村高生活290 バレー秋季大会

 11月20日(日)と23日(祝)の2日間に全但高等学校秋季体育大会バレーボール競技の部が開催されました。男女とも2つのリーグに分かれ、リーグ戦形式で対戦します。リーグはこれまでの結果によって編成され、1部リーグの下位と2部リーグの上位で入れ替えが行われます。村岡高校は男女とも1部リーグに出場しましたが、残念ながらどちらも入替戦を戦うことになりました。女子は勝利し、来季の1部リーグ残留が決まりましたが、男子は2部降格となりました。

 スポーツの試合において「絶対」という言葉はありません。みんな同じ高校生です。対戦すれば、必ずどちらかが勝者となり、もう一方が敗者となります。今の自分たちにできることを出し切ることが必要です。それからもう一つ、自分たちがどうなりたいか、何がしたいかといったビジョンを持っていることが大切です。その点では、男女ともこれからの課題と伸びしろが見えたゲームだったと思います。

 バレー部のみなさん、お疲れさまでした。年末の地区新人大会に向けて、一層の成長を期待します。

村高生活289 新トイレ 使用開始

 1学期の終わりから改修工事をしていた普通教室棟のトイレがリニューアルして今日(11月21日)から使用できるようになりました。村岡高校は、昨年のエレベーター棟増築に引き続き、トイレ改修が終わり、学校生活の環境がどんどん良くなっています。兵庫県をはじめ、工事関係者の皆さま、本当にありがとうございます。村高生全員で大切に使わせていただきます。

 少し主観が入っていますが、トイレが新しくなると学校が明るくなったような気がします。建築、中でも設計ってスゴイなーって思います。トイレ全体のサイズが大きくなったわけではありませんが、レイアウトや採光の具合でものすごく広く感じます。

 今回の改修工事でどの階にも車いす用のトイレが設置されました。

 さらに、2階の来客・職員用トイレはオスメイト対応になっています。

村高生活288 ビジョン出前講座

 11月17日(木)午後に、1年生を対象としてビジョン出前講座を実施しました。兵庫県計画課から「ひょうごビジョン2050」について、但馬県民局地域政策室協働推進課から「但馬地域ビジョン2050」について、それぞれ説明していただきました。

 休憩を挟んで後半は、グループワークを行いました。6つのグループに分かれ、それぞれにファシリテーターが一人ずつ入ってくれました。余談になりますが、ファシリテーター6人のうち2人が、本校卒業生で現在鳥取大学地域学部4回生の小林さんと井端さんでした。高校生と未来を考えるこのような場に、本校の卒業生が関わってくれていると思うと、とても嬉しく思います。

 短い時間でしたが、仲間で今の地域のこと、未来の地域のことを意見交換できました。何か結果が出たわけではありませんが、この時間を共有できたことに意味があります。

村高生活287 ふれあい育児体験Part.2

 11月16日(水)に、今年度2回目のふれあい育児体験を実施しました。1回目のときはお互いに緊張しつつ、どこかよそよそしい感じがありましたが、今回はグーっと距離が縮まった感じです。

 はじめは、スタンツ的な手品や〇×クイズで盛り上がりました。

 体育館へ移動してからは、汽車ポッポじゃんけん、しっぽとりゲームなど体を動かすアクティビティーで楽しみました。しっぽとりでは、高校生が振り回されタジタジでした。

 おわりの会で、感想を発表し、最後にプレゼント交換をしました。

 むらおかようちえんのみなさん、せんせいがた、きょうはありがとうございました。これからも、よろしくおねがいします。

村高生活286 熱気球

 15日(火)6校時が始まる時間に、物理選択の2年生が玄関前にいました。何が始まるのかと思うと、今から実験で熱気球を上げるということでした。

 熱気球の原理は、気球内部の空気が熱せられることで膨張し、一部が外部に排出され、気球内部の空気の密度が小さくなることで全体の質量が小さくなり、浮力よりも小さくなれば気球は上昇するというボイル・シャルルの法則によるものです。

 ただ、物理の理論はあくまで理想状態での話、実験はなかなかうまくいきません。気球の素材や熱量の加え方、そして当日の気温や風力など、いろいろ試行錯誤するところにおもしろさがあります。みんなで楽しみましょう。

村高生活285 アウトドアスポーツ系特集③ ラペリング挑戦

 11月14日(月)午後、今日はアウトドアスポーツ系1年生たちがラペリングに初挑戦する日です。残念ながら校長は午後から別件で学校を離れなければなりませんでした。今回は、村高教育コーディネーターさんが撮った写真を使わせてもらいます。

 ラペリングをはじめとするアウトドアスポーツは、事故があれば命にかかわることも少なくありません。学校出発に際して、とちのき村インストラクターから心構えや基礎知識を教わりました。

 バスで長楽寺へ移動、ヘルメットやハーネスなど装備を正しく着けて準備完了です。

 実際に下降する橋の近くにある坂で、ロープで自分の体をコントロールする練習をしました。

 3年生の先輩たちがビレイを務め、初めてラペリングを体験しました。

 この体験はみなさんの経験値となります。楽しかった人も、怖かった人も、ラペリングに魅了された人も、2度としたくないと思った人も、この経験が消えてなくなることはありません。村岡高校でのこのような体験が、村高生たちの未来を創るスタートとなります。

 今日、感じたこと、考えたことを大切にしましょう。

村高生活284 ふるさと教育交流会

 11月13日(日)の午後、香住区中央公民館で「第16回香美町ふるさと教育交流会」が開催されました。毎年、町内で活動している方が実践発表を行いますが、今年度は村岡高校の地域元気化プロジェクトの中の一つである食文化班が『村高食文化班の「これまで」と「これから」』というテーマで発表をしました。3年生の石井実玖さんと1年生の緒方虹美さんが発表してくれました。

 発表に引き続き、パネルディスカッションが行われ、3年生の石井さんが参加してくれました。

 多くの地域の方々が見守る中、2人で食文化班の活動をわかりやすく説明してくれ、実践発表は高評価を得ていました。ディスカッションでも自分の経験や高校生の視点での発言があり、「さすが村高生!」と称賛を受けていました。

 石井さん、緒方さん、お疲れさまでした。

村高生活283 防災避難訓練

 11月9日(水)午後3時30分、1階被服教室で火災が発生したという想定で、防災避難訓練を実施しました。手前味噌ですが、訓練に臨んだ村高生たちの意識の高さは素晴らしかったです。慌てず、私語もせず、避難誘導の指示に従ってグラウンドまでスムーズに移動しました。

 訓練では、消火器の取扱い、屋内消火栓設備取扱い、自動火災報知機設備取扱い、火災報知器取扱い、119番訓練通報、非常放送による避難誘導などの項目を生徒、職員が確認しました。ただ、今日の訓練で直接携わった人が、もしもの時に対応できるとは限りません。今日の知識や経験を全員が共有して、誰もが自分で判断して対応できるようになることが大切です。

 今日の村高生たちの姿勢を見ていると、突然の緊急事態にも冷静に対応してくれると確信しました。校内はもちろん、家庭や地域でも高校生は大きな力になります。村高生が中心となって、地域の安心と安全を守っていきましょう。