平成30年8月1日 東京みらいフロンティアツアー1日目

平成30年度東京みらいフロンティアツアーは、普通科グローバルリサーチⅠ受講生(1年)28名、創造科学科生3期生(1年)32名の60名が参加し、SGH事業の一環として、今日から2泊3日の日程で実施します。

今日は6時45分に新神戸駅に集合し、予定の新幹線にて東京に向けて出発しました。

WIN_20180801_073738

 

 

 

 

1日目の研修は、2つのコースに分かれます。

コースAは立川へ移動し、統計数理研究所、極地研究所、国文学研究所資料館、国語研究所の4研究機関を訪問しました。最初に副所長の伊藤様より歓迎のご挨拶を頂いた後、数理研究所の株式市場と統計についての研究、国文学研究所の本の大きさと文字からの文学研究、極地研究所における南極観測と地球や宇宙に関連した研究、国語研究所の略字・俗字の変化についての研究、について各研究所の先生方から講義をいただきました。

講義の後には、A班、B班に分かれての各研究所を見学しました。特に、南極北極科学館では、極地から持ち帰られた標本、隕石や岩石を実際に見る、触るなどして、極地での研究内容や環境に対する体験的に学びました。また国文学展示室では、教科書で目にする文学の原本・写本を目にし、様式の違いに生徒たちは授業とはまた違った関心を持っているようでした。WIN_20180801_141252 WIN_20180801_143957 WIN_20180801_122229 DSC_0287

Bコースは東京駅で下車し、まず味の素株式会社を訪問しました。そこで、味の素ベトナム社長を務められていた本橋様から、ベトナムにおける給食改善プログラムについて、具体的な体験談をお話いただきました。その後、味の素の社内カフェテリアでおいしいご飯を頂きながら、ランチタイムミーティングという形で、海外勤務のご経験をお持ちの方を含めた社員の方と御一緒し、各自色々なお話を聞かせて頂き、生徒たちはグローバル社会で活躍する将来の姿を思い描いていたようでした。

IMG_5890 IMG_5897

次に日本アセアンセンターを訪問し、ASEANの特性や各加盟国の違いなどについて学びました。また、現在日本で働くミャンマー職員の方から、ミャンマーとはどんな国か、日本のことをどう思っているかなど、英語で説明していただきました。生徒はASEAN諸国に対して、また東南アジアの国々へ対する関心を高めたようでした。

IMG_5917 IMG_5908

夜は、兵庫高校のOB会である東京武陽会の先輩方に、夕食を兼ねて懇親会を開いていただきました。平日の夜にも関わらず多くの武陽会の先輩方にご参加いただき、一緒にご飯を食べながら、兵庫高校という共通のテーマで世代を越えた繋がりを感じつつ、改めて兵庫高校の人脈の広さ、兵庫高校だからこそ得られる絆の強さを実感しました。生徒たちの主体的に先輩から学ぼうとする姿勢に先輩方もいろいろな形で応えていただき、楽しくも将来について考える、とても有意義な時間を過ごすことができました。

WIN_20180801_183319 WIN_20180801_201752

明日は、このツアーのハイライトである5つのコースに分かれての訪問学習を行います

カテゴリー: 73回生, SGH(学科3期生), グローバルリサーチ, 創造科学科3期生   パーマリンク

コメントは受け付けていません。