「電気情報システム科」カテゴリーアーカイブ

町ぢゅう美術館

2月7日(金)、8日(土)、9日(日)の3日間、たつの市の旧市街地で、
第18回町ぢゅう美術館が開催されました。

たつの市龍野地区の旧城下町一帯を美術館に見立て、
総合デザイン科の生徒が授業で制作した作品の展示やフェイスペイント、
似顔絵コーナー、生徒が制作した雑貨の販売に加え、地域の方の作品も展示されました。
 
 

また、電気情報システム科は光るキーホルダー制作、
看護科は血圧測定とタクティール、
総合福祉科はかんがえるお絵かき、
環境建設工学科は木工作品の展示・販売、
定時制はレザークラフト体験など、デザイン科以外の学科も
それぞれの特色を活かした催しで参加しました。
 

部活動からはダンス部と軽音楽同好会が参加し、
多くの人を集めていました。
 

また今回の町ぢゅう美術館は、来場者みんなで花を描く「彩ボード」や、
たつのの街並みを描いた大きな塗り絵など、来場された方々と一緒に
町を彩っていくイベントを行いました。

雪の降る厳しい寒さの中「寒いから気を付けてね」など温かい言葉が飛び交い、
とても素敵なイベントとなりました。

ご理解、ご協力いただきました皆様、
また、この寒さの中ご来場いただきました皆様、
実行委員一同心よりお礼申し上げます。

ありがとうございました!

学習成果発表会

今回から、生徒が生徒目線でブログを書いていきます。
本日の担当は、広報委員長 田路公章です。

2月1日(土)、体育館で学習成果発表会が行われました。

校長先生は、自分達の活動が地域の方々に認められている、
1年間を振り返りながら今日の発表を聞いてほしい、とおっしゃっていました。

生徒会は、1年間の生徒会活動について説明、報告をしました。

ボランティア委員会は、地域拠点型合同防災訓練について、
当日の写真を交えて説明しました。
また、防災についてのグループ学習の成果も発表しました。

総合デザイン科は、各学年の発表とファッションショー、町ぢゅう美術館について発表しました。

看護科は、専攻科も含めた5年間の学習について発表しました。
また、血圧測定の実演も行いました。

総合福祉科は、各学年1年間についての紹介、実習の報告、介護技術コンテスト、
学校デイサービス、ウェルフェアコレクションなどについて発表を行いました。

電気情報システム科は、課題研究について発表しました。
1グループはロボット競技について、
もう1グループは電子工作の技術を利用した作品について発表しました。

環境建設工学科は、3年間のカリキュラムの紹介や測量実演、
日々学習している内容について発表しました。

インターンシップの成果発表では、実際に企業や事業所で体験した内容について
5名の生徒が発表しました。

本日の学習成果発表会では、
さまざまな学科の授業内容や課題研究の内容などを知ることができ、
大変いい機会になりました。

発表を担当した生徒のみなさん、司会を務めた放送部のみなさん、お疲れ様でした。

最後になりましたが、本日ご来場くださった来賓の皆様、保護者の皆様、
本当にありがとうございました。

電気情報システム科 課題研究発表会

1月24日(金)、電気情報システム科3年生が課題研究発表会を行いました。1年間かけて製作した作品や成果を発表します。

野菜作りとラズベリーパイ班、実習装置の製作班、人工衛星プロジェクト班、
ロボット&おもちゃをつくろう!班、電子回路製作班、
VBAを用いたゲームの製作班、教材開発と資格取得にチャレンジ班、
リモコン式ロボットSHANTY班、リニアモーターカーの製作班の
9つの班があり、各班動画や実演を行って発表をしました。


また、1、2年生は自分が3年生になったときにどの班を選択するか決めるため、
先輩の発表を熱心に聴き、メモをとっていました。

今回の発表会でこれまで取り組んできたことをしっかりと伝えることができたと思います。
3年生のみなさんお疲れ様でした!

まちⅣ「防災」成果発表会

12月23日(月)、まちづくり科目群Ⅳ「防災」の成果発表会が行われました。
年度当初の全体講演会で学んだことも生かし、各科、各グループに分かれて学習したこと、製作したものを全体の前で発表しました。

家庭科 「災害時の生活」
 

看護科 「災害時の看護」「避難所での看護」
 

総合福祉科 「防災生活用品の作成」「地域高齢者宅訪問」
 

電気情報システム科「電気系の防災機器の製作」「避難所の仮設電工」
 

環境建設工学科 「自然災害とまちづくり」「避難時の休憩用ベンチの制作」
 

総合デザイン科 「ピクトグラムの制作」「防災に活用できるプロダクトデザインとそれらのイラスト化」
 

ひょうご高校生ロボット競技大会2019

 11月3日(日)イオンモール姫路リバーシティーにおいて『ひょうご高校生ロボット競技大会2019』が開催された。
県内の工業系高校のロボット製作に関わるイベントである、ひょうご高校生ロボット競技大会2019の二足歩行ロボット競技の部には本校の電気情報システム科及び、電気研究部ロボット班の生徒20名が参加した。
この部門は、人型の二足歩行ロボットが「かけっこ」と「サッカー」の2つの競技を行う。ロボットは、無線コントローラーで操縦する。
出場したロボットは、「グミ」(3年1組 清水楓太、3年1組 藤井伊吹)、「HAKU」(3年1組 元田天斗)、「キャンデェー」(2年2組 岸本倖輝、2年2組 冨井拓海)の3台であった。
「かけっこ」は、ロボットがコース上の2つのコーンを8の字に回ってゴールするタイムで順位を競う。「HAKU」は、予選2位で決勝トーナメントへ進み、決勝で神戸市立科学技術高校に敗れ、準優勝となった。また、「キャンデェー」も決勝トーナメントに進み、準決勝で「HAKU」との同校対決となり、惜しくも3位となった。
チーム戦(ロボット3体で1チーム)となる「サッカー」では、10チームのトーナメント戦で行われた。本校は、残念ながら入賞はできなかった。
3年生は、部活動と課題研究で製作してきたが、初めての表彰となりこれまでの取り組みが実を結んだ。2年生も、この賞で自信を持ったようである。

また、リモコン式ロボット競技の部には電気情報システム科3年生の課題研究班から7名の生徒が参加した。
指定された時間内にどれだけ多くのピンポン玉を目的エリアに運ぶことができるかを競う競技で、予選1回戦は神崎工業高校と対戦し、勝ち進んだ。決勝トーナメント1回戦では神戸科学技術高校と対戦したが、マシントラブルにより敗退。多くの課題を残す結果となった。

12月14日には、姫路ロボ・チャレンジ大会が控えている。3年生にとっては最後の大会となるので、チーム一丸となってさらなる改良を図ることを期待している。

【二足歩行ロボット競技の部】
  
  

【リモコン式ロボット競技の部】
 

兵庫県電気工事工業組合との交流会

3月6日(水)、電気情報システム科1年生80名と兵庫県電気工事工業組合のみなさん31名との交流会が行われました。

はじめに出口教頭先生より、あいさつをいただきました。

理事長 向山様より、開会のあいさつをいただきました。

続いて趣旨説明として、播州支部長 駒田様よりお話しをしていただきました。

全体会として、電気工事に関するDVDを鑑賞しました。また、昨年の北海道で発生した地震によるブラックアウトのとき、電気工事がどのようにかかわったのかをまとめた映像も見ました。

各班に分かれて、高所作業車体験と意見交換会が行われました。
高所作業車体験では、校舎4階より高い、14m以上の高さを体験しました。
 
 

意見交換会では、和気あいあいとした雰囲気で、仕事の楽しさや、仕事をするうえで大切なこと、なぜその仕事をはじめたのかなどを教えていただきました。
 

最後に意見発表会が行われ、各班で話し合われたことや教えていただいたこと、感想などを全体の前で発表しました。
 
 

生徒発表後、青年部の綾部様、森様より感想を、副理事長 篠原様より閉会のあいさつをいただきました。
 

生徒を代表して2組の西脇くんがお礼の言葉を伝えました。

今回の交流会で、働くことの楽しさや大切さ、資格取得の大切さを教えていただきました。今回教えていただいたことを、今後の進路決定に役立てていきたいと思います。
兵庫県電気工事工業組合のみなさま、ありがとうございました。

学習成果発表会

2月2日(土)、学習成果発表会が行われ、生徒会、各学科、学年が1年間の学びを発表しました。
発表では、各学科の実演や、防災教育、インターンシップの学びが発表されました。
来賓の方々や保護者、中学生にも大勢来校していただき、龍野北高校の取り組みを広く知っていただく機会となりました。

☆ 詳しくはPDFデータをご覧ください。
 ⇒【学習成果発表会】

まちⅣ「防災」成果発表会

12月19日(水)、まちづくり科目群Ⅳ「防災」の成果発表会が行われました。
2学期から各グループに分かれて学んだことを全体の前で発表しました。

「災害時の生活」(家庭科)
保育、調理、茶道、しめ縄飾り制作を通して、災害時のコミュニケーション能力や癒し、動じない心の大切さを学びました。

「避難所の看護」(看護科)
避難所の多言語化を考え、避難所での呼びかけを英語に翻訳し発表しました。

「災害時の看護」(看護科)
搬送する役とされる役に分かれ実際に搬送の様子を実演しました。

「防災生活用品の作成」(総合福祉科)
身近にある新聞紙や段ボールなどを使って被災時に必要なものを作成しました。

「地域高齢者宅訪問」(総合福祉科)
実際の地域の高齢者の方の家に訪問し、災害に対する意識や対策について聞いたことや、顔見知りになることで避難誘導時にスムーズにできるなど発表しました。

「仮設電工」(電気情報システム科)
実際に防災に活かすことを目的に、電気回路のしくみや作り方を学びました。

「防災機器の製作」(電気情報システム科)
ソーラー充電できる読書灯や話すコアラ人形など、避難時にあると便利な機器を製作しました。

「ハザードマップ作製」(環境建設工学科)
減災を目的に、学校周辺の水害のハザードマップを作成しました。

「ベンチ制作」(環境建設工学科)
木を選別するところからベンチを制作しました。

「子供向け工作教室」(総合デザイン科)
避難所にある生活用品を使用した工作を考えて、ボーリングや魚釣りなどを作りました。

「ピクトグラム制作」(総合デザイン科)
文字を使わず絵だけで情報を伝える、ピクトグラムを制作しました。

今回の発表会では、自分たちのグループがやったことを振り返ることで理解が深まり、また、他のグループの内容から防災に対する意識が高まったと思います。学んできたことを、いざというときに発揮できるようにしっかりと備えましょう。

ものづくり競技全国大会

ものづくり競技の全国大会の結果です。
11月4日(土)に沖縄県で行われた、第56回技能五輪全国区大会の「家具」職種に、この夏に若年者ものづくり競技大会で日本一になった環境建設研究部3年生の鈴木岳大君と2年生の坂井信祐くんが出場しました。
プロの職人が集う大会で、自分の腕を確認しました。

18日(土)には、第18回高校生ものづくりコンテスト全国大会が東海地方で開催されました。
愛知県名古屋市で行われた「電気工事」部門には電気研究部3年生の千古裕也くんが出場し、見事全国3位を獲得しました。
また、三重県四日市市で行われた「木材加工」部門には環境建設研究部の坂井くんが出場しました。坂井くんは「若年者」「技能五輪」「高校生」の3つの競技で全国大会に出場したことになります。

龍野北高校のものづくり競技のレベルの高さを、全国に轟かせる機会となりました。今後の大会も「日本一」をめざして励んでいきます!!

☆ 詳しくはPDFデータをご覧ください。
 ⇒ 【技能五輪全国「家具」】
 ⇒ 【高校生ものづくり全国「電工」】
 ⇒ 【高校生ものづくり全国「木材加工」】

全国大会 校長激励

11月14日(水)、今週の土日にせまった、高校生ものづくりコンテスト全国大会に出場する、電気研究部の千古裕也くんと環境建設研究部の坂井信祐くんが校長室を訪問しました。

校長から「緊張することを前向きにとらえ、楽しんで競技に挑んでください」「ぜひ日本一になってほしい」と激励されました。
 

全国大会の場で活躍することを期待しています!!