「西高 校長室から」No11(H29.6.30)

今日で6月も終わります。早いもので1年の半分が終わることになります。41回生も入学して3ヶ月が経ち、来週からはいよいよ学期末考査が始まります。

 (甲山が見えません)

本日も強い雨が降っていて、阪急バスも遅れ気味になっていました。来週にかけても猛暑と大雨の予報が出ていますので、考査期間に警報がでるかもしれません。警報発令時には、各自で決められた対応が適切にできるようにしてください。

話は変りますが、先日、県高校野球選手権大会の抽選会がありました。本校の初戦は7月13日(木)13:30豊岡こうのとり球場で相手は甲南高校に決まりました。3年生は最後の大会です。悔いのないよう全力を出し切ってほしいものです。

抽選結果が大きく取り上げられた6月28日付けの神戸新聞にこんな記事を見つけました。「育成功労賞 森脇氏 教え子のおかげ」。日本高校野球連盟から指導者としての功績をたたえられ、表彰を受けた森脇氏とは、現在、県立社高等学校の校長先生ですが、私が母校の小野高校で教員をしていた時、同僚として一緒に勤務させていただいた先生です。森脇?野球のことをよく知っている方はピンとくると思いますが、プロ野球のソフトバンク(旧ダイエー)で活躍された前オリックスの森脇監督のお兄さんです。大学時代は関西リーグの首位打者になるなど選手としての才能は突出していたと聴いたことがあります。同じグラウンドで陸上部がセカンドベース付近を走るような環境でしたが、森脇先生のノックだけはピンポイントで、陸上部の部員を安心して走らせていた記憶があります。お酒が一滴も飲めないのに宴席では常に輪の中心で、多くの若い教員が何も言わなくても、その背中を追ってついていくような先生でした。私が目標としていた先生でしたので、大変嬉しくなると同時に私ももっと頑張ろうと思っています。  校長 廣瀬雅樹

 

カテゴリー: 校長室から パーマリンク