西高のひみつ【卒業記念品 番外編】

このようなものが発見されました。卒業記念品には、卒業生が学校へ送るもの、生徒会が卒業生に贈るもの、育友会(PTA)が卒業生に贈るものの三種類があります。今まで「西高のひみつ【卒業記念品編】」で取り上げてきたものは卒業生が学校に残してくれたものであったのですが、今回は育友会(PTA)から卒業生に贈られたものを取り上げてみます。

一回生から十五回生までのものがとびとびに残されていました。左側のネクタイピンは、開く方向から男性用であることがわかりますので、男子卒業生にはネクタイピン。女子卒業生にはブローチが贈られたのだろうと推測されます。また、このネクタイピンとブローチの浮き彫りは、体育館ステージの緞帳の模様と同じものです。十五回生以降はどうなったのかはわかりません。現在、卒業生がPTAからいただく記念品はこのネクタイピン・ブローチではありません。

↑一回生から十五回生のものがとびとびに残されていました。

↑表は体育館の緞帳の模様と同じ「甲山と譲り葉」が浮き彫りにされています。

裏には「第○回生卒業記念品 宝塚西高等学校育友会」と刻印されています。写真のものは、記念すべき第一回卒業生のものです。

カテゴリー: 卒業記念品 パーマリンク