壮行会(弓道部)

11月2日(土)に行われた全国高等学校弓道選抜大会兵庫県予選において、

弓道部2年生女子1名が2位という好成績を収め、全国大会出場を決めました。

全国大会は12月23日(月)~25日(水)群馬県前橋市の「ALSOKぐんまアリーナ」にて行われます。

表彰式のあと、生徒会役員からの激励の言葉があり、本人からは全国大会に向けての決意表明がありました。

全国大会という大きな舞台で、日ごろの練習の成果を十分に発揮してきてください。

壮行会が行われました

本日、近畿大会に向けての壮行会が行われました。

過日行われた兵庫県高等学校総合体育大会で、
陸上競技部の3年生男子生徒が5000m競歩で4位(タイム20分55秒76)、
男子ハンドボール部が4位、女子ハンドボール部が4位となり、見事近畿大会出場を決めました。
近畿大会出場は、男子ハンドボール部は7年連続、女子ハンドボール部は史上初の快挙です。

近畿大会は、陸上競技部が6月15日(土)に大阪ヤンマースタジアムで、
ハンドボール部が7月22日(月)から和歌山ビックホエールで行われます。
選手からは、日頃から声援してくださっている方々に感謝し、期待に応えられるように頑張りますとの挨拶があり、
生徒会長からは、実際の試合を見て感動したことや、悔いのないように楽しんできてください、との激励の言葉がありました。

皆様のご声援よろしくお願いいたします。

新春かるた大会

1月16日(水)に、本校の隣にある川西市立緑台小学校の子どもたちと百人一首大会が開催されました。
本校では毎年1月にかるた大会を行っていますが、いつも子どもたちの速さに圧倒されます。
今年も1年生の生徒たちと小学生が百人一首を楽しみました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4/11 スプリングセミナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校での学習に自主的・積極的に取り組むため新入生に4月11日体育館を会場とし8:30~15:30の日程で、学年・教科・進路指導部から「高校での学習について」をテーマにスプリングセミナーを開催しました。本校にとって初めての取組みでしたが、高校での学習に対するモチベーションアップにつながると期待しています。

3年生サマースクール 奥猪名健康の郷

8月2日(水)~4日(金)2泊3日でサマースクールを実施しました。
このサマースクールは3年生の希望者が参加する学習合宿で、今年は47回生69名が参加しました。初日7時間、2日目12時間、3日目5.5時間が学習時間として割り当てられ、各自の計画に従って学習(自習)を進めました。

◆参加した生徒の感想から

1日中勉強が本当にできるのか不安だったが、みんなと一緒だったので「自分も頑張らないと」という気持ちになって勉強に取り組むことができた。食事の時とかは皆と話すこともできて楽しかった。参加してよかった。

先生に質問ができたというのが良かった。友達が机に向かっているのを実際目にするとやる気がわいてきてとてもはかどりました。

集中して勉強することができたと思う。このサマースクールを通じて日々の学習に足りなかったところを発見することができた。

長時間学習に取り組むシミュレーションができたと思う。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日独スポーツ少年団同時交流

8月2日(水)、ドイツよりスポーツ少年団が来校しました。本校を代表する2年生の7名の生徒たちと、「私たちにできるフェアプレイ~ドイツでの工場式畜産農業にかかるデモ運動について~」というテーマで、英語でディスカッションを行いました。英語でのディスカッションに最初は少し戸惑った様子の生徒たちでしたが、次第に慣れ、積極的な意見交換を行っていました。その後、日独の文化の違いを話したり、一緒に折り紙を楽しんだりして交流を深めました。

ディスカッション後は、さらに日本文化を体験してもらおうと、茶道部と弓道部を見学させてもらいました。茶道部でドイツの生徒たちは、本校のディスカッションメンバーとともに、お点前をしてもらいました。茶道の作法やその意味を説明してもらった際にも、興味深そうに聞いていました。弓道部では、実際にドイツの生徒たちにも弓道を体験してもらいました。弓矢の持ち方や姿勢、的に当てることに苦戦していましたが、初の弓道体験にとても興奮した様子でした。

この日のためにたくさんの準備を重ねてきた生徒たちですが、ドイツの生徒たちと英語で交流するという貴重な経験を通して、英語や異文化への関心を深めることができました。

3月19日 複数志願合格発表

3月19日の合格発表の様子です。

高校生英語ディベートコンテスト 3位入賞

「祝 川西緑台高校、第10回兵庫県ディベートコンテストにて3位入賞」

第10回兵庫県英語ディベートコンテストが、2月5日(日)神戸市外国語大学で開催されました。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2017/02/20170202110101.html

川西緑台高校は6年連続の出場となりましたが、初年度のベスト8がこれまでの最高成績でした。この成績を上回ることを目標に今年度のメンバーは一丸となって約4カ月のトレーニングを経て大会にのぞみました。この英語ディベートコンテストは、全国でも屈指のレベルとなっております。公立私立問わず、県内のほとんどの進学校や国際系の学校が参加し、兵庫県を制するものは全国を制すると言われています。その中での3位入賞は本当に価値があると思います。予選リーグはトップ通過をはたし、準決勝では、優勝した葺合高校に僅差まで迫るという健闘ぶりでした。指導教諭として、生徒たちの獅子奮迅の活躍に感動で涙が出そうでした。

来年度こそは、ぜひ、川西緑台高校が優勝できるように頑張ってほしいと願っております。

(英語科:大目木)

 

参加生徒: 2年生: 柴田 明徳、中井 あすか、大賀 さくら、柴原 澪、

1年生: 和田 竜太、谷村 友大

 

1486689749652 1486689772115 20170210103039 1486689745684

 

 

【1学年】 百人一首大会 with 川西緑台小学校

1月18日、川西緑台小学校の児童たちと一緒に体育館で百人一首大会が開催されました。
毎年、小学生がとても強くて、高校生は苦戦します。
今回は、久しぶりに高校生が最多枚数取得しました。
体育館は寒かったけれど、熱い戦いでした!

DSCF1411

DSCF1443

DSCF1330

DSCF1332

DSCF1368

DSCF1355

DSCF1352

DSCF1399

1年生 総合発表会

1学年の2学期の総合的な学習の時間では、社会の一員として、地域社会における問題を取り上げ、その解決策をグループで考えるという取り組みを行っていました。各クラスでグループ発表を行い、コンピュータを使って相互評価をしました。

そして、12月20日(火)に1学年全員の前で各クラス一番評価の高かったチームが発表を行いました。
代表チームは選出されてから放課後や空き時間を使って発表の改良を行ったり練習を重ね、この日の発表を成功させるため熱心に取り組んできました。さすが各クラス代表チーム、どのチームも堂々たる発表でした。

各チームの発表の後にはクラス発表の時と同様、質問や意見交換をする場を設けました。
昨日、OB講演会で木下さんがお話ししてくださったこともあってか、多くの生徒が積極的に質問や感想を述べてくれました。

学年団の先生により審査が行われ、見事1年6組のチームが優勝しました。
DSCF1074

DSCF1076

DSCF1108

DSCF1124

DSCF1132

DSCF1149

DSCF1160

DSCF1168

DSCF1170

DSCF1176

DSCF1182

DSCF1199

DSCF1204

DSCF1210

DSCF1215

DSCF1219

DSCF1221

DSCF1223

DSCF1226

DSCF1230

DSCF1243

DSCF1248

DSCF1251

DSCF1255

DSCF1265

DSCF1275