「西高 校長室から」No31(H29.10.20)

今日も冷たい雨が降り続いていますが、1,2年生は中間考査が終了しました。安堵の気持ちからか、少しテンションが高い生徒の声が廊下に響いてきました。とは言え、今日の考査終了後も2年生の一部生徒は模試(社会)を受けていますし、明日は1,2年生全員、模試です。中間考査が終わってほっとし過ぎないようにしてください。また、3年生は週明けの月曜日まで中間考査です。週明けは台風21号の接近が心配されますので、気象情報とその対応も十分確認するようにしてください。

さて、本校の先生方は中間考査中、忙しい問題作成と採点の合間をぬって、昨日、授業改善のための校内研修会をされました。

 講師は英語の上本先生、国語の山﨑先生。

すべての生徒が「分かりやすく=理解しやすく」また「より定着する=頭に残る」ようにするためには、どんな授業を展開し、どのような機器を使えばより効果的か。どうしても受験対応のための授業内容が多くなってしまうのですが、学習効果を高めるための工夫は、今後ますます重要になってきます。先生方の「指導力向上」「授業改善」への意欲には、頭の下がる思いです。                   校長  廣瀬雅樹

カテゴリー: 校長室から パーマリンク