経営概要

経営概要

1 校 訓

英知 自律 友愛

2 教育方針

(1) 地域に学び、学力を高め、地域に貢献する創造的で知性豊かな人材を育てる。

(2) 学校と地域の活動の中で、自律の精神を養い、規範意識と自己統制力を育てる。

(3) 学校と地域の活動の中で、豊かな心を培い、敬愛と協調の態度を育てる。

3 学校経営の重点

(1) 重点課題

ア 地域に学び地域に貢献し、地域になくてはならない高等学校をつくる。

イ すべての教育活動の中で展開する「村高キャリア教育」を確立し、課題に対し、自分で考え、チームの中で提案し議論し行動できる生徒を育成する。

(2) 地域に学び地域に貢献する教育活動を組織的に整備し推進する。

ア 地域に学び地域に貢献する教育活動を整備し、学校全体で組織的に展開する。

イ 地域に学び地域に貢献する教育活動の中で、生徒が最大限に学ぶことのできる体制を整え、ふるさとの発展に貢献する人材を育成する。

ウ 地域に学び地域に貢献する教育活動の情報を積極的に発信し、地域の中の本校の存在感を高める。

エ 地域創造類型の教育内容を、大学及び地域社会等と連携し、地域に学び地域に貢献する教育活動を牽引するものとして整備し展開する。

(3) すべての教育活動の中で展開する「村高キャリア教育」を確立し、課題に対し自分で考え、チームの中で提案し行動できる生徒を育成する。

ア 故郷に育った自己認識と故郷に貢献する人としての進路意識を形成させ、自分の進路を確かなものにする「村高キャリア教育」を整備し展開する。

イ 生徒に考えさせ、自分の考えをまとめて発表し議論する活動をすべての教育活動の中で展開する。

ウ 基礎的・基本的な知識を定着させ、高度知識社会で求められる基礎学力を身に付けさせる。

エ 規律ある学校生活を通して、自他を尊重し、自分を社会の中で生かす規範意識やモラルを身につけさせる。

オ 生徒の多様な進路希望を確実にするために、必要な基礎能力を身に付けさせる。そのために必要な教育課程を整備し、組織的な指導を実践する。

(4) 地域に学び地域に貢献する生徒を育てる高等学校の教職員としての使命感と高い倫理観を保ち、豊かな人間性に基づいた教育を実践する。

ア 課題に対し、自分で考え、チームの中で提案し議論し行動できる生徒を育成するために、「教え、諭し、自分の考えを持たせ、育てる」実践力を高める。

イ 教職員個々の役割と責任を明確し、情報を共有し、共通理解と報告・連絡・相談により組織的な取組を実践して、学校全体の指導力を高める。

ウ 教職員同士が励まし支え合い、互いに意欲を持って指導力を高め合う、働きがいのある職場づくりをする。

4 教科指導及び生徒指導(特別活動を含む)等の重点

(1) 教科指導

ア 基本方針
(ア) 基礎的・基本的な学力の向上に努める。
(イ) 個に応じた学習指導の充実を図り、自ら学び自ら考える力を育てる。
(ウ) 能力・適性・進路に応じた多様な教育課程を通じて個性の伸長を図る。

イ 重点目標
(ア) わかる授業への工夫を図り、教育の質を高める。
(イ) 生徒一人一人の多様な価値観を尊重し、各自の自己実現のための学力の向上を図る。
(ウ) 基礎的・基本的な、確かな学力の定着を図る。
(エ) 地域に開かれた学舎として信頼される教育実践と地域との連帯を図る。
(オ) 学校設定教科「地域探求」の教育課程の研究に努める。
(カ) 新学習指導要領に基づく教育課程の研究に努める。

ウ 実践事項
(ア) シラバス等の活用により指導力の向上を図るとともに、学習目標の設定を明確にする。
(イ) 類型に応じた学習の充実を図り、少人数学習・習熟度学習により各自の深度に応じた学習形態の工夫を図る。
(ウ) 「総合的な学習の時間」や各教科等、いろいろな機会を捉えて「学び直し」を行い、「ことばの力」の活用によって、確かな表現力を身につけさせる。
(エ) 地域から「見える学校」を目指し、オープンハイスクール、オープンスクール等での公開授業等の計画・実施を行なう。
(オ) 「地域創造類型」を軸とした、地域との連帯を深める教育課程の編集を行う。
(カ) 新学習指導要領に基づく教育課程の編集を行う。

(2) 生徒指導

ア 基本方針
(ア) 生命を尊ぶ精神を生徒指導の基本に据え、対話を重視した生徒指導を進める。
(イ) 自発性・自主性・自律性を培い、存在感や成就感を体得する指導を進める。
(ウ) 生徒指導体制を整え、問題行動の早期発見に努める。
(エ) 教育相談委員会と協力して教育相談活動を充実させ、生徒の人格的成長を援助する。
(オ) 保護者、地域社会、関係諸機関との連携協力を深める。

イ 重点目標
(ア) 生徒が積極的に参加する行事を効果的に実施し、明るく、活力に満ちた学校生活の実現を目指す。
(イ) ホームルーム活動、生徒会活動の充実を図る。
(ウ) 諸規則を遵守することを通して、けじめのある生活態度を育成する。
(エ) 個人面談等を積極的に行い、生徒理解に努める。
(オ) 「PTA・学校・生徒会」の3者間の話し合い等の充実を図る。

ウ 実践事項
(ア) ホームルーム
a ホームルーム委員会を定例化し、生徒の自主的な活動を活性化する。
b リーダー研修会の実施により、ホームルーム活動の活性化を図る。
c 班討議等を積極的に取り入れる。
(イ) 生徒会活動
a 学年及びホームルーム活動との連携を密にして、学校生活の充実を目指す。
b 日常活動を重視し、各種委員会活動を活発にして、学校生活の改善に努める。
c 学校行事や福祉体験活動、地域行事・ボランティア活動などのふるさとの活動への参加を通じて、地域における集団の一員としての自覚を高め、校風の創造への意欲や社会人としての実践力を育てる。
(ウ) 部活動
a 学習との両立を目指した部活動を推進する。
b 厳しさと規律のある活動を通して、各部の活性化を図る。
c 第1学年を部活動に全員加入させ、各部の活性化を図る。
(エ) 基本的生活習慣の確立
a あいさつ運動を生徒会とともに積極的に取組む。
b 「ユニフォームを正しく着用しよう」を基本に服装・頭髪を整える指導を行う。
c 携帯電話のマナー指導を徹底する。
(オ) その他
a 香美町が推進するあいさつ運動を生徒会とともに積極的に取り組む。
b 教職員の生徒指導についての研修会等を開催して共通理解を図る。
c 保護者・地域との連携の強化を図る。
(カ) 研究課題
a 生徒会・各種委員会の日常的活動の推進。
b 実効性のある反省指導の検討。
c 全校で取り組む個人面談方法の検討。

(3) 進路指導

ア 基本方針
全校的な協力体制のもとに「村高キャリア教育」を展開し、本校教育活動の全領域を通して、生徒一人一人が自らの力で進路決定を行うのに必要な能力・態度を育成する。

イ 重点目標
(ア) 学年別に綿密な進路指導の年間計画を立て、入学時から3年間を見通した、系統統的な進路指導を確立する。
(イ) 的確な進路情報を提供し、生徒自身が主体的に自己の進路や生き方を選択する能力を育成する。
(ウ) 基礎学力の定着とともに、進路希望に応じた学力の向上を図る。
(エ) 進路相談を実施し、進路決定における課題に積極的に取り組むよう支援する。

ウ 実践事項
(ア) 職業体験・学校見学等の具体的体験を通して、学ぶこと・働くことへの意欲を高め、社会人としての意識を醸成する。
(イ) 進路講演会・説明会を実施し、主体的な進路選択を可能にする具体的情報の提供供に努める。
(ウ) 各種の模試、補習を実施し、学力の向上を目指す。
(エ) 各学年と連携して進路希望調査を定期的に実施し、進路に応じた学習・相談の充実を図る。

(4) 人権教育

ア 基本的人権尊重の精神を高め、差別を許さない教育を推進する。

イ 職員研修を充実させ、教職員の共通理解に基づいた人権教育を推進する。

ウ 各教科の関係分野で確かな知識を習得させるとともに、ホームルーム活動を通じて人間として望ましい生き方や人間関係づくりを考えさせる。

エ 関係諸機関との連携を密にして、教育活動の全領域で人権意識を高める。

オ 保護者と連携し、学習や進路、学校生活等についての教育相談や個別指導を継続的におこなう。

(5) 国際理解教育

ア 国際社会に生きる日本人としての自覚を持たせるとともに、国際社会において互いに信頼し、尊重しあう、こころ豊かな生徒を育成する。

イ 自国の文化や伝統を大切にするとともに、他国の歴史や文化についての理解を深めさせる。

ウ 外国人との意思疎通が図れるように、ALTやインターネットを活用し、コミュニケーション能力を養う指導を充実させる。

(6) 図書館教育

ア 基本方針
(ア) 図書館活用の推進
(イ) 図書館教育の推進

イ 重点目標
(ア) 学習センターとしての機能の充実
(イ) 読書習慣の定着化

ウ 実践事項
(ア) 学習センターとしての機能に応えられるように、図書資料の充分な収集を図る。
(イ) インターネット検索など図書館の機能を充実させる。
(ウ) 授業での図書館利用を活発にするために、各教科との連携を図る。
(エ) 自主的、計画的に読書ができるよう適切な図書資料を提供し、読書習慣の定着化を図る。
(オ) 生徒の図書委員会活動の活発化を図る。

5  健康管理に関する指導の重点

(1) 心身の調和と健康づくりの推進

ア 平素から生徒の心身の健康観察に努めるなど、養護教諭を中心に生徒の保健管理を充実する。また、家庭、学校医及びキャンパスカウンセラー等と連携し、病気の治療・予防について適切な保健指導並びに心身についての相談活動を充実させる。

イ 健康診断の結果をもとに、治療を要する者に対して事後指導の徹底を図るなど、早期治療に努めさせる。

(2) 安全教育の徹底

ア 交通安全の推進や、自然災害に対応した避難訓練を通じて、生徒の安全教育の徹底を図る。

イ 万一の事故に備え、救急体制を全職員に徹底し、心肺蘇生法(AED)をはじめとする緊急処置の訓練を実施する。

ウ 関係諸機関との連携による学校安全体制の強化・充実を図る。

(3) 保健・美化活動の促進

ア 生徒の保健美化委員会活動を定例化し、活動を活発化する。

イ 全生徒・職員による清掃・美化活動を徹底し、教育環境の整備を図る。

6  研究テーマ

(1) 次の研究テーマに重点的に取組み、「村高キャリア教育」として整備していく。

ア 地域・行政機関・大学・中学校・小学校等と連携した教育活動を,学校全体で組織的に展開する手法を研究する。(魅力あるひょうごの高校づくり推進事業~インスパイア・ハイスクール、高等学校「ことばの力」充実事業)
(ア) 大学及び地域社会等と連携した、学校設定科目「地域探求」の教育内容の整備と広報。
(イ) 学校全体で組織的に展開するための「総合的な学習の時間」の方法。
(ウ) 生徒たちが自分たちの活動を、自分たちで考え提案し実行しまとめて報告し、地域に発信する方法。
(エ) 地域貢献活動や中学校・小学校等と連携した教育活動等を通して、自他を尊重し、自分を理解してもらうために必要な規範意識やモラルを身につけさせる指導方法。

イ 大学進学から就職に及ぶ、生徒の多岐にわたる進路希望を確実に叶えるために必要な基礎能力を身に付けさせる教育課程と組織的な指導方法を研究する。(ひょうご学力向上推進プロジェクト)

(2) 1学年2クラスを確保していくために必要な具体的な方策を、兵庫県教育委員会、香美町教育委員会、地域の中学校、関係機関等と連携をして検討する。

7 「平成24年度高校教育課関係事業」で実施する内容

(1) 「高校生地域貢献事業」

ア 「合同芸術祭」の対象を従来の地域・高校・中学校(近隣)から連携中学校・小学校に拡大し、地域の伝統芸能の披露、それぞれの文化活動を発表する総合文化祭として開催し、文化活動の向上を図るとともに連携の確立を目指す。

イ 「ボランタリー村高」の実施により、地域社会に貢献する。
(ア) 過疎化、高齢化が進む当地域で、独居老人や老人福祉施設を訪問し、除草作業や手作りの品をプレゼントするなど地域の人々と交流を図る。
(イ) ボランティア活動を通じて、高齢者や障害を持つ人々の心を理解するとともにボランティア活動を積極的に取り組むことにより、地域社会への貢献と地域の実態を知る。

ウ 「海の日親子ボランティア」の実施により、親子の信頼関係を深める。
(ア)PTAと連携し、海の日の休日を利用して校区内各地域の福祉・公共施設等の清掃活動を親子で取り組み、信頼関係や公共施設の重要さを知る。

エ 「村高除雪隊」の実施により、地域社会の一員であることを理解する。
(ア) 県下有数の豪雪地帯であり、高齢化も進み除雪作業が困難であるので、運動部部員やボランティアにより、除雪が必要な近隣の公共施設等の除雪に取り組み、地域社会に貢献する。

オ 「湯舟川コンサート」の実施により、日頃の成果を発表するとともに、地域の人々に活動内容を理解していただく。
(ア) 本校吹奏楽部の演奏と村岡中学校吹奏楽部との合同演奏会を開催し、日頃の活動の成果を発表するとともに、地域の方々に楽しんでいただき、活動内容を理解していただく。

カ 「出前コンサート」の実施により、地域の人々との交流を図る。
(ア) 香美町村岡区及び小代区で開催される様々なイベントに本校吹奏楽部の生徒が出演し演奏を行い、地域の方々に楽しんでいただく。

(2) 「地域に開かれた学校づくり」

ア 「オープン・ハイスクール」の実施により中学生及び保護者に本校の学校生活を紹介する。中学生には体験授業、高校生との交流、部活動見学、また吹奏楽部の演奏を鑑賞することで高校生活を体験させ、進路選択に資する。

イ 「兵庫の教育推進月間」にあわせて「オープン・スクール」を実施し、教育活動を広く公開することにより、学校教育に対する地域の理解と関心を高める。

(3) 「高校生就業体験事業」

ア 「1学年進路ガイダンス」

イ 「2学年進路ガイダンス」

ウ 「3学年進路ガイダンス」

エ 「1・2・3学年ふれあい看護体験」

オ 「3学年事業所見学」

カ 「ふれあい育児体験」

キ 「1・2学年但馬地区高校内企業説明会」

上記による進路に関する学習や見学、体験を通じて、自己理解を図るとともに、正しい職業観や勤労意識を身につけさせる。

(4) 「高校生心のサポートシステム」

ア 「キャンパスカウンセラー」
種々な心の悩みを持つ生徒に適切に対処し、充実した高校生活が送れるよう、教育相談を行うとともに、心の健康教育の推進、カウンセリングに関する研修等を実施する。

(5) 「インスパイア・ハイスクール」事業

ア 小規模校活性化支援協議会の開催
地域の有識者で構成した「村岡高校活性化支援協議会」を開催し、本校の課題並びに活性化策について協議する。

イ 村高フォーラムの開催
地域の方々の意見を幅広く聞く場を設け、村岡高校はもとより地域もともに活性化する方策についての討論会を行う。

ウ 小・中・高連携事業の推進
(ア) 部活動連携の実施
近隣の中学校と本校とで合同の部活動を実施する。また、専門指導者を招いて技術指導を受ける機会を設ける。
(イ) 授業交流、教員交流の実施、研究
中学校、高等学校で互いに授業公開したり、教員交流を深めたりすることにより、連携した授業の進め方を研究する。
(ウ) 小学校へのALT派遣
小学校の外国語活動へ英語科教諭とALTを派遣し、発達段階を考慮した効果的な英語学習指導方法について研究する。

エ 地域との連携事業の推進
(ア) 公開講座(地域探求)を開催し、地元講師・大学講師を招いて、地域の人・自然・歴史について探求していく。
(イ) 挨拶運動の実施
香美町の教育基本計画(素案)に基づく「挨拶運動」に積極的に参加し、小、中、高校生と地域住民が一体となった取組を進める。
(ウ) 教育講演会の実施
本校生、地域住民、小中学生が広く参加できる教育講演会を実施し、身近な問題についての共通理解を図る。

オ 「地域住民意識調査」の実施により、地域住民の本校に対する意識を把握する。

カ 学校広報用パンフレット等の作成により、広く学校の諸活動を紹介する。

(6) 「高校学力向上推進プロジェクト」事業

ア 4グレードによる個に応じた指導の実施
1学年を4グレードに分け、少人数による多様な学習形態の授業を展開し、その方法と内容、評価のあり方を検討する。

イ 「地域探求」による伝える力の育成
学校設定科目「地域探求」において、講義-調査-まとめ-発表の学習過程を導入し、その効果を検証する。また、大学と連携して最先端の知や方法論などを学び、自らの学ぶ意欲につなげる機会とする。

(7) 高等学校「ことばの力」充実事業

ア 国語科において
紙上ディベートを通して、伝える相手を意識して論理を展開する方法を身につけさせる。

イ 英語科において
日本語の英語への変換技術を身につけさせるとともに、ALTの指導のもと、英語の表現技術、発表方法を体得させる。

ウ 総合的な学習の時間において
「スピーチ」の講座を開設し、人前での的確な話し方や表現方法を体験させる。

エ ホームルームにおいて
定期的にディベートや話し合いを実施して、立論や反論の方法、表現技法を身につけさせる。