令和2年6月29日グローバルリサーチⅡ「研究の進め方」

本校同窓会館ゆ~かり館において、グローバルリサーチⅡ(2年)の生徒対象に、甲南大学サイエンスフロンティア学部教授の甲元一也氏をお招きし、講義を行った。今回はオンライン会議ツールzoomを使って講義をしていただき、質疑応答はオンライン質問ツールslidoを用いた。テーマは「研究の進め方」で、テーマ設定から情報収集、研究計画の策定、データの収集・分析、成果の発信という研究サイクルについて生徒は学習した。

〈生徒感想〉

テーマを決めていく中で、班分けはしているものの全てのテーマがつながっていて、境界線を引きづらいことを実感していたので、「課題は単独では存在しない」という言葉にとても納得した。私は、一見関連していなさそうなものを結びつけて新しい形を生み出してみたい。そのためには、中心のテーマからつながるトピックを、話し合って出していくのが近道だと思う。班のメンバーだけでなく、オンラインやメールなどで大人から見た意見も聞いてみたい。最後まで柔軟性をもって、提示するアイデアを膨らませていきたい。

今日の講義で、探究を順序立てて考えることの大切さを知りました。私は、結果どうなるのかということばかりを気にしすぎて、行き着くまでのプロセスを疎かにしており、さらに今回のコロナが重なって焦るばかりでした。確かに結果は大事です。しかしそこに辿り着くまでの、情報の収集、分析、予想などを大切にしないと、良い探究などできないことをお話を聞いて強く感じました。今後は過程も重要視し、探究活動のポイントの、新規性、独自性、共感性を大事にして、より深く、多様な視点で、高校生ならではの斬新なアイディアを考えます。誰もが思うコロナという弱点すら、強みに変える政策を打ち出してみせます。

研究をやろうとした時にためらってしまうのは、どうやって進めたらいいのか分からないからだと思う。私が同じ班のメンバーと話し合う時に、いつも結論が出ないのも、おそらくそのせいだろう。今回の講義を聞いて、研究の仕方、何から始めればいいのか、どうやって進めたらよいのかがわかって、とても参考になった。研究というものが思っているよりも難しいものではないのかもしないと思った。きっともう話し合いが終わった後に、結局何がしたかったのかわからなくなることはないだろう。 本日学んだことは、フィールドワークを行うことが難しいこの状況でも、工夫次第でさまざまな方法を用いて研究を進められるということです。僕達の研究には「地方活性化」というテーマが関わってくるので、実際に行くことができないと研究の幅が狭まると思っていました。しかし、もう一つの大きなテーマである「オンラインの活用」を通して研究を進められると分かり、自分たちでもオンラインを利用することでその利点や問題点に気づき、研究に活かすことができるのではないかと感じました。今回のオンライン化を最大限に活かした研究にしていきたいです。

カテゴリー: グローバルリサーチ | 令和2年6月29日グローバルリサーチⅡ「研究の進め方」 はコメントを受け付けていません。

令和2年6月23日-26日グローバルリサーチ「説明会」

本校理科1教室において、1年生対象に、2・3年のグローバルリサーチ選択生徒が説明会を実施した。おもに研究やフィールドワーク、研修旅行について説明した。また、部活動との両立や研究の不安など、1年生からの質問に先輩が丁寧に説明した。連日、10名を超える1年生が参加し関心の高さが伺えた。

カテゴリー: グローバルリサーチ | 令和2年6月23日-26日グローバルリサーチ「説明会」 はコメントを受け付けていません。

令和2年6月25日創造科学科「座談会」

本校の1-8HRと化学実験教室において、創造科学科5期生(1年)対象に、座談会を実施した。創造科学科4期生(2年)がゲームや座談会のテーマを考え、運営も2年生が行った。クラスの雰囲気づくりや学校設定教科「創造」について、先輩からアドバイスを行った。

カテゴリー: 創造科学科4期生, 創造科学科5期生 | 令和2年6月25日創造科学科「座談会」 はコメントを受け付けていません。

令和2年6月23日創造基礎B「テーマ設定」

本校同窓会館ゆ~かり館において、創造科学科5期生(1年)40名を対象に、「“次世代が選ぶまち”KOBEの実現に向けて、高校生の力を発揮しよう!」という大テーマのもと、各班でテーマ設定をおこった。グループは、長田区の課題3つ、神戸市の課題1つ、プロモーションテーマの5班に分かれた。まず、前回の資料や「長田区計画」をもとに、オンライン質問ツール「slido」を使ってブレインストーミングをした。次に、Slidoの分析機能を使って気になるワードを強調させ、テーマ設定をした。次回はテーマについて調査を行う予定である。

カテゴリー: 創造科学科5期生 | 令和2年6月23日創造基礎B「テーマ設定」 はコメントを受け付けていません。

令和2年6月17日 創造応用Ⅰ「「ポスト・コロナ(COVID-19)社会を創造しよう」調査・発表準備」

本校PC教室において、創造科学科4期生(2-8)が前回授業の課題で作成したA4一枚のポスターをグループ内で見せ合い「生徒間評価シート」を使ってお互いに意見を交換した。その後、Googleドキュメントの使い方の説明を教員より受けた後、そのドキュメントを使ってオンラインで共同編集しながらグループで意見を取りまとめた。

カテゴリー: 創造科学科4期生 | 令和2年6月17日 創造応用Ⅰ「「ポスト・コロナ(COVID-19)社会を創造しよう」調査・発表準備」 はコメントを受け付けていません。

令和2年6月16日 創造基礎B「神戸市・長田区の現状とこれから」

本校同窓会館ゆ~かり館において、創造科学科5期生(1年)40名を対象に、長田区まちづくり課課長平岩正行氏をお招きし、神戸市や長田区の実態、「若者に選ばれる」魅力あるまちづくりに向けた施策や課題についての講義をしていただいた。本講義は、本校創造科学科5期生が受講する「創造基礎B」の導入として行われたものである。

質疑応答は、オンライン質問ツール「slido」を使って収集し、多くの質問が書き込まれた。限られた時間内ではあったが、いくつかピックアップをして質問に答えていただいた。人口流出や少子高齢化により引き起こされている様々な問題や、産業・防災における課題について知ることができ、生徒たちにとって、地元神戸市・長田区の実態や今後の在り方について深く考えるきっかけとなった。今後は本講義で得たものをヒントに、各グループがテーマを設定し、調べ学習やフィールドワークを行う予定である。

〈生徒感想〉

神戸市の都心部だけを売り出していこうとしているように感じられたので都心から離れた地域の魅力を引き出して広めていくことで中心部に偏ることなく人を取り込むことが出来るのではないかと考えました。また、長田区の説明では、高齢者や子育て世代の人達が交流する場はたくさんあったけど若い人達が交流する場や高齢者の方々と関わる場が増えると長田区の印象も変わり、若者が住みやすい町に近づくのではないかと思いました。

長田区の取り組みを聞いて、高齢者やママさん向けの取り組みが多いなと感じた。しかし、若者を呼び込むための取り組みが少ないなと思った。もちろん長田区に住んでいる人に住みやすさを実感してもらうことも大切だけど、若者を呼び込まないと今後もっと人口が減少してしまう。そのため、空き家を利用してカフェを作ったり、緑や花を増やしたりするといいと思う。緑や花を増やすことは私たちにもできるので、ぜひ、協力したいなと思う。

長田区では少子高齢化が進んでいることから介護支援と子育て支援が大事になってくると思います。そこで私は、介護施設と保育所や託児所を同じ場所または隣に建ててみてはどうかと考えます。そうすることで人と人とのつながりが増え、住みよい街につながっていくのではないかと考えます。また、介護も子育てもしなければならないという中年代の方も子供のお迎えついでに親の様子も見て帰るということもできるのでいいと思います。

神戸市では人口減少や人口流出などの課題を解決するために、「若者に選ばれるまち」を目指しています。私はその一環として計画されている都心三宮の再開発事業に興味を持ちました。人を呼び込むためにはイメージ/第一印象が重要です。神戸市の中心である三宮を魅力化することには、神戸市全体のイメージを良くする効果があると思います。ただ、イメージを作るだけでなく、長く住み続けてもらうために三宮などの中心部以外の開発も進めるべきです。中心部の開発によって人を呼び込み、各地で道路や交通の整備を行うことでいつまでも居心地良く感じられるようなまちにしていくべきだと思います。

カテゴリー: 創造科学科5期生 | 令和2年6月16日 創造基礎B「神戸市・長田区の現状とこれから」 はコメントを受け付けていません。

令和2年6月5・12日 RRE「オリエンテーション」

創造科学科5期生(1年8組)の生徒が、分散登校中のため半数ずつ2日にわたって、ホームルーム教室でRRE(Research and Report in English)のオリエンテーション授業を受けた。RREでは英語で現代社会の課題について英語で学び、リサーチやディスカッション、プレゼンテーションを通して英語によるコミュニケーション能力の向上を図る。英語教員2名、ALT1名、社会科教員1名の4名が担当し、大学教員や地域の専門家による講義や、留学生との交流会も実施する。  本日は、本授業の目的や内容、授業計画や評価についての説明を英語で受けた後、それぞれが春休み中に課題として提出したエッセイ( ”Now I’ll Introduce Education of My Old School”)を1分程度の発表にまとめる練習をした。

カテゴリー: 創造科学科5期生 | 令和2年6月5・12日 RRE「オリエンテーション」 はコメントを受け付けていません。

令和2年6月10日 創造応用Ⅰ「オリエンテーション」

本校PC教室において、創造科学科4期生(2-8)のB班(出席番号後半)の生徒が創造応用Ⅰのオリエンテーションを受講した。各先生の授業の説明の後、休業中に課された課題「ポスト・コロナ(COVID-19)の社会はどうなるか」のレポートをもとに、Googleのスライドを使って1枚のポスターにする作業に取り掛かった。スライドのパワーポイントとはまた違った使用感に生徒たちは戸惑いながらも、一生懸命取り組んでいた。次回は4人グループになって、いろいろな立場でポストコロナについて考えを共有する予定である。

カテゴリー: 創造科学科4期生 | 令和2年6月10日 創造応用Ⅰ「オリエンテーション」 はコメントを受け付けていません。

令和2年6月9日 創造基礎A「わたしたちのこれまで/いま/これからの学びの探究」創造基礎B「新入生オリエンテーション(2)」

 本校同窓会館ゆ~かり館において、創造科学科5期生(1年)のA班の生徒(出席番号前半)が6限目に創造基礎A、7限目に創造基礎Bの授業を実施した。 まず6限の創造基礎Aでは、「わたしたちのこれまで/いま/これからの学びの探究」をテーマに、各自のSWOT分析(S:強み/W:弱み/O:機会/T:脅威)をして、創造基礎で学びたいことや伸ばしたい力について考えた。「機会」のヒントとして、グローカル型学習やSTEAM教育について本校教員より説明を受けた。

 続いて、7限の創造基礎Bでは、A班と自宅学習のB班(出席番号後半)の生徒、自宅学習の創造科学科4期生(2年)B班を、オンライン会議ツールzoomを使って結び、2年生の司会進行のもと討論会を行った。A班1年生4人にオンラインの2年生がファシリテーターとして参加し、B班はzoomのブレイカウトセッション機能で同様のグループに分かれた。まず各々自己紹介を行い、次に「コロナでSDGsが達成できるか?」をテーマにディスカッションを行った。最後に、zoomを使って各班ごとにディスカッションの成果の発表を行った。生徒からはテーマについて、達成が難しくなるものが多くあると予測する一方、経済停滞による二酸化炭素削減やテレワークによるディーセントワークへの見直しなどの意見がでた。

〈生徒感想〉

自分とは違った視点の意見を聞けて良かったです。SDGsの解決は全体的に難しくなったと思っていたけれど、環境などの点で改善している部分もあるという意見を聞き、改善している点もあるんだなと思いました。解決が難しくなっている理由として直接人と会うことが難しい点を挙げた時に、先輩からの「ロボットを導入してはどうか」という意見を聞き、ただ問題を挙げるだけでなくそれをどうやったら解決できるかも考えるようにしようと思いました。今回の授業ではあまりたくさんは発言できなかったので今後は自分の意見を伝わりやすいように伝えることを意識していきたいと思います。

今日はとても有意義で生産的な議論ができて良かったです。コロナでSDGs目標のうち、今後もっと対応を強化していかなければならないものが顕在化されたように感じます。例えば、最先端の医療を受けられる先進国の人々と、そのような医療体制が整っていない発展途上国の人々との間にはやはり格差があります。SDGsの達成に向けて世界中の国々が手を取り合い、協力しなければならないことを再認識しました。今日の議論では、発表の準備があまりうまくできていなかったので、次の機会はより良いものにしたいです。

今日の授業中の話し合いでは、画面越しだからかいつもより緊張せずに人と向かい合って意見を言えました。仲の良い人なら緊張はしないのですが人見知りで緊張しやすいので人と向かい合って話そうとすると緊張してしまいます。この癖を直そうと思った事も創造科学科に入った理由の一つなので意識して治したいです。グループでの話し合いで意見を求められた時とても緊張したのですが、意見を話し始めてみると意外とスラスラと言葉が出てきて驚きました。少し自分に自信が持てました。今後は、人前でも堂々と話せるようになる事と、日頃から日本や地域の置かれている状況などに興味を持って、情報を集める習慣をつける事を意識して頑張りたいです。

カテゴリー: 創造科学科5期生 | 令和2年6月9日 創造基礎A「わたしたちのこれまで/いま/これからの学びの探究」創造基礎B「新入生オリエンテーション(2)」 はコメントを受け付けていません。

令和2年6月8日 ひょうたん「オリエンテーション・プレ新聞ワーク」

 各教室において、2学年普通科(1~7組)のB班の生徒(出席番号後半)が総合的探究の時間「ひょうたん」の授業のオリエンテーションをモニターを使って受講した。また、オリエンテーションの後は『日本経済新聞(2019年10月18日)高校生向け特別版』を使ったプレ新聞ワークに取り組んだ。

カテゴリー: ひょうたん | 令和2年6月8日 ひょうたん「オリエンテーション・プレ新聞ワーク」 はコメントを受け付けていません。