1学期終業式を行いました。

7月20日(水)、1学期終業式を行いました。

校長先生からは、年度初めにお話された「挨拶をしっかり行える人になる、挨拶あふれる明るい学校を作っていく」ということをしっかり実践できている人が多く、嬉しいというお話がまずありました。挨拶は、心を開いて相手に近づくことになり、挨拶の尊さについてお話されました。また、連日その活躍が報道されている大谷翔平選手のお話もされました。大谷選手がゴミを拾うエピソードを引用され、大谷選手はゴミを拾うという小さなことに対しても、その瞬間を問われていると感じ、小さなことも丁寧に継続することが、大谷選手の活躍や記録を形づくっているのではないかと問いかけられました。また、プロは何か一つのことを懸命に成し遂げる際にも、そのことだけに執心するのではなく、他に支えているものがたくさんあり、高みへと到達しているのではないかとお話され、どのような夏休みを過ごすかについて考える機会となりました。

続く表彰披露では、のべ18名の生徒が表彰されました。放送委員会、男子バスケットボール部、ボランティア部、女子ハンドボール部、男子ハンドボール部、空手道部、写真部の活躍が披露されました。18名のみなさん、おめでとうございます。夏季休業中もそれぞれの活動において、研鑽を積んでください。北高生のますますの活躍を楽しみにしています。

最後になりましたが、保護者のみなさま、1学期の学校生活におきましては、多大なるご理解、ご協力、ご支援を賜り、厚くお礼申し上げます。おかげで、1学期を無事終了することができました。夏季休業中におきましても、お子様の活動や経験、成長に寄与できますよう、職員一同、努力していきたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。蒸し暑い日が続いておりますが、どうぞご自愛ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

文責:総務部

カテゴリー: 地域の皆さまへ, 学校行事, 本校保護者の皆さまへ, 総務部, 総合学科21期生, 総合学科22期生, 総合学科23期生 パーマリンク