ASEP 2019 in Taiwan 参加

12/25~12/29にInternational English Communication部員を中心に本校生6名が台湾高雄市で開催されたASEPに参加しました。ASEPとはアジア諸国の学生との交流プログラムで、台湾の学校とペアを組み協働でプレゼンテーションを作って英語で発表します。今回は7か国の中学生から大学生まで約1000人が参加していました。

今回のペア校は高雄市立林園高級学校で、本校生は林園の生徒宅にホームステイをしながら学校に通い、プレゼンテーションの準備や練習をしたり、授業に参加したりして、親交を深めました。

12/27のプレゼンテーション大会では、大会のテーマであるSDGsの中から、Genderの問題を取り上げ、リサーチをしたり台湾と日本の比較をしたりして作り上げた内容をパワーポイントを使いながら発表しました。林園と川西緑台のチームはGold Prizeを受賞しました。

大会が終わった後、12/28には林園の生徒たちに案内してもらって、高雄市の小遠足に出かけました。

台湾に行くまではICTを活用し、テレビ会議などを通して話し合いを進めました。また、昨夏に本校を訪れ、共に日本での協働プレゼンテーション大会に参加した台湾の生徒たちと再会することもできました。

今回のASEP参加を通して、生徒たちはSDGsについて考えたり、台湾の生徒と交流を深めたり、台湾の生活や文化、授業を経験したり、貴重な体験をすることができました。

World Youth Meetingに参加しました

8月5日(月)6日(火)に立命館大学と日本福祉大学で開催されたWorld Youth Meetingに参加しました。本校生徒7名と台湾の高雄市立瑞祥高級中學の生徒の2人でチームを組み”Inclusiveness”という大会のテーマに基づいて、プレゼンテーションを作り上げ、発表しました。他のチームのプレゼンテーションに刺激を受けたり、他校や他国の生徒と交流をしたり、有意義な2日間となりました。最後にゴールド賞をいただきました。

12月にはこのプレゼンテーション大会が台湾で開催されます。12月の台湾での大会出場に向けて、さらに研鑽を積んでいきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

World Youth Meeting 参加

8月5日(月)6日(火)に立命館大学で開催されるWorld Youth Meetingに参加します。World Youth Meetingとは日本の高校生大学生とアジア諸国の学生がチームを組んで、協力して1つのプレゼンテーションを作り上げ、発表する大会です。本校は台湾の高雄市立瑞祥高級中學とペアを組みます。

8月1日(木)に台湾の高雄市立瑞祥高級中學から2名の生徒が本校にやってきました。この2名は5日まで本校生徒宅にホームステイし、本校に登校します。本校生徒7名と台湾生徒2名で本番に向けてプレゼンテーションの準備中です。

文化祭「SDGsって何だろう」 IEC(インターナショナル)部

6月14日(金)15日(土)文化祭では、持続可能な社会にするために、2030年までに達成しなければならない、17個の目標「SDGs」について調べ、ポスター展示やビデオ上映をしました。来場者に楽しく「SDGs」を知ってもらえるようにクイズも用意しました。

またアフリカの布をを使ってくるみボタンを作るワークショップも行いました。

JICA訪問 IEC(インターナショナル) 部

4月21日(日)文化祭での発表に向けて、JICAを訪問し、職員の方からSDGsの説明をしていただいたのち、常設展「SDGsってなあに?」を見学しました。

 

 

 

インターナショナル部 部活動紹介

■ インターナショナル部 部員数4名

3年生が引退した後、2年生2名 1年生2名で活動しています。
週1回リスニング、スピーキングの力をアップさせるために、ALTのBrett先生にも入っていただいて会話、討論などの活動を英語で行っています。

DSCF4951DSCF4950