SSH(スーパーサイエンスハイスクール)取組

姫路西高校のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)は、理数に関する専門学科である国際理学科(各学年1クラス)の生徒を対象に高度で専門的な授業・課題研究を実施するとともに、普通科(各学年6クラス)においても、データ活用した探究活動を実施し、全校生徒がデータサイエンティストの素養を育むことを目的としています。

探究準備期間
(高校1年生)
探究実践期間
(高校2年生)
探究発展期間
(高校3年生)
「知」

育成

・データサイエンス研究

・データサイエンス探究

・新価値創造講座

・京都大学研修

・アメリカ研修

・データリサーチ研究

・データリサーチ探究

・グローバル研究

・グローバル探究

「知」

検証

「メタ認知育成講座」

生徒による独自ルーブリックの作成

ルーブリック作成から

実践へ

メタ認知力の錬成
「知」

連携

・データサイエンスの専門家による知識・技能の習得

・企業人による新価値創造講座

・英語プレゼンテーションの専門家による講義

・京都大学研修で卒業生からの学び、本校OB教授からの指導

「データ活用実践」
「情報開発実践」
「自然科学実践」
に関する各分野の大学教授や企業の専門家による指導

外部発表等による専門家からのアドバイス