい。

大日本住友製薬株式会社 道徳教育プログラム

7月11日(木)4時間目に2年生の総合理数コース全員対象に行われました。

講師には、大日本住友製薬株式会社 村田剛氏・栗原栄子氏に来ていただき、「科学技術と人の幸せ」という内容で講義をしていただきました。

生命科学の基礎知識として遺伝子の意味などについて確認したあと、遺伝子診断を受けるか受けないかについて、グループワークを行いました。

積極的な意見を交わす良い機会となり、話し合った内容を代表者が発表しました。

 

三菱電機出前授業

7月9日(火)3・4時間目に、1年生の総合理数コース全員対象に行われました。

講師には三菱電機人材開発センター情報教室の前川主幹講師に来ていただき、「プログラミングを楽しく学ぼう」という内容で講義をしていただきました。

難しいプログラミングの話を、身近な例を挙げながら話をしていただいたので、分かりやすかったようです。

また、情報室で一人一台のパソコンを用いて、ゲーム感覚でプログラミングを楽しく学習できました。

サイエンスダイアログ

7月8日(月)期末考査後に、3年生の総合理数コース全員対象に行われました。

講師には京都大学 生存圏研究所 Dr.Sung-Wook HWANG(Mr.)先生に来ていただき、「コンピュータビジョンによる木材解剖学の深化」という内容で、英語による講義をしていただきました。

生徒は、事前に配布された学習プリントに取り組み、英語の意味などを学習してからこの授業を受けました。

授業後は何人もの生徒が英語で質問をし、それに丁寧に答えていただきました。

JAXA特別講演会

 今年で6回目となるJAXA特別講演会が行われ、1・2年生全員が参加しました。
 演題は「はやぶさ2と国際宇宙ステーション」、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から講師の先生にお越しいただき、
宇宙での動画も混じえながら、約1時間の講演をしていただきました。「はやぶさ2」の役割や活躍する様子、「国際宇宙ステーション」での宇宙飛行士の生活の様子や宇宙食など、興味ある話をしていただき、生徒も熱心に聴いていました。
 最後の質問タイムには、数名の生徒が積極的に質問し、最後に2年生の代表生徒から御礼の挨拶をしました。宇宙の最先端の話を聴くことができたと同時に、宇宙飛行士の方の生き方からも大切なことを学ぶことができました。