「家庭科」カテゴリーアーカイブ

まちⅣ「防災」成果発表会

12月23日(月)、まちづくり科目群Ⅳ「防災」の成果発表会が行われました。
年度当初の全体講演会で学んだことも生かし、各科、各グループに分かれて学習したこと、製作したものを全体の前で発表しました。

家庭科 「災害時の生活」
 

看護科 「災害時の看護」「避難所での看護」
 

総合福祉科 「防災生活用品の作成」「地域高齢者宅訪問」
 

電気情報システム科「電気系の防災機器の製作」「避難所の仮設電工」
 

環境建設工学科 「自然災害とまちづくり」「避難時の休憩用ベンチの制作」
 

総合デザイン科 「ピクトグラムの制作」「防災に活用できるプロダクトデザインとそれらのイラスト化」
 

まちⅣ 防災 家庭科

9月30日(月)5・6限、まちⅣ 防災(災害時の生活)の授業で、3年生を対象にみかしほ学園の先生をお招きし、「カルボナーラ・コン・フンギ」と「桃のムース」の作り方を教えていただきました。
普段、あまり作る機会がないレシピに不安を抱いていましたが、一つ一つ丁寧に教えていただきました。
☆ 詳しくはPDFデータをご覧ください。
⇒ 【家庭科特別非常勤講座】

まちⅣ 防災 家庭科

6月24日(月)まちづくり科目「防災(災害時の生活)」の授業で、名村先生による「災害時の心構」についてのお話や、「茶道実技」を教えていただきました。

初めに茶席の持ち物である帛紗・古帛紗・扇子・帛紗ばさみの説明をしていただきました。また、お辞儀の仕方、お茶のたて方、お菓子の頂き方を通して、災害時におけるコミュニケーションの大切さを教えていただきました。

☆ 詳しくはPDFデータをご覧ください。
⇒ 【家庭科特別非常勤講座】

まちⅣ 防災 家庭科

5月27日(月)5・6限、まちづくり科目「防災(災害時の生活)」の授業で3年生選択者を対象に名村先生をお招きし茶道のご指導をしていただきました。

初めに、軸の「和敬清寂」や「利休七則」について説明があり、その後、お菓子のいただき方、お茶の飲み方も教えていただきました。

☆ 詳しくはPDFデータをご覧ください。
⇒ 【家庭科特別非常勤講座】

まちⅣ 防災 家庭科

5月20日(月)、まちづくり科目「防災(災害時の生活)」の授業で、名村先生による「災害時の心構え」について、講義をしていただきました。
初めに軸の「和敬清寂」の意味や、茶道の基本の考え方である「利休七則」を説明していただきました。生徒は、茶道の教えを通じて、日頃から災害において備えをしておく大切さや、災害時でも何事にも動じない心を学びました。

☆ 詳しくはPDFデータをご覧ください。
⇒ 【まちⅣ 災害時の生活】

家庭科「特別非常勤講師」

家庭科の授業では、特別に講師をお招きし、技術やマナーなどを教えてもらう機会が多くあります。以前から紹介していましたが、3学期に入ってからもいくつか行われたので、まとめて紹介します。それぞれの詳細はPDFデータをご覧ください。

1月22日(火)の「服飾文化」では、浴衣の着付け実習が行われ、浴衣の着方やマナーの大切さを教えていただきました。
⇒ 【服飾文化 浴衣】

1月29日(火)の「家庭基礎」では、居住のテーマで、和室住居の構造についてや茶道の作法について教えていただきました。
⇒ 【家庭基礎 住居】

同日の「フードデザイン」では、バレンタイン直前ということで、チョコレートを使ったロールケーキの作り方を教えていただきました。
⇒ 【フードデザイン ロールケーキ】

2月5日(火)の「フードデザイン」では、今度は肉まんを作りました。生地の作り方から教えていただきました。
⇒ 【フードデザイン 肉まん】

まちⅣ「防災」成果発表会

12月19日(水)、まちづくり科目群Ⅳ「防災」の成果発表会が行われました。
2学期から各グループに分かれて学んだことを全体の前で発表しました。

「災害時の生活」(家庭科)
保育、調理、茶道、しめ縄飾り制作を通して、災害時のコミュニケーション能力や癒し、動じない心の大切さを学びました。

「避難所の看護」(看護科)
避難所の多言語化を考え、避難所での呼びかけを英語に翻訳し発表しました。

「災害時の看護」(看護科)
搬送する役とされる役に分かれ実際に搬送の様子を実演しました。

「防災生活用品の作成」(総合福祉科)
身近にある新聞紙や段ボールなどを使って被災時に必要なものを作成しました。

「地域高齢者宅訪問」(総合福祉科)
実際の地域の高齢者の方の家に訪問し、災害に対する意識や対策について聞いたことや、顔見知りになることで避難誘導時にスムーズにできるなど発表しました。

「仮設電工」(電気情報システム科)
実際に防災に活かすことを目的に、電気回路のしくみや作り方を学びました。

「防災機器の製作」(電気情報システム科)
ソーラー充電できる読書灯や話すコアラ人形など、避難時にあると便利な機器を製作しました。

「ハザードマップ作製」(環境建設工学科)
減災を目的に、学校周辺の水害のハザードマップを作成しました。

「ベンチ制作」(環境建設工学科)
木を選別するところからベンチを制作しました。

「子供向け工作教室」(総合デザイン科)
避難所にある生活用品を使用した工作を考えて、ボーリングや魚釣りなどを作りました。

「ピクトグラム制作」(総合デザイン科)
文字を使わず絵だけで情報を伝える、ピクトグラムを制作しました。

今回の発表会では、自分たちのグループがやったことを振り返ることで理解が深まり、また、他のグループの内容から防災に対する意識が高まったと思います。学んできたことを、いざというときに発揮できるようにしっかりと備えましょう。

まちⅣ「防災」 家庭科

11月5日(月)、まちⅣ「防災」の「災害時の生活」選択者を対象に、芳野先生をお招きして「秋の吹き寄せ素麺」の作り方を教えていただきました。
たつの市の特産品である素麺と、秋の食材であるキノコを味わいました。

☆ 詳しくはPDFデータをご覧ください。
 ⇒ 【災害時の生活】

まちⅣ 防災 家庭科

10月22日(月)、まちⅣ 防災「災害時の生活」選択者が、茶道の基本を学びました。
今回は茶席の持ち物である、帛紗、古帛紗、懐紙、黒文字、扇子の使い方を教わりました。
今回の実習では、茶道の基本である、相手を思って行動することを学びました。

☆ 詳しくはPDFデータをご覧ください。
  ⇒ 【まちⅣ 災害時の生活】