全国高等学校軽音フェスティバル2018 出場決定!

軽音楽部が、ついに全国大会に出場することになりました。

これまで何度も挑戦してきた全国軽音フェスですが、そのレベルは高く、夢破れてきました。しかし、今年は多くの方の応援や力添えをいただき、夢を実現することができました。

軽音楽部を、出場を決めたバンドを応援していただいたすべての方にお礼申し上げます。

6月10日㈰に大阪城野外音楽堂で、開催されますので是非見に来ていただければ、幸いです。

関連サイト https://www.esp.ac.jp/enter/keion_fes/news/finals.html

 

 

2018歓迎LIVE

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のGW後半初日の3日㈭、軽音楽部の新入部員21名と一緒に、LIVEを行いました。

会場づくりから、様々なセッティングやリハーサルに至るまでの実に沢山のことを準備しなければなりません。それらを終えて初めて本番のLIVEを行います。

これらのことは新入部員には見えていなかったでしょう。

自分たちが手作りでLIVEを行う準備をすることで、学校外でLIVE参加する際に、その準備をしてくれている人がいることを知ることになります。演奏させていただくことへの感謝の気持ちがもてることに繋がります。

1年生は今日のLIVEに刺激を受けて、文化祭での発表へ向けて練習に熱が入ります。ほぼ全員が未経験者ですが、これから文化祭までの時間でどれだけ演奏する力をつけるか、どうぞご期待ください。

 

 

 

 

 

 

 

2018歓迎ハイキング

今年は新入部員21名を迎え、総勢67名で本年度の軽音楽部の活動がスタートしました。

バンドごとの活動が中心になる軽音楽部の活動は、1年生部員にとっては入部当初なじみにくく、その欠点を補うために毎年全部員で校外へ出かけ、食事やレクレーションを通して語りあい、部活動全体の融和を進め、一体感、帰属意識を高めるハイキングを行っています。

今年で5年目になりますが、毎年晴天に恵まれています。今年はGW1週間前にも関わらず、キャンプ場は家族連れの利用者でいっぱいでした。例年なら八重桜が満開のころなのですが、今年は気温が高く、葉桜に近いものさえありました。

これを機に、2か月先の文化祭に向け3学年が一体となり、精力的な活動がスタートします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018勧誘LIVE

 

 

 

 

 

 

 

新入部員を勧誘する校内LIVEを、新入生登校日である4月4日に行いました。

10人以上の新入生が見に来てくれました。これから部活登録日までの期間、部員一同、初心者大歓迎の気持ちをもって、新入生が軽音楽部の見学に来てくれることを待っています。

毎年20人以上の新入部員を迎え、3学年が揃った時には70人を超える大所帯になります。今年のそうなることを期待します。

2018BeatOn Spring Training session

 

 

 

 

 

 

 

昨年度から、川西能勢口にある音楽スタジオBeat Onから講師をお招きし、プロによる各楽器パートの講習会を行っています。

年間4回の実施を計画し、継続して指導していただくことで、部員の個性や癖を見抜いてもらい、適切な指導を頂けるようにしています。今回は、パート別講習とアンサンブル講習を半々で行い、アンサンブル講習では3バンドの演奏を見ていただき、指導していただきました。

講習会当日だけでなく、次回までの課題などを出してもらえるので、部員にとってはとても励みになります。先生方の指導にこたえるためにも、大会等でよい成果をだし、報告できるよう日々練習に励んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

2018ギター部は『軽音楽部』に改称しました!

何年も前から、活動内容と「ギター部」という名称の不整合を正そうと、部の名称変更を検討してきました。創立50周年の節目となる今年度、部の活動内容と合致するように『軽音楽部』に改称し、新たにスタートしました。

誰もが軽音楽部という響きに不慣れで、校内ではまだまだ旧称で呼ばれることが多く、定着には2・3年かかりそうです。部員自身も、職員室に入る際、「ギター部の〇〇です!」となることが多いです。

 

 

 

 

ギター部OBOGの皆さん、軽音楽部になっても応援よろしくお願いします。

 

 

 

 

2018チャリティーコンサート at みつなかホール

 

 

 

 

 

 

2018.1.28、川西市のみつなかホールにて演奏の機会をいただきました。

川西市ユニセフ協会主催のチャリティーコンサートでの演奏です。昨年の市の広報に掲載された地域の夏祭りでの演奏の記事を見られて、出演依頼を頂きました。

とても立派なホールでの演奏にとても戸惑いましたが、部員一同力を合わせて取り組みました。

第一部がコーラスグループやソロ歌手の歌声が響いた後の第二部での本校の演奏でした。高校生らしさを前面に出した取り組みを行いましたが、どのように受け止められているか心配でもあります。

高校生の軽音楽が広く認知される機会になればと考えます。

今回は演奏の機会をいただき、ありがとうございます。

 

 

2018全国総合文化祭 軽音楽部門選考会

 

 

 

 

 

 

 

全国大会に出場する兵庫県代表を選ぶこの選考会はオリジナル曲限定なので、各参加校の楽曲創作活動の力量が測られる大会です。この大会は、別に実施される近畿圏の大会をも選考するものです。

全国大会用(オリジナル限定)と近畿大会用(コピー曲でも可)の2曲を演奏しますが、本校は2年生女子4名のバンドが2曲ともオリジナル曲でエントリーしました。残念ながらどちらの大会にも選抜されませんでしたが、さまざまな工夫を凝らし、一生懸命オリジナル曲作りに取り組んだ部員を誇りに思います。

今年度は部内の2年生バンドがとても熱心にオリジナル曲作りに取り組んだ一年でした。1月から3月は、全バンドが3月にオリジナル曲を発表する取り組み期間です。1年生部員にもこれを機会に豊かな創造活動を期待します。

 

 

 

2017兵庫県総合文化祭 at スペースシアター

 

 

 

 

一昨年前に初出場して、今回が県総合文化祭2度目の出演になりました。ギター部では、このステージへの出演を毎年果たそうと目標に掲げています。この4年で2回出場なので、簡単ではありません。

以前は男女混合バンドのインストルメンタルの楽曲で出演しました。今年は6人のガールズバンドで出演しました。インストルメンタルではないコピー曲は、選考会のエントリー数が一番多い分野なので、選抜されたときはとても喜びました。

前日には、ギター部の活動の中で唯一公欠になるリハーサルに参加しました。この場所は、神戸ハーバーランドにある6階まで吹き抜けの商業施設の特設ステージです。多くの一般の方に見られるステージになり、日ごろの活動やステージとはかなり趣きが異なります。

今後も毎年出演できるよう、部員一同、一生懸命練習に取り組みます。応援よろしくお願いします。

 

 

 

 

2017青空コンサート at トナリエ清和台

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ、たどたどしい演奏の1年生バンドにたっぷり30分の時間をいただける青空コンサートは、部としてはとてもありがたい演奏機会です。30分を任される各バンドは、演奏するだけでなく、お客さんに向けて演奏曲の説明や各バンドのことなどいろいろな話題を提供して30分間のステージを務めなければなりません。

ステージを演出するパフォーマンスは、軽音楽を行う上で必須の内容です。ただ、1年生部員は演奏することに必死で、表情が豊かでなく、棒立ちで、ただ黙々と演奏する域をなかなか抜けられないのは、今年も変わりませんでした。

お喋りで会場のお客さんをわかせることは演奏する以上に難易度が高く、ボーカルの部員が努力しますが、簡単なことではありません。

各バンドとも演奏が終わると、「やっと終わった…」という疲れと安堵が入り混じった表情になります。

まだまだ、楽しく演奏する段階にはありません。もっともっと、ステージ発表をイメージした練習が必要です。