3学期始業式を放送にて行いました。

1月8日(金)、3学期始業式を放送にて行いました。

校長先生から、まず新型コロナウイルス感染症に関して、マスク着用・手洗い・換気についての注意がありました。阪神淡路大震災に関して、昨年末の神戸ルミナリエは中止となりましたが、昆陽池公園の追悼式典には本校は参加予定であり、人類の英知は私たちの幸せのためにあり、減災に向けてできることはたくさんあると述べられました。また、夢のお話をしていただきました。ノーベル物理学賞を受賞された小柴昌俊博士は、夢の卵を常に3つか4つ自分の中で温めておき、チャンスが訪れた時、それをつかむことができるよう準備をしておくそうです。また、ノーベル化学賞を受賞された白川英樹博士は、偶然から上手くものを見つけ出す能力である「セレンディピティ」について語っておられるそうです。高本校長先生は、お二人の博士のお話から、日々の学習を通じてセレンディピティのもととなる基礎的な考えを身につけ、今年は夢への実現に向けて地道に努力を続ける年にしましょう、と述べられました。最後に、3年次生に対して、一日一日を大切に過ごすこと、2年次生に対して、3年0学期として意識を持つこと、1年次生に対して、もうすぐ後輩が入学してくることからも学校の中核として、自覚ある立ち居振る舞いに心がけることを伝え、コロナに負けず学校とともに大きく成長しますようにと締めくくられました。

続いて、吹奏楽部のアンサンブルコンテストでのサックス三重奏、金管八重奏の表彰披露がありました。吹奏楽部のみなさん、おめでとうございます。ますますのご活躍を期待しています。

最後に、阪神淡路大震災から26年が経過する中で、震災の記憶の風化、防災意識の低下が危惧されているため、シェイクアウト訓練を行いました。生徒の皆さんは、「低くしゃがむ」、「頭を守る」、「動かない」の3つの安全行動がきちんと確認できていました。日頃から災害へ備え、防災意識を高めて、大切な自分、大切な人たち、大切な町を守れるようにしたいですね。

保護者の皆様、おかげさまで、3学期始業式を迎えることができました。お子さんにとって大切なまとめの学期となります。ご支援、ご協力のほど、よろしくお願いします。

文責:総務部

 

カテゴリー: 地域の皆さまへ, 本校保護者の皆さまへ, 総務部, 総合学科19期生, 総合学科20期生, 総合学科21期生 パーマリンク