災害看護実習

11月13日(火)、日本赤十字社兵庫県支部で大規模災害を想定した災害看護実習が行われ、看護専攻科2年生が参加しました。
患者役にトラウマメイクを施し、救護の拠点づくりやトリアージ、応急手当、搬送などを実践しました。

いつ起きるかわからない災害に対応できるように、日頃の研さんを大切にしていきたいと思います。

☆ 詳しくはPDFデータをご覧ください。
 ⇒ 【看護専攻科 災害看護実習】

防災訓練

11月22日(木)、地域拠点型合同防災訓練(広域避難所運営訓練)が行われました。今年は天候に恵まれず、内容を大幅に変更して行いました。
はじめ各クラスで新聞紙からマスクやスリッパなどの防災グッズを制作し、その後、避難訓練として、体育館に避難しました。

体育館では主にEARTH員の方による防災教育が行われ、避難所での生活について話していただいたり体験したりしました。

☆ 詳しくはPDFデータをご覧ください。
 ⇒ 【防災訓練】

ものづくり競技全国大会

ものづくり競技の全国大会の結果です。
11月4日(土)に沖縄県で行われた、第56回技能五輪全国区大会の「家具」職種に、この夏に若年者ものづくり競技大会で日本一になった環境建設研究部3年生の鈴木岳大君と2年生の坂井信祐くんが出場しました。
プロの職人が集う大会で、自分の腕を確認しました。

18日(土)には、第18回高校生ものづくりコンテスト全国大会が東海地方で開催されました。
愛知県名古屋市で行われた「電気工事」部門には電気研究部3年生の千古裕也くんが出場し、見事全国3位を獲得しました。
また、三重県四日市市で行われた「木材加工」部門には環境建設研究部の坂井くんが出場しました。坂井くんは「若年者」「技能五輪」「高校生」の3つの競技で全国大会に出場したことになります。

龍野北高校のものづくり競技のレベルの高さを、全国に轟かせる機会となりました。今後の大会も「日本一」をめざして励んでいきます!!

☆ 詳しくはPDFデータをご覧ください。
 ⇒ 【技能五輪全国「家具」】
 ⇒ 【高校生ものづくり全国「電工」】
 ⇒ 【高校生ものづくり全国「木材加工」】

ピアエデュケーション

11月7日(水)、基礎看護技術の授業にて、看護専攻科1年生が看護科1年生に「手足浴」の指導を行いました。
専攻科生は高校生に教えるとあって準備をしっかりしてから指導しました。高校生も先輩へ質問するなど積極的な姿が見られました。

☆ 詳しくはPDFデータをご覧ください。
 ⇒ 【ピアエデュケーション「手足浴」】

職員研修 部落差別解消推進法

11月2日(金)、アセンブリホールにて「部落差別解消推進法」についての職員研修が行われました。
講師にたつの市人権教育推進課 副主幹兼係長兼指導主事の津島 威彦先生をお招きし、今なお残る部落差別問題の解消を進めるための法律についてお話していただきました。

☆ 詳しくはPDFデータをご覧ください。
 ⇒ 【職員研修 部落差別解消推進法】

皮革まつりファッションショー

11月17日(土曜日)、18日(日曜日)総合デザイン科生徒が、
赤とんぼ文化ホールでファッションショー『INSIDE -number-』を行いました。

皮革まつりは、たつの市の地場産業として
歴史と伝統のある皮革産業を広くPRするとともに、
天然皮革素材の素晴らしさをアピールすることが目的です。

その中で、毎年大ホールを舞台にファッションショーをさせていただいています。

3月から、企画・衣装制作・大道具・音響・映像・PR・ヘアメイク・モデルの係に分かれ、リーダーを中心にそれぞれの準備を精一杯を進めてきました。

その集大成として、ファッションショーを2日間で3回行い、
今年度も二日間で延べ2000名を越すお客様に見ていただきました。
これもひとえに、応援してくださった皆様のおかげです。

これから先も、たつのの地場産業である皮革の魅力を
“デザイン”を通して表現していきますので、
皆様のご理解、ご協力、そしてあたたかいご声援をよろしくお願いいたします。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!

電気情報システム科 小学校出前講座

11月6日(火)、電気情報システム科の生徒39名が、香島小学校と神部小学校に出向き出前講座として工作教室を行いました。
今回は香島小学校6年生21名と神部小学校6年生65名が対象で、「永久ゴマ」を製作しました。
本校生徒は、教えることの難と、小学生と知識・技術を通してふれあえる楽しさを感じることができました。

☆ 詳しくはPDFデータをご覧ください。
 ⇒ 【小学校出前講座】