「西高 校長室から」No10(H29.6.26)

6月もあと少し、やっと梅雨らしい天気になってきましたが、九州地方では大雨の影響が出てきています。また昨日は長野県でも大きな地震が発生して被害がでています。これ以上被害が大きくならないことを祈りたいと思います。

さて、確実に季節は移り変わっていると同時に、学校生活もその時期に応じて進んでいきます。来週には期末考査が始まりますので、万全の準備をしてください。ところで、 この花の名前は? そう紫陽花(あじさい)です。土壌の性質等によって咲いてから散るまでに色を変えることから「七変化」などという別名があり、代表的な花言葉は「移り気」。以前は浮気をイメージさせることから贈物や結婚式では避けられる花でした。しかし、最近では「家族団らん」とい花言葉も広まり、母の日の贈物や結婚式のブーケにも使われるようになっているようです。生徒には、一つの考え方や以前のイメージだけで物事を判断しないで、広い視野で物事を考えられるようになってほしいものです。

(追伸)昨日まで大阪で行われた日本陸上競技選手権大会(世界陸上選考会)の男子100mを見て、夢の9秒台が近いと感じて興奮しました。      校長  廣瀬 雅樹

カテゴリー: 校長室から パーマリンク