天を仰いで 626 中秋の名月

昨晩は旧暦8月15日でした。この日の夜の月は、「中秋の名月」と呼ばれるほどに美しい。なぜ?チコちゃんに聞いてみたくなりますw。

旧暦では7,8、9月が秋。その真ん中の月が8月で、さらに真ん中の日が15日。秋は月が美しいから、秋の中の秋、もっとも秋な8月15日は間違いなく名月に違いないという思い込みです。事実かどうかはわからないし、第一、満月とは限らない、、、などと屁理屈はこねず、素直にお月見をして季節を感じたいものです。

中秋節は中国の風習が伝わったものですが、旧暦9月13日の「後の月」は日本ならではの秋の行事です。今年は10月18日。半月のようですが、できれば月見団子でも買って秋の夜長を楽しみたい。直正さんの月餅であれば、なお良し。

カテゴリー: 校長室から | 天を仰いで 626 中秋の名月 はコメントを受け付けていません。

生徒指導部通心(信)「不易」」と「流行」第15号

木曜日が祝日のため、1日早いですが、生徒指導部通心(信)です。

再々登場ドラッガー!です。

さて・・・・・・・・・・・あなたは「就職」ですか「就社」ですか?

カテゴリー: 生徒指導部から | 生徒指導部通心(信)「不易」」と「流行」第15号 はコメントを受け付けていません。

天を仰いで 625 学校案内動画

地区の高校説明会が中止となり、代わりに学校HPのURLを印刷配布すると連絡を受けました。できれ学校の説明を動画でアップしてほしいとのことです。本校HPの動画はスライドを自動再生しただけのものでした。せめて始業式のような話し手が映ったスライド動画にしたいと思い、コツコツ作っていました。。

学校紹介を兼ねてスクール・ポリシーを説明することにし、スライドはオープンハイスクールで使ったものに手を入れました。原稿を書いて記憶し、やっとこの3連休、自宅で撮影しました。何回撮り直したでしょうか。昨晩21:00前、どうにか教職員のエドモドにアップし、現在12人の「いいね」が付いています(たった?w)。

もらったフィードバックとしては表情が固い、音声が割れる、姿勢が悪い、間延びしたスライドがある、写真が少ないなどなど。。。とにかく写真を足そうと、改めて作業をしていると致命的なミスを2つも見つけました。今から撮り直すと時間がかかるので、とりあえずの暫定版としてアップします。さて、2つのミスがおわかりになるでしょうか?2問とも正解した方には何か差し上げますw

P.S. 9月24日に決定版をアップしました。音声はぐんと改善、間延びもなくなり、写真もさらに増やしました。表情と姿勢は急には治りませんがw。ユーチューバーの偉大さがまた改めてよくわかりました!

カテゴリー: 校長室から | 天を仰いで 625 学校案内動画 はコメントを受け付けていません。

天を仰いで 624 快進撃!

野球部が9月19日、G7スタジアム神戸において、県立柏原高等学校と対戦し、6ー4 で撃破!16強に勝ち残りました!素晴らしい!おめでとう!

勝ったことはもちろん嬉しいですが、自主性を重視してきたことが実を結んだことも嬉しい。先週の金曜日、突然の土砂降りの中、全員が雨に打たれながらも大きな声を出して練習していたのを思い出しました。

次は今夏、兵庫大会ベスト4 となった県立社高等学校との対戦です。相手にとって不足なし。自分たちの県高野球で全力を尽くして戦いたい!9月23日(木)明石球場、13:00。みんなで応援しよう!

カテゴリー: SAKURA PJ, 校長室から, 自主活動, 部活(運動部), 5-生徒の活動 | 天を仰いで 624 快進撃! はコメントを受け付けていません。

オンライン国際交流 with NZ(9月17日)

今日は早朝の7:00集合で40分ほどの交流を行いました。ニュージーランドの生徒はロックダウンのため、自宅からの参加です。本校の生徒は16名参加しました。最初は緊張していた生徒もアニメやゲームの話で盛り上がっていました。

カテゴリー: SAKURA PJ, 理数活動 | オンライン国際交流 with NZ(9月17日) はコメントを受け付けていません。

オンライン国際交流 with アイスランド(9月16日)

アイスランドのハムラフリズカレッジという学校の生徒を交流しました!相手は日本語学習者です。一回目は18:30~19:00[相手27名]、二回目は19:15~19:45[相手22名]と二回の授業で行いました。(時差が9時間なので、あちらは午前9時から10時くらいです)

本校の生徒はそれぞれ約10名ずつ参加しました。アイスランドの先生があちらの教室の写真を撮ってくださったので、それを載せます。個性豊かな学生たちとの交流を今後も続けたいですね!

カテゴリー: SAKURA PJ, 国際活動 | オンライン国際交流 with アイスランド(9月16日) はコメントを受け付けていません。

天を仰いで 623 体育祭への一本道

緊急事態が延長となったので、本校は体育祭を順延しました。学校によっては宣言解除を待たずにやってしまうところがあると聞きました。ただし、種目は走る競技に限り、午前中で終わるそうです。順延してもできるとは限りませんから、できると判断したときに縮小してでもやってしまうというのは賢明かもしれません。

順延か?縮小か?迷うところです。しかし、生徒会の答えは一つでした。本校は「体育大会」ではなく「 体育祭」だから、走る競技だけに縮小するぐらいなら中止するほうが良い と譲りません。それならばと、本校は順延に向けて動き出すことになりました。優柔不断な校長の尻を生徒会が蹴っ飛ばした格好ですw。

今日の6現目はまた応援合戦の練習です。グラウンドや中庭に出て練習する学級もあれば、教室でダンス?をしている学級もあります(今も校長室の天井がドンドン、ドタドタにぎやかです)。どのクラスからも笑い声が聞こえてきます。どうか10月初旬に実施できますように、と信心深くないのに神頼みしてみますw。

カテゴリー: 校長室から | 天を仰いで 623 体育祭への一本道 はコメントを受け付けていません。

生徒指導部通心(信)「不易」と「流行」第14号

あのドラッガーが再登場!です。

”予見者”ドッラッガーが言う「企業の利益とは・・・」

             「企業の社会的責任とは・・・」

”日本資本主義の父”とよばれる渋沢栄一が言う「真正の利益とは・・・」

カテゴリー: 生徒指導部から | 生徒指導部通心(信)「不易」と「流行」第14号 はコメントを受け付けていません。

天を仰いで 622 記念碑の意味

東京オリンピック2020+1が終わって一か月以上が経ちました。この間、 4度目の緊急事態やパラリンピック、首相の退陣表明等、大きなニュースが立て続いたためか、すでに遠い過去のような気がします。そんな時、確かに、思い出のよすがに何かあればなとは思いますが、まさか誰も石碑を建てようとしたりはしません。

しかし、本校には東京オリンピック1964の石碑があるんです。校門を入って右の高さ1mほどの石柱には、まごうかたなく「東京オリンピック記念樹」と彫られています。樹木のほうは枯れたようですが、石は朽ちることなく残りました。記録によると10月10日のオリンピック開会式に合わせて植樹し、本崎淹巳(ひろみ?)第6代校長が「オリンピック」と題して講話もされています。

いかに戦後復興五輪として国家事業だったとしても、東京から遠く離れた兵庫の一県立高校が記念樹を植えますか?まして石碑なんて。経費はどうしたのか?公費から捻出できるとは思えません。同窓会か篤志家の寄付によるはずです。何のためにそこまでするのか?オリンピックの記憶が生徒の心に良い影響を与えると本気で考えたからでしょう。これこそが「県高精神」なんです!

カテゴリー: 校長室から | 天を仰いで 622 記念碑の意味 はコメントを受け付けていません。

天を仰いで 621 心の花

   カ ン ナ
                 金井 直

 あれが まともに 見られるか
 みつめて いられるか
 あの かぎりない 羞恥にたえた 表情を
 追いつめられて
 もう そのほかには ないという 色の ふかさを
 みずから ひきだした心臓を みずからの手で ひきさいて
 ほら これだよ と突出したような
 いたましさを はるかに超えた 苦痛を
 ひとときは 見ることができても
 ひとたび そこから 眼を そらせば
 貧血を おこしたように めまいのするものを
 そこに 在るものは  もはや
 嘘をつこうとして ついに つききれなかった  真実の やさしさ
 四方へ 幾枚もの 舌を 出したまま
 ひっこめることの できなくなった きびしさ
 しかし
 あの したたるような 深紅にも まして
 落日に似た 悲哀が はげしく さわいでいる
 誰にも 知られない 胸の中で

職員室前の裏庭にはカンナが何株か植わっていて、毎年花が咲きます。今日、ふと見ると、雨に濡れていたので撮ってみました。

10年以上前、東京の文京区でレンタサイクルを借りて、金井直さんの家を探したことがあります。どこの駅で自転車に乗ったのか覚えていないんですが、 グーグルMapなんて便利なものはまだなかったはずです。 小石川植物園や白山神社、根津神社、東大赤門などを巡りながら、迷いに迷って結局見つけられませんでした。

御自宅にある資料館に行きたかったんです。「木琴」が中学校の教科書にも載っているので、金井直という詩人を知っている人も多いでしょう。他に「散る日」や「あじさい」、「薔薇」など、一度読んだら二度と忘れられない花の詩がいくつかあります。カンナはこの詩があるから好きな花です。

カテゴリー: 校長室から | 天を仰いで 621 心の花 はコメントを受け付けていません。