公開講座「2019年ノーベル物理学賞の解説(一般向け)」

今年度のノーベル賞が発表され、化学賞では吉野彰さんが受賞し、物理学賞は宇宙に関する2つの研究「宇宙論における理論物理学上の発見」「太陽系外の恒星を周回する惑星の発見」が受賞しました。
このたび伊丹北高校で、物理学賞の受賞対象となった研究内容について、高校生と地域のみなさまに解説する公開講座を開きます。みなさまの参加をお待ちしています。

日時:2019年11月12日(火)17:00 ~18:00
場所:兵庫県立伊丹北高校 講義棟
講師:伊丹北高校 元教諭(物理) 村川 力三 先生 (本校2回生)

事前申し込みは不要、無料です。当日直接伊丹北高校の講義棟受付にお越しください。

文責 公開講座担当

カテゴリー: お知らせ、その他, 中学生の皆さまへ, 卒業生の皆さまへ, 地域の皆さまへ, 本校保護者の皆さまへ, 総合学科18期生, 総合学科19期生, 総合学科20期生 | タグ: , , | 公開講座「2019年ノーベル物理学賞の解説(一般向け)」 はコメントを受け付けていません。

体育大会が行われました。

 

令和元年初の「体育大会」が10月3日(木)行われました。
この日は台風接近による天候悪化が予想されたため、「行進」「背渡りジョーズ」「綱引き3回戦」などをカットした、ショートプログラムを組んでの決行でした。

また、今年度は種目変更があり、「女子400mリレー→300mリレー」「男子800m走→200m走」としました。スタート位置の変更なども行いましたが、生徒の皆さんはいかがでしたか。そして、昨年度も天候のため、部行進、部対抗リレーがカットされたため、今年度は行えるようにショートプログラムを組みました。
開会式後、本校の創立時に考案された「北高体操」を皮切りに様々なプログラムが行われました。

毎年、生徒も先生も熱を帯びている綱引き。綱引きは2回戦までとなってしまいましたが、どの対戦も盛り上がっていました。どうですか?この先生方の応援の熱の入り方。

棒引きは、どの年次も白熱し、棒と一緒に引きずられても棒を離さず食らいついて頑張っていました。並んでいる6本のうち3本を先取するのを競いますが、見方を変えると、どの3本を捨てるかが勝負の分かれ目とも言えますね。

昨年できなかった部行進。今年は何とか実施できました。どうですか?この堂々たる行進ぶり。

ユニフォームや道着での部対抗リレーです。文化部・マネージャー・合同チームなどの参加もあり、見ている方もとても楽しい気持ちになります。

リレーには先生方も参加された種目があり、老若男女問わず本気で走っていました。次の日が心配です。

雨の心配があり、表彰式は体育館で行いました。結果は以下の通りです。
大会運営を支えた生徒会、部活動、保護者の皆様、良い一日をありがとうございました。

《体育大会結果》

総合優勝 3-3  総合準優勝2-1  総合3位3-1

1年次 1位 1-5  2位 1-3  3位 1-1

2年次 1位 2-1  2位 2-3  3位 2-6

3年次 1位 3-3  2位 3-1  3位 3-6

文責:体育大会担当者

カテゴリー: お知らせ、その他, 中学生の皆さまへ, 卒業生の皆さまへ, 地域の皆さまへ, 学校行事, 本校保護者の皆さまへ, 総務部, 総合学科18期生, 総合学科19期生, 総合学科20期生, 部活動 | 体育大会が行われました。 はコメントを受け付けていません。

ボランティア部が、赤い羽根共同募金の街頭活動をしました。

10月5日(土)、ボランティア部が、「赤い羽根共同募金運動」の街頭活動に参加しました。バルーンボランティアグループ「ビスケット」さんとご一緒させていただき、JR伊丹駅そばで、ご協力をお願いする呼びかけを行い、たくさんの方に募金のご協力をいただきました。小さな子どもさんには、風船をお渡しし、嬉しそうに手を振ってもらい、とても温かな気持ちになりました。

募金にご協力くださった地域の皆様、励ましのお声掛けをくださった方々、ありがとうございました。

               文責:ボランティア部顧問

 

カテゴリー: 地域の皆さまへ, 未分類, 本校保護者の皆さまへ, 部活動 | ボランティア部が、赤い羽根共同募金の街頭活動をしました。 はコメントを受け付けていません。

「子どもの発達と保育」でふれあい育児体験を行いました。

10月7日(月)、長尾保育所で、「子どもの発達と保育」受講生徒が、ふれあい育児体験を行いました。

2歳児、3歳児、4歳児、5歳児クラスにそれぞれ入らせていただき、一緒にお庭で遊んだり、歌ったり、発表会の練習の様子を見せていただいたりしました。

日頃、机上で学習している保育について、実践的に学ぶことができました。保育士のみなさんのご対応を拝見し、自分たちの課題についても気づくことができました。

そして、何より、輝く笑顔で、「お姉ちゃん!」、「こんにちは」など声をかけてくれた子どもさんたちとふれあうことができ、楽しく実践的な学習になりました。

長尾保育所の保育士のみなさん、2歳児、3歳児、4歳児、5歳児クラスのみなさん、本当にありがとうございました。

さらに、保育の学習を深め、12月の「ミニクリスマス会」でご一緒できるのを楽しみにしています。

                                             文責:「子どもの発達と保育」授業担当

カテゴリー: 地域の皆さまへ, 授業, 未分類, 本校保護者の皆さまへ, 総合学科18期生, 総合学科19期生 | 「子どもの発達と保育」でふれあい育児体験を行いました。 はコメントを受け付けていません。

「家庭基礎」でホームプロジェクトの発表会を実施しました。

1年次「家庭基礎」の授業で、夏休みに課題として取り組んだ「ホームプロジェクト」の発表会を実施しました。

ホームプロジェクトとは、家庭科での学びを通して、生活の中で課題を見つけ、それを解決するために計画を立て、実践し、反省・評価を行い、結果を周囲に発信したり、共有しながら、次の課題に発展させていく学習です。

生徒のみなさんは、明確なテーマを設定し、計画的、具体的に実践することができていました。衣食住、防災、保育、環境、伝統文化など多岐にわたるテーマの発表があり、発表会は大きな拍手で包まれていました。家族や周囲の人のために実践している人も多く、温かな気持ちにもさせていただきました。

このように生活の課題を解決、改善しながら、自らの生活能力を高め、ひとりの大人として自立していって欲しいと願っています。

 

                     文責:「家庭基礎」授業担当

カテゴリー: 授業, 本校保護者の皆さまへ, 総合学科20期生 | 「家庭基礎」でホームプロジェクトの発表会を実施しました。 はコメントを受け付けていません。