☆第12回キャリア教育優良学校文部科学大臣表彰(1月18日)

平成30年度本校が受賞し、平成31年1月18日に表彰式が行なわれました。
この表彰は、キャリア教育の充実発展に尽力し、顕著な功績が認められた教育委員会、学校及びPTA団体等に対して、その功績をたたえ、文部科学大臣が表彰することにより、キャリア教育の充実を促進することを目的としています。本校の受賞理由は以下の通りです。

兵庫県立伊丹北高等学校は、総合学科として19 年目を迎える学校であり、教育理念の根幹に一貫してキャリア教育を位置づけている。また、「伊丹北モデル」を作成し、3年間を通したキャリア教育計画を立て、生徒の基礎的・汎用的能力を育成するとともに、生徒が明確な目標を持って進路を切り拓き、主体的に判断する「未来につながる人間力」を学校教育活動全体で育成している。
必履修科目の「産業社会と人間」で、市の関係機関などと連携した職業人インタビューを実施し、社会と職業の関わりを体験的に学ばせ、地域の課題の解決に取り組むことで、将来の地域人材の育成の素地を培っている。こうした「伊丹北モデル」による3年間を見通したキャリア教育は、本県が推進する体系的・系統的なキャリア教育のモデルとなっており、本県のキャリア教育の推進に寄与している。
このように、伊丹北高校は地域との連携を図りながら、生徒の発達段階に応じたキャリア形成の支援の充実に取り組んでおり、その成果も着実に現れていることから、キャリア教育優良校とする。

これからも総合学科高校らしい「探究」教育を通して明確な目的意識をもって進路を切り拓く力、自ら主体的に判断してキャリアを形成していく力を育成する学校としてますます発展していきます。

文責:学校長

 

カテゴリー: お知らせ、その他, 中学生の皆さまへ, 卒業生の皆さまへ, 地域の皆さまへ, 本校保護者の皆さまへ, 総合学科推進部, 進路部 パーマリンク