No006 宝塚西高校から見える甲山(H31.4.16)

宝塚西高校体育館から見える甲山(かぶとやま)は、ちょうど兜(かぶと)を置いたような形が一番キレイに見えます。
甲山の語源には、神を祀る山→神の山→甲山となったという説があり、甲山の南側には神呪寺(かんのうじ)というお寺(甲山大師)があります。
宝塚西高校から見ると、かぶとに似ているので甲山が説明としてはわかりやすいですね。一度見てください。

カテゴリー: 学校生活, 校長室から パーマリンク