オープンハイスクール

8月22日、23日にオープンハイスクールが行われました。

今年は昨年より多くの中学生や保護者の方々、先生方にお越しいただき、本校の教育方針やカリキュラム、授業内容についてなどの説明をさせていただきました。中学生の皆さんには体験授業や部活動見学など様々な体験をしていただきました。

進路指導に関しては、昨年度の進路結果をふまえ、国公立大学をめざし、合格できる生徒が増えてきたという話や、「夢を体感」とはどういうことなのかを具体例を挙げて説明させていただきました。

本校の教育方針は、教訓「自主・強調・創造」のもと、自ら未来を切り開き、たくましく生きる心豊かで自立した生徒を育てる、というものです。

中学生の皆さん、ぜひ夢を持ち続けてください。そして、東灘高校に入学した際には、本校職員一丸となって、生徒の皆さんの夢をかなえるために全力でサポートしていきます。

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深江 納涼夏まつり お手伝い

8月19日(土)ボランティア同好会5名と、ひがだねメンバー2名は、深江見附公園で、夏祭りのお手伝い(かき氷)をしてきました。これからも地域の方々へ、東灘生の力をどんどん役立てていきます。

※ 「ひがだねメンバー」とは

何か部活動に入っていて、もしくは入っていなくても、希望のボランティア活動があれば、参加できる人です。

       

 

 

 

自然科学部 7月29日 本山南中学校との神戸層群の合同調査

2017年7月29日に本山南中学校の理科部の教員2名や生徒16名とともに、神戸層群の合同調査を行いました。

今回の調査の目的は、神戸層群の化石調査とともに、これまで発見した露頭の中から、最も化石広場に適する場所を選定し、その場所の広さの計測や周辺環境の記録です。

自然科学部の生徒は場所の計測やスケッチを行いました。
中学生は化石の発掘を行い、巨大な倒木の化石や新たに複数の化石を発見することもできました。

当日は、真夏の日差しでしたが、事前に熱中症の予防や対策をしっかり伝えていたこともあり、熱中症になる生徒はおらず安心しました。

今日の内容を報告書にまとめ、土地管理者に提出する予定です。

今後ともよろしくお願いします。

 

 

自然科学部 須磨離宮公園の「第16回 神戸の植物化石展」へ出展

2017年8月1日~15日の15日間、須磨離宮公園で開催された「第16回 神戸の植物化石展」に出展しました。
神戸の植物化石を考える会の方々が中心となって、毎年8月の上旬に須磨離宮公園で開催されている「第16回 神戸の植物化石展」へ、2016年度から自然科学部も出展させていただいています。

8月11日と13日は、自然科学部の部員も参加して、来客対応を行いました。

また、神戸の植物化石を考える会のベテランの先生方に、化石の見分け方や展示の方法などを直接、教えていただくことができました。

今後の活動に役立てたいと思います。

神戸の植物化石の皆さま、来客者の皆さま、本当にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

2年生芸術科書道Ⅱ 競書大会(隷書『乙瑛碑』編)

2年生芸術科書道Ⅱの授業では2回目となる競書大会を実施しました。今回の課題は中国後漢時代の作品『乙瑛碑』(153年)からの10文字です。手本は、双鉤填墨(そうこうてんぼく)という技法を用い、各自で作りました。この手本を元に、毎時間練習に取り組む皆の姿は真剣そのものでした。※双鉤填墨(=作品に紙を敷いて写し取った文字の輪郭を墨で塗りつぶすこと。作成の際、文字の細部までじっくり観察することができます)

画像左は、双鉤填墨によって作成された手本です。

画像右は予選通過作品です。選考は授業担当者が行いました。

 

本選は、2年生自身による投票制です。

厳正なる投票のもと、本選上位作品が決定しました(3位が2人のため、今回は上位4作品となっております)。

上位入賞おめでとうございます。

上位4作品は書道教室前にて展示中です。