シアトルは年度末です。

こんにちは、シアトルの竹森です。
アメリカの学校では、年度の後期も終わりに近づいてきてきています。
日本語の授業では前回紹介したOWLに加えて、後期ではプロジェクト形式の学習も多く取り入れています。
例えば、ゆるキャラについて調べてポスターにしたり、昔話を選んで自分なりの作品を作ったりしました。

昔話プロジェクトでは、漫画や紙芝居やポスター、感想文やブログまでさまざまな力作ができました。

本人の許可ももらったので、桃太郎をブログにしたユニークな作品を紹介します。自分の力で一生懸命日本語を書きましたよ!

https://japanese-folktale-persona.weebly.com/

また学校行事では、メキシコの祝日Cinco de Mayoをとりあげた全校集会がありました。

こちらに来てから、メキシコ文化の存在感がとても大きいことが印象的です。同僚にも、住んでいるコミュニティーにもスペイン語話者がたくさんいますし、スーパーでもパンと同じようにたくさんトルティーヤが売られています。
全校集会でも中南米にルーツをもつ生徒が生き生きと発表していました。
Chief Sealth高校では、本当に高い多様性の中で生徒が学んでいる姿が印象的です。

LINEで送る
Pocket

OWL (Organic World Language)に挑戦しています。

こんにちは、シアトルから竹森です。

5月に入り、晴れが続くようになりました。シアトルでは秋冬は曇りや雨ばかりなのですが、夏になるとほとんど毎日が晴天です。

天気もよくなり、日本語クラスの生徒たちもより一層楽しく活動しています。

例えば課外授業として、「さくらまつり」に行きました。これは毎年シアトルで行われている日本の文化紹介フェスティバルで、焼きそば体験などをして文化理解を深めました。

また先日は、本校を会場としてワシントン州日本語スピーチ・スキットコンテストが行われました。スピーチ部門、スキット部門でそれぞれレベル別に分かれて、ワシントン州内の高校から生徒が集まって発表をします。

本校からも生徒が参加して、自分の名前などについて話し、アイデンティティを見つめなおす機会にもなりました。

普段の授業では、今年度はホストティーチャーのジョシュア先生と一緒に、OWL(Organic World Language)という新しい教授法にチャレンジしています。

これは生徒が円になった椅子に座り、いろいろなアクティビティをしながらコミュニカティブに言語を学ぶという、米国でも比較的新しい授業スタイルです。

ペアで話したり、サークルでぬいぐるみを投げ合ったり、サークルの中に生徒を入れて応答練習をしたりしながら、話す活動を中心に生徒は学んでいます。

繰り返し口に出して覚えるので、生徒の皆さんも話せるフレーズが増えて楽しく日本語を勉強していますよ!

LINEで送る
Pocket

たこ焼きを焼きました

こんにちは、シアトルに派遣されている竹森です。

日本では年度替わりの時期ですが、アメリカではただの年度途中に春がきて少し変な感じです。シアトルにもあちこちに桜の木があって咲いています。

Chief Sealth高校では今月は、Black History MonthやMulti Cultural Nightがありました。

前者はアフリカ系アメリカ人の存在を取り上げるもので、各授業で歴史を学んだり、全校集会でパフォーマンスがあったりしました。

後者は校内で部活やクラスが催しを出して、いろいろな文化を共有しようというイベントです。日本語クラスは、たこ焼きを焼いてふるまいましたよ!食べに来てくれた人の中には、生まれて初めてタコを食べる人もいて、楽しい機会になりました。

いずれも多様性を大切にしようという地区や学校らしい催しでした。

また、もうすぐ本校が会場となってワシントン州日本語スピーチコンテストが開催されます。本校からも参加者が出ます。日本語のクラスでもスピーチを一生懸命日本語で書いてみたりして、みんな頑張っています。

他には、ひなまつりで折り紙をしたり、たこ焼きを焼く授業も行いました。

関西の味、たこ焼きはみんなに大好評でしたよ!

LINEで送る
Pocket

チーフ・スィアルス高校 学校紹介②

こんにちは、シアトルに派遣されている竹森です。

前回に続いて、こちらの日本語の生徒に書いてもらったChief Sealth高校の紹介を掲載します。

今回は、スティーブンくん、アンナさん、シーラさん、アキラくんの4人。

ちなみにスティーブンくんの文章に出てくる「警察エクスプローラー」は、警察の職業体験のようなプログラムのことです。

こちらでは16歳から運転免許が取得でき、車で高校に通ってくる生徒もいますよ!

また、アンナさんの文章に短期大学が出てきますが、スィアルス高校にはランニング・スタートというプログラムがあり、高校3,4年生が地域の短大の授業を受けてそれを高校の卒業単位に組み込むことができるというものです。本校には、国際バカロレアのカリキュラムもあり、IB Diplomaも取得できます。

みんな色々な形で積極的に高校生活を送っています!

写真は、日本語の教室です。こんなところで生徒は日本語を学んでいます。

こんにちは! ぼくはなまえわ、スチブン です。

私は十六才。私はすき食べ物は牛肉と、かつサンドと、

焼肉と、てりやき。

ぼくはシアトル警察エクスプローラー。

トヨタカムリを運転する。

 

 

アンナ ヌウェン

はじめまして 西高校! 私の名前は アンナです。私は十七才です。私は二つの学校に行きます。私はチーフセールス高校の四年生です。私は南シアトル短期大学の二年生です。チーフセールスには約千人の学生がいる。南シアトル 短期大学には約八千人の学生がいる。両方の学校で制服はありません。ーつの難しさは、仕事と両方の学校のスケジュールのバランスをとることです。しかし、難しさは成就しています。

私はシアトルで生まれ育った。私の両親はベトナム出身です。私の家族は旅行するのが大好きです。私は, ノルウェーとオーストラリアに家族を持っています。私と私の姉は新しい食べ物を食べるのが大好きです。私たちは常に新しいバブルティーショップを試しています。すぐ新しい場所に行くことを願っています。

 

 

こんにちは! はじめまして、私の名前はシーラです。 私は十六歳です。私はアメリカの高校三年生です。どうぞよろしく。チーフスイアルス高校は大きいです。チーフスイアルスにはやく九百三十人がいます。やく八百九十人の学生と四十人の先生がいます。チーフスイアルスには国さいバカロレアきこうとランニングスタートがあります。シアトルの空はグレー色, 入り江は青色,ときれいな日ぼつがあります。おわり, ありがとうございました。

 

 

あきら

こんにちは

わたしは なまえは あきら どうぞよろしく

わたしは 十八さい

すきなたべもの ぴざ

きらいな たべもの にんじん

わたし は とくいなこと バスケットボール

わたし は にがてな こと バレーボール
Chief Sealth と にほん の ちがいは にゅうし がない

 

LINEで送る
Pocket

チーフ・スィアルス高校 学校紹介①

こんにちは、シアトルのChief Sealth高校に派遣されている竹森です。

今回は、「日本語3」の授業をとっている生徒に、チーフ・スィアルス高校の学校紹介を日本語で書いてもらいました。2回の記事に分けて紹介したいと思います。

アメリカの多くの地域では、小学校が5年間、中学校が3年間、高校が4年間となっていて、シアトルでも同様です。小中高を通して学年を数えるのが普通なので、高校には9th gradeから12th gradeの生徒が在籍していることになります。

Chief Sealth高校の日本語の授業は、「日本語1」から「日本語6」。

スペイン語、中国語、日本語の中から2年間は外国語を勉強することになっているので、日本語であれば「日本語1」と「日本語2」が必修です。

今回学校紹介を書いてもらったのは、「日本語3」の生徒たち。

このクラスには8人がいて、みんな高校から日本語を始めた生徒ですが、選択して続けているので日本が好きな子たちです。

許可をもらったので写真も載せます。宝塚西のみんなに読んでもらえるかもしれないと思って、みんな一生懸命書きましたよ!

今回掲載するのはのは、ゾヴィさん、マキーアさん、カートくん、ケイリーさんの4人の紹介です。

こんにちは!
私の名前はZovie(ゾビ)です。
チーフセルスの紹介します。
チーフセルスは大きい学校です。
千人いじょうの学生がいます。
チーフセルスはシアトルにあります。
シアトルは寒くて雨です。
でも、とてもすみ良いばしょです。
チーフセルスで日本語をべんきょうするのは三年目です。
私の先生は、とてもしんせつですばらしいこうすけ先生とジョシュア先生です。
日本語のクラスはむずかしいですが、
とても楽しいです。
いつかあなたがシアトルに来ることをのぞみます!

 

こんにちわ! なまえわ まけや さん、げむ がすき。テレビ げむ。私わおんがくが好きです。 私わ きょうりゅうが大好き。かれらは ホントに かわいいです! 私わゴジラ を、すごい!

 

こんにちは、僕の名前は加愛人です、どうぞよろしくお願い致します。趣味はダンスとテレビゲーム。好きな食べ物が牛肉プルコギとすき焼きとスクランブルエッグ。私はトヨタを運転します。東京と沖縄に行ったことある。沖縄大学ときゅよ高等学校行きました。と、こくさい通りとみはまと浅草と渋谷。日本は美しい、私は日本が大好きです。

 

こんにちは!私の名前はケイリー。こうすけ先生がほんとうたのしい。今はシアトルがさむい、でもほんとううつくしい。シアトルのにちぼつもうつくしい。私はビーチに行くが大好き。いちばんにんきのビーチの名前は Alki Beach (アルカイ ビーチ)。シアトルに来て下さい!私のメッセージをよんでくれてありがとうございました!

LINEで送る
Pocket

くるみ割り人形

<8月からシアトルに派遣されている竹森先生から投稿がありましたので紹介します。>

こんにちは竹森です。

シアトルでは冬になりだいたい雨の日が続いています。

もう12月ということで、街もすっかりクリスマスの雰囲気になりました。アメリカでは、クリスマスシーズンにはくるみ割り人形のバレエを鑑賞するという伝統があるそうで、Chief Sealth高校にもアマチュアのバレエ団が来て公演してくれました。

くるみ割り人形は英語でnutcracker。

アメリカのクリスマスではジンジャーブレッドを食べ、エッグノッグを飲むのが定番だそうですよ!

授業では名前の判子を作りました。

俳句を写して判子を押して、作品にしましたよ!

LINEで送る
Pocket

多様性のある学校

シアトルからこんにちは。

今週は全校集会がありました。写真のように、伝統的な部族の踊りなどが披露され、ネイティブ・アメリカンの生徒たちの存在をとり上げるイベントでした。

Chief Sealth International High Schoolは、ワシントン州で(たぶん全米でも)最も生徒の多様性が高い学校の一つです。

校内を歩いていても、様々なバックグラウンドの人がいます。教えているクラスによっては生徒の三分の二ほどが移民二世で、家では英語ではない言語を話しています。面白いですね!

シアトル学校区全体もそうですが、Chief Sealth高校も、多様性を大変大切にしていることを常々感じます。

アメリカという国は、そう遠くないうちに白人が少数派になるそうです。いろんな人がいて、それぞれが大切にされる。そういう場所をつくるのもそれぞれ一人ひとりなのかなと感じます。

LINEで送る
Pocket

シアトルより

こんにちは!シアトルのChief Sealth International High Schoolにいます、竹森です。

私は兵庫県とワシントン州のプログラムで、西高から1年間シアトルに派遣されています。この西高ブログで、これから不定期で(月1回くらいでしょうか)シアトル便りを書けたらと思います。

私がいるのはChief Sealth高校です。みんなチーフ・セルスとか、セルスと呼んでいますが、本当は「スィアルス」という発音で、このあたりにいた部族の酋長の名前だそうです。ちなみに「シアトル」という街の名前もこの酋長からきているそうですよ。

アメリカでは9月からが新年度。新入生が入学してきました。

校内はこのような感じです。

全校集会もありました。体育館で学年別とスタッフにわかれてミニゲームのようなことをして、みんなで歌って踊って、とても盛り上がる集会でしたよ!

LINEで送る
Pocket