1月31日(木)2年SGH SHAKE SHACK 茶屋町店 Friends & Family Day 参加

 

1月29日にチケットが届いた2月1日に新たにオープンするSHAKE SHACK茶屋町店の招待制のFriends & Family Dayの試食イベントに行ってきました。スタッフの家族や友人、内装業者の方のご家族や友人2000人にチケットを送付され、チケット1枚につき2人まで参加できるということでした。12:00-14:30の部に3人、17:30-21:30の部に3人で参加しました。

SHAKE SHACKはそれぞれの店舗でテーマがあり、デザインが異なります。茶屋町店では、大きなプロジェクションマッピングがあり、クールな感じでした。テラスがあって開放感のある阪神梅田店とは雰囲気が違いました。12月13日の阪神梅田店訪問で対応いただいた黒沢様にもお会いすることができました。通常のSHAKE SHACK以外の活動を知ることができ、新店舗オープンに向けてどのように準備されているのか実際に感じることができ、とても貴重な体験となりました。ご招待いただき、ありがとうございました!

 

以下、生徒の報告書の抜粋です。

 

2年 男子

1/31日にSHAKE SHACK茶屋町店の試食会に参加しました。SHAKE SHACKの訪問には僕はこれで3回目です。前回の訪問はで、SHAKE SHACKは「地域との深いかかわり」や「良い仕事環境づくり」などを行っていることを学びました。これらを踏まえて茶屋町店へ訪問しました。

この訪問で2つのことを感じました。1つ目は、いろいろな点で、もてなしていることです。入ってまず目に入ったのが、壁にプロジェクターの映像が映し出されていたことです。人の動きに合わせて映像が変わるというものでとても面白いと感じました。また、注文するため並んでいる、「学校帰りですか?」など声をかけてくれたり、メニューの説明を丁寧にしてくれたので、とても快い気分になりました。

2つ目は、店員さんの働いてる雰囲気が良いところです。まず、店員さんが必ず笑顔でいることです。お客様と話すときはもちろん、テーブルを拭いたりしている店員さんも辛そうな顔をしている人はいませんでした。また、手が空いてやることのない店員さんはみられませんでした。前回の訪問で「自分から行動することを心掛けている」と教わったので、きっと手の空いた人は何かやれることをしているのだと思いました。

これらのことから、SHAKE SHACKでは、お客様にできることを考えていたり、自分たちも楽しく仕事ができる環境を作っていることがわかりました。SHAKE SHACKの背景を学んだことによって、別の角度からSHAKE SHACKをみることができました。背景を知り、別の角度から物事をみる考え方は、普段からあまり意識したことがなかったので、とてもいい経験になりました。

 

2年 女子

私はニューヨークと日本では、多少の違いがあると思っていましたが、あまり違う点はなかったように思いました。ニューヨークの日本料理店「梓」で、日本食でもアメリカ人の口に合うように濃い味付けにしていたりしていると聞いたので、それと同じように、日本ではニューヨークで食べたものよりも、味付けが少しさっぱりしていたり、大きさが小さめになっていると予想していましたが、実際食べてみると、大きさも味付けも同じでとてもおいしかったです。お肉も肉厚でした。

店員さんはとてもフレンドリーな方たちばかりで、迷っているメニューがあれば一つ一つ丁寧に説明してくださったので初めて行く人でも選びやすいと思います。茶屋町店限定のメニューや期間限定メニューなどもあったので何回行っても飽きないと思いました。

ニューヨークでのインタビューでジャクリーンさんが教えてくださったように、今回のようなイベントを開催することで、口コミなどで、新しくどこに出来て、何がおいしいなど、たくさんの情報が広まって、お店が直接宣伝するよりもより効果的で効率の良い方法だなと思いました。

関係者ばかりの招待客の中に私たちも招待して頂けてとても嬉しかったです。

 

2年 男子

1月31日、私はSHAKE SHACKの新しい支店が大阪梅田の茶屋町にできるということで、開店前日の試食会に呼んでいただきました。この試食会には、本来は従業員のご家族や、友人がたが招待されるものだそうですが、私は以前SHAKE SHACK梅田店で企業訪問をしたことで招待していただきました。

今まで、ニューヨークの第1号店を含め、三店舗しか行っていませんが、茶屋町店はその中でも特に内装にこだわっているように感じました。全体で2階建てになっていたのですが、1階と2階をつなぐ階段にセンサーで人を感知して映像を切り替えるプロジェクションマッピングを使っており、2階では、1面の壁を鏡にすることで壁による閉塞感をなくし、反対側のガラス張りと合わせて最大限に開放感を感じさせるようにする(と思われる)工夫を凝らしていました。実は、私は、「この茶屋町に新しく支店ができたことにより梅田にはSHAKE SHACKが2店舗あることで、お客さんが分散して売り上げが落ちてしまうのではないか?」と考えていました。しかし、SHAKE SHACKの梅田店はいつ見てもほとんど満員に近いような売り上げ状況にみえたので、本当の狙いはお客を2つに分けることで回転率を上げることではないのかと思いました。さらに、梅田店には「PON PON JAPON」が、茶屋町店には「茶屋町モカ」というコンクリート(アイスクリーム)の限定メニューを作ることで、片方に行ったお客ももう片方に行かせようという工夫をしていて、とても考えられた経営戦略だなと思いました。そして、実際に食べたハンバーガーもニューヨークで食べたものと同じくらい美味しく、徹底して高いクオリティを提供しているところに、ファストフードではなく、ハンバーガーレストランとしての意識の高さが感じられました。

今回の企業訪問では、前回とは違った発見が多くあって、とても興味深いものでした。今後、他の店舗にも行き、差異などを比べてみたりと更に見分を広めたいです。

 

カテゴリー: 第2学年, SGH | 1月31日(木)2年SGH SHAKE SHACK 茶屋町店 Friends & Family Day 参加 はコメントを受け付けていません。

1月31日(木)SGH課題研究成果発表会

本日は、伊丹アイフォニックホールでSGH課題研究成果発表会を行いました。1年生からは代表3グループによるプレゼン発表を4分間、質疑応答を3分間行いました。2年生からは代表3名による英語のプレゼン発表を5分間、質疑応答を5分間行いました。今回、外部講師として7名の先生方をお招きし、質疑応答に参加していただきました。

以下、2年生SGH生徒のレポートです。

 

アルカイックホールにて、成果発表会が行われました。1年生と2年生SGH生が参加し、その中から1年生から3グループ、2年生から3名(2人は共同研究)が課題研究を発表しました。

1年生の課題研究は、テーマについて、リサーチクエスチョンから考察まで、グループで協力しあいながら、プレゼン発表をし、質問に答えることができていました。

2年生の課題研究は、ニューヨークとイタリアそれぞれの問題と解決策などをすべて英語で発表しました。たくさんの人が聞いている中、落ち着いてプレゼン発表をしている様子でした。一部英語の質疑応答も焦らず丁寧に答えていました。

審査員の方々の講評では、すべての課題研究がFWにつながるテーマ設定ができていた、さらに次につながる対応をしていたという意見を頂きました。そして、この県立伊丹高等学校は、SGHによって新しい価値観を知り、様々な経験を積むことができる学校であるという言葉も頂きました。一方で、厳しい意見もありました。聞いていただく人全員が知っているわけではないので、説明不足であった、ほかの対策も考えたらよかったなどの意見でした。

最後に、グローバル人材とは、ほかの国の人に伝える力が必要であり、英語力ではないという話をしていただきました。

プレゼン発表を聞いてもらうすべての人に理解してもらうことの難しさを、このSGH課題研究成果発表会を通して知ることができたと思います。

 

最後に、外部講師としてお越しいただいた7名の先生方、またご来場いただいた地域の皆さま方に心より感謝を申し上げます。

カテゴリー: SGH | 1月31日(木)SGH課題研究成果発表会 はコメントを受け付けていません。

1月29日(火)2年SGH SHAKE SHACK 茶屋町店 Friends & Family Day ご招待

12月13日のブログでも報告させていただきましたが、本校のSGHの活動でニューヨークフィールドワークの際に訪問させていただいているSHAKE SHACKの阪神梅田店が6月1日にオープンし、12月に訪問させていただきました。今度、新たに茶屋町店が2月1日にオープンします。その前日である1月31日に招待制のFriends & Family Dayの試食イベントにご招待いただき、本日チケットが届きました!!!!!

特別なイベントにご招待いただきとても光栄です。今年度ニューヨークを訪問した生徒たちと伺い、またブログで報告させていただきます。

カテゴリー: 第2学年, SGH | 1月29日(火)2年SGH SHAKE SHACK 茶屋町店 Friends & Family Day ご招待 はコメントを受け付けていません。

1月29日(火) SGH卒業生のその後③

平成30年3月に本校を卒業したSGH1期生(70回生)に、近況と、今SGH活動を振り返ってどう感じるか、どのように活かされているかなど聞きました。

以下、卒業生が書いてくれた内容です。また、本校HPのSGHページにもアップロードする予定ですので、よろしければご覧ください。

 

東京生活

東京での生活は意外と慣れてきています。初めの頃こそ環境が変わり順応するのに精一杯でしたが、夏休みが明けたくらいから人並みの生活を送ることができるようになりました。10月頃からは自炊も始め、それまでは毎日ヨーグルトと納豆とトマトジュースだけで生活してましたが、食卓に様々な色を確認できるようになりました。ちなみに1番最初に料理したのは鍋です。ネギと鶏肉とお餅を入れて、味が薄かったので最後にキムチを400グラムくらいぶち込んだら地獄絵図みたいになったのを昨日のことのように覚えています。現在1月28日。

一人暮らしですが、よく泊まりにきてくれる人もいて寂しくありません。東京に来てから3回ほど風邪をひきましたが、まあ、そのうちひかなくなるでしょう。

勉学に関しては、なかなか苦労をしている学問もあります。特に第2外国語には苦しめられました。フランス語を選択したのですが、これがまた難しい。ついつい英語のスペルを書いてしまい、一体どれほどの点数を失ったか。そんな英語の授業も高校と比べると飽き飽きするつまらない授業です。県立伊丹の英語の方が大学よりも力になる授業をしています。誇りです。是非後輩たちにCEの大切さと面白さを伝えてあげてください。

とまあ、そんなこんなで東京での生活、友達もたくさんでき、充実した日々を過ごしております。

 

SGHを経て

SGHでの活動は大学でかなり役立っています。特にプレゼンをする際にその効果が顕著に現れています。先生方が仰っていた通り、大学ではよくプレゼンをさせられます。入学式の前の仲良くなりましょうの会みたいな催し物の時にもグループに分かれてプレゼンをさせられました。1時間くらい話し合う時間を用意されましたが、ほとんど全員プレゼンの経験がなく話が進まなかったので僕が勝手に全部作って1人でプレゼンしました。すると関西弁の力も相まってクラス8グループ中の1位になりました。大学のロゴが印字されたシャーペンを頂きました、その日に失くしてしまったのですが。正直僕のプレゼン力よりも他のグループのプレゼン力のなさ故の結果だと思います。高校生はやってなんの意味があるんだとか、受験には必要ないとか思っていると思います。僕も思ってました。けどプレゼンさせてあげてください。機会を多く作ってあげてください。気づかないうちに慣れてますし、プレゼンは回数こなせば勝手に上手くなります。SGHの活動関係なしにプレゼンはさせてあげて欲しいです。簡単なお題でいいと思うので。

SGHは勉強に関することだけでなく、人間関係にも影響を与えています。大学で仲良くなった人で、同じくSGHを経験している人がいました。その人はインドネシアとシンガポールに研修旅行に行ったそうで、本当にいい経験をしたと言っています。英語が好きで過去に3年間オーストラリアに住んでいたこともある人で、僕もオーストラリアに留学したことがあったので話が盛り上がりました。ちなみに同い年です。やっぱり大学でのプレゼンの話にもなり、全く同じ意見を持っていました。なんだか僕に似てるなぁ〜と思いつつ、すっかり意気投合して今ではほとんど毎日一緒にいます。SGHの活動は後々効いてきますね。

カテゴリー: SGH | 1月29日(火) SGH卒業生のその後③ はコメントを受け付けていません。

1月28日(月) SGH卒業生のその後②

平成30年3月に本校を卒業したSGH1期生(70回生)に、近況と、今SGH活動を振り返ってどう感じるか、どのように活かされているかなど聞きました。

以下、卒業生が書いてくれた内容です。また、本校HPのSGHページにもアップロードする予定ですので、よろしければご覧ください。

 

私は昨年4月に教育系大学に進学し、1回生の間は国語や数学、理科、体育などの教科を自分自身学び直しながら、子どもたちに教える際のポイントを少しずつではありますが、学んでいます。私は幼稚園教諭か保育士を目指しているのですが、1回生の間は主に小学校教師になるための授業で、週3時間ほど保育に関する授業を受けています。その保育の授業では児童館に行くこともあるので、実際に子どもたちと関わっていくなかでたくさんの発見があり、とても充実した時間を送ることができています。

現在、SGHの活動が役に立っていると感じるときは英語でレポートを提出しなければならないときです。県高では授業でも英語でのライティングをたくさんしましたが、SGHの活動でもさらに容量の多いレポートを英語で作成することがあったので、どういう順序で組み立てたらよいのかなどが身に付いており、今でも役に立っていると感じます。

今、高校時代のSGH活動を振り返ると本当に良い経験をさせてもらえたなと心から思います。まず1年生のときに台湾研修メンバーに選ばれ、SGHに本格的に参加することがなければ、海外や英語にすら興味を持つことはなかったと思います。台湾研修やイタリア研修に向けて、自分のビジネスアイデアを深めて、プレゼンを考えることで、自分の課題を見つける力や、課題解決に向けてどうしたら良いのかを考える力が身に付いたと思います。また現地で、言語の異なる方々に向けてプレゼンをし、自分のビジネスアイデアを伝えることで表現力も身に付いたうえに、自分の英語が伝わったときの嬉しさを知ることができました。何より、海外に行き、ホストファミリーや学校の生徒さんや先生方をはじめ、人の温かさを感じることや、外国の方と関わることの楽しさを知ることができたことは本当に良かったと思います。また、2年次のアメリカ研修に参加できなかったことも自分にとって良い経験だったと感じます。それまで受験や吹奏楽のオーディションなどで「落ちる」という経験をしたことがなく、初めて落ちたことで、自分への甘さや努力不足を痛感しました。そこから、何事も全力で取り組むことを意識するようになり、イタリア研修もより良いものを作ろうと頑張れたし、受験勉強も最後まで諦めずに頑張ることができたと思います。SGHの経験は今までの人生のなかでも1位、2位を争うくらい、自分を変えてくれた経験だと、今、とても感じています。SGHは色んな力が身につき、参加するからこそ経験できること、発見できることがたくさんあります。そんなSGHの活動に、今後もたくさんの人が参加してほしいなと思います。

カテゴリー: SGH | 1月28日(月) SGH卒業生のその後② はコメントを受け付けていません。

1月 SGH卒業生のその後①

9月に、平成30年3月に本校を卒業したSGH1期生(70回生)に、近況と、今SGH活動を振り返ってどう感じるか、どのように活かされているかなど話をしてもらいました。そのビデオが本校HPのSGHページにアップロードされたので、よろしければご覧ください。

 

カテゴリー: SGH | 1月 SGH卒業生のその後① はコメントを受け付けていません。

1月25日(金) 1年生 総合的な学習の時間

本日は、グループで作成していた研究要綱を元に、各個人で研究論文の作成に取り組みました。研究論文は個人ワークになります。進捗状況は様々ではありますが、2月8日(金)の期日に間に合うように計画を立てて書いてほしいと思います。

そして、校外成果発表会に選出された代表3グループは、1月31日(木)の発表に向けて前回の発表内容を修正しました。それぞれのグループで、前回の質疑応答で外部審査員の小沢先生よりいただいた指摘を参考に、グループで話し合いながらスライドの内容について再考しました。前回の経験をもとに、来週の1月31日(木)の校外成果発表会ではより良い発表となるように期待しています。

一方で、来月の2月11日(月)に神戸で開催される「国際問題を考える日」にポスター出展を希望した生徒についてはパワーポイントでポスターの作成に取り組んでいました。論文作成とポスター作成の同時並行で作業の負担は大きくなるかと思いますが、学校を代表する良いポスターとなるように頑張ってほしいと思います。

 

カテゴリー: 第1学年, 1-学年, 4-総合学習・学校独自の科目 | 1月25日(金) 1年生 総合的な学習の時間 はコメントを受け付けていません。

1月18日(金)1年生 総合的な学習の時間

本日は、1年SGH校内成果発表会でした。ゼミ代表16グループからポスター審査により選出された6グループがプレゼン発表を4分間、質疑応答を3分間行いました。なお、外部講師として立命館大学の小沢先生をお招きし、質疑応答に参加していただきました。前日まで何回もリハーサルに取り組んだグループもあり、とても緊張した様子で発表に臨んでいましたが、質疑応答の際はグループで相談しながらも落ち着いて答えていたように感じました。校外成果発表会へ選出されたグループは、さらによりよい発表ができるように準備をしましょう。

最後に、外部講師として遠方より来校された立命館大学の小沢先生には貴重な時間をいただきましてありがとうございました。

カテゴリー: 第1学年, 1-学年, 4-総合学習・学校独自の科目 | 1月18日(金)1年生 総合的な学習の時間 はコメントを受け付けていません。

1月10日(木)2年生 SGH

本日は、先月に受検したGPS-Academicの振り返りワークを行いました。本時の目標は、思考力UPワークを行い、批判的、協働的、創造的思考力を養成することです。

具体的には『遺伝子組み換え作物』をテーマとした内容で、異なる立場の4人の意見を読み、自分の意見は賛成か反対か、その理由は何かを個人で考えました。その後、4人グループを作って机を合わせて意見交換を行いました。最終的には、合意形成に向けて議論するにあたり、どのテーマに焦点を当てるのかを話し合い、各グループが考えた内容をクラスでシェアリングしました。

なかなか話し合いが進まないグループや活発な意見が飛び交うグループなど、状況は様々でしたが、合意形成をめざすために必要な課題を考える難しさについてグループワークを通じて全員で共有しながら学ぶことができました。今後の活動に活かしてほしいと思います。

カテゴリー: 第2学年, 1-学年, SGH | 1月10日(木)2年生 SGH はコメントを受け付けていません。

12月19日(水)2年生 SGH

本日は、2年SGH校内成果発表会でした。今回は、イタリアについての課題研究をしてきた4名(うち2人は共同研究)とニューヨークについて課題研究をしてきた3名が発表をしました。全て英語で、プレゼン発表を5分間、質疑応答を3分間行いました。なお、外部講師として国際高校よりSadie Cornforth先生、県立西宮高校よりRachelle Ramos先生をお招きし、質疑応答に参加していただきました。発表者は質疑応答の際はとても緊張した受け答えでしたが、プレゼン発表については落ち着いた様子で堂々と臨んでいるように感じました。聞き手である2年生の生徒たちも審査に参加し、1月の校外成果発表会に出る代表者の選考に関わりました。選ばれた生徒は1月に向け、さらによりよい発表ができるように準備をしてください。その他の2年SGH生も校外成果発表会ではスタッフとして会を運営します。1月31日がよい発表会となるよう、みなで協力していきましょう。

最後に、外部講師として校務多用の中、来校されたSadie Cornforth先生、Rachelle Ramos先生には貴重な時間をいただきましてありがとうございました。

カテゴリー: 第2学年, 1-学年, SGH | 12月19日(水)2年生 SGH はコメントを受け付けていません。