研修⑥自主研修その2

自主研修その2(゚∀゚)

語り部さんや先生方から聞いた話を自分たちの言葉でまとめて発表しました。

今回の活動を振り返り、思いを共有する良い時間となりました。

「防災とは必ずただいまを言うこと」

多くの班ででてきた言葉です。

宮城県での研修は明日までとなりますが、家に着くまで油断は禁物。

何気ない日常生活の有り難み、家族、友人の大切さなど深く感じる1日となりました。

さあ、明日は最終日。1つでも多くのことを吸収し、活動に参加した全員が1つ上の自分になれることを期待しています。

研修⑥自主研修 その1

夕食を終え、自主研修を行っています。この2日間で感じたこと、思ったことをそれぞれ付箋紙に書き出し、グループワークを行っています。

今回のルールはただ1つ。

人の意見を否定しないこと。

いろんな意見が飛び交う中、リーダーをはじめ、グループ全員が協力して模造紙をまとめています。

完成までもう少し!!

研修④

夕方はあおい団地の方たちとヨガをしました。一生懸命練習してきた成果か、みなさん楽しみながら真剣に取り組んでくださいました。 

ヨガの後は茶話会をしました。地元のことや昨年の東北支援の時のことなど、たくさんお話ができました。

会の終わりに義援金を贈呈しました。宝塚で受け取ったみなさんの思いをしっかり届けました。

研修③

昼食後、大川小学校に訪問しました。語り部の高橋さんに、大川地区とはどんな場所だったのか、被災前の大川小学校のこと、当時の避難所の様子、現地を見ながら様々なことを教えていただきました。

いつ、どこで、どんな災害に見舞われるかわからないので、自分の生活圏の安全性を改めて考える必要性を感じました。