兵庫県立川西緑台高等学校 創立50周年式典

今年度、本校は創立50周年を迎えました。

当時の川西市北部の人口急増に伴い、本校は、川西市初の全日制普通科高等学校として昭和44年(1969年)4月に設立され、1万6千人を超える卒業生を輩出してきました。

平成29年度には総合理数コースを設置し、現在に至ります。

11月9日(金)に、兵庫県立川西緑台高等学校創立50周年記念式典が開催されました。

式典では、多くの来賓の方々から創立50周年を祝う祝辞をいただきました。

 

学校長の挨拶のあと、兵庫県教育委員会教育次長の世良田重人様からご挨拶をいただき、来賓祝辞として本校の卒業生でもある川西市教育長の石田剛様から在学当時の思い出を交えてお話をいただきました。

 

その後、実行委員長である高瀬伸介同窓会長よりお話をいただき、最後に本校生徒会長の喜びの言葉のあと、全員で校歌斉唱し、閉会しました。

式典の様子は、以下の写真に掲載しています。

 

また式典後は、国立情報学研究所 社会共有知研究センター長教授の 新井 紀子 先生による記念講演会が開催されました。AIの研究や人間の読解力について、分かりやすく語っていただきました。

 

創立50周年に当たり、これからも川西緑台高等学校が地域の方とともに発展、飛躍を遂げられますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修学旅行最終日

今日は半日タクシー研修で班ごとに目的地を計画して各自で観光を行いました。

美ら海水族館や国際通りなど有名な観光地を巡るなど充実した時間を過ごせたと思います。

全員時間通りに那覇空港に到着し、18:05の便で伊丹空港に出発しました。

 

 

修学旅行3日目コース別体験&学年レク

修学旅行3日目も2日目と同様に離島サイクリング、マリンスポーツ、フィッシング、スキューバダイビング、観光のコース別体験を実施しました。

夕食後には学年レクがありコントやダンスなどクラス毎に発表を行い大いに盛り上がりました。

修学旅行2日目コース別体験

本日はコース別体験でカヌー、離島サイクリング、マリンスポーツ、フィッシング、沖縄文化体験、大滝&バギー、スキューバに分かれ各自希望の体験を行ないました。

 

ディナークルーズ

本日の夕食は那覇港からのディナークルーズでした。

天気も良く夕日も綺麗に見えました。

急遽生徒による漫才、バンド演奏も実施され、修学旅行期間中に誕生日を迎える生徒へのサプライズもありました。

最後には学年団の先生方による「島人ぬ宝」のライブも行われました!

おきなわワールド到着

 

那覇空港を出てまずおきなわワールドに到着しました!

 

890メートルに渡る鍾乳洞を見学したり、沖縄の文化に触れたりすることが出来ました。

那覇空港到着

那覇空港に到着しました!

暑くて上着を脱ぐ生徒も多かったです。

伊丹空港との気温差に驚いています。

修学旅行出発

予定通りに集合し、9:10伊丹発の飛行機で無事に出発しました。

集合の段階から生徒たちが素早く行動してくれたので大きなトラブルもなく一安心です。

平成30年度 49回生修学旅行結団式

11月16日5限に修学旅行結団式を行いました。

11月18日の朝に沖縄本島に向けて出発します。

詳細な活動状況は、ブログで報告予定ですのでチェックしてみて下さい。

団長挨拶

修学旅行委員長挨拶

しおり

創立50周年記念展示

10月1日は、本校創立記念日でした。

本校は、今年創立50周年を迎えます。また、11月9日には、創立50周年記念式典が開催されます。

これを記念し、2階の渡り廊下と、本館の正面玄関のところに50周年記念展示コーナーを設けました。

記念誌の表紙・扉絵として使用予定の美術部の生徒の作品5点と、記念品タオルのデザインに応募があった12点のデザインを展示しています。

生徒の皆さんは是非見てください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ ↑ 本館正面玄関の展示

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ ↑ 2階渡り廊下の展示