2019年 7月 の投稿一覧

オープン・ザ・研究室

小中学生が高校生と一緒に科学の楽しさに触れてもらおうという事業「オープン・ザ・研究室」が開催されました。

自然科学部地学班と物理班が準備して当日も司会進行し、パックテストによる水質検査や、針金でアメンボを作って表面張力の働きを観察したり、自然科学部の生徒たちと一緒に楽しく実験しました。

科学のおもしろさに触れ、それを大いに楽しむ高校生と交流することで、少しでも科学に興味を持っていただけたらうれしいです。

前年度生徒会長公約達成

前生徒会長沼田君の公約が実現し、トイレのドアがのれんに変わりました。

従来のトイレのドアは木製の扉が両側に開くタイプのもので、開いた後は勢いよく元に戻るため。ぶつかりそうになることがしばしばありました。その危険を指摘し、ドアをのれんに改修するというのが沼田君が生徒会長に立候補した時の公約でもありました。

今回PTAの方々の協力で公約を達成、12ヵ所のトイレのドアがのれんになりました。

改修前

改修後

全校集会・表彰伝達・壮行会

夏季休業前の全校集会が行われました。

校長講話につづき、たくさんの表彰伝達が行われました。また、近畿大会、全国大会に出場する部活動の壮行会が行われ、応援団からエールをもらい、代表者が決意表明しました。全校生徒からの応援を力に頑張って来てくれることを願います。

   

第3回国境なき土産話

海外留学を経験した生徒がその体験を報告する「国境なき土産話」の第3回が開催されました。

今回は、海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN」を使ってアメリカのボストンに短期留学した生徒と中学校時代のALTの先生にお世話していただきアイオア州のご自宅にホームステイした生徒が報告してくれました。

令和元年度 芸術鑑賞会

7/12(金)、令和元年度芸術鑑賞会が市民会館にて行われました。

今年度はミュージカル「ジパング青春記」を鑑賞しました。

1611年(慶長16年)慶長の大地震・津波に襲われた三陸を舞台に、伊達正宗の歴史的プロジェクトとして、わずか2年で500トンの黒船を建造し、海外へ出帆した慶長遣欧使節団の物語です。困難を乗り越え復興をめざし、夢を求めて海原へ飛び出す主人公に思いを寄せ、迫力ある演技と音楽に感動しました。

公演後は生徒会長がお礼のあいさつをし、劇団のみなさんから色紙をいただきました。