保護中: 72回生八重山諸島・沖縄修学旅行

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー: 72回生 | 保護中: 72回生八重山諸島・沖縄修学旅行 はコメントを受け付けていません。

平成30年11月22日 第9回高校生鉄人化まつり実行委員会(1)

長田区役所大会議室において、第9回高校生鉄人化まつり開催に向けた第1回会議が開かれた。このまつりは、平成22年度に長田区主催の「第2回鉄人まちづくりイベント」に応募した本校総合科学類型1期生(創造科学科の前身)の提案が最優秀賞を受賞し、長田区に所在する高校のさまざまな活動発表の場としてが実施されるようになったものだ。本校からは創造科学科1期生5名、育英高校からは生徒会4名、神戸野田高校からは生徒会3名が実行委員として参加した。自己紹介のあと、役員決め、今回のテーマ、今後の大まかな予定について話し合われた。今年度は実行委員長を神戸野田高校と本校生徒が共同で担うことになった。次回会議は12月13日(木)の予定。

IMG_2012 IMG_2015 IMG_2020

カテゴリー: 創造科学科3期生 | 平成30年11月22日 第9回高校生鉄人化まつり実行委員会(1) はコメントを受け付けていません。

平成30年11月21日 創造基礎A 講義「国民が納得する『やさしい社会』を実現する方策とは」

本校同窓会館ゆ~かり館において、創造科学科3期生(1年生)を対象に、「国民が納得する『やさしい社会』を実現する方策とは」というテーマで講義を行いました。講師として、財務省大臣官房地方課広報連絡係長の内村裕幸氏をお招きし、またグループワークのサポートとして近畿財務局神戸事務所から2名の方に来ていただきました。まず、内村氏から「今の日本、これからの日本について考えよう」というテーマで、日本の財政に関わる課題について講義をしていただきました。次に、財務省が作成したシミュレーション教材を使って事前に作成した予算案について、財務省職員の方々と質疑応答を行いました。最後に、予算案のポイントを視覚的に説明する「ポンチ絵」を作成して発表しました。

神戸新聞NEXT「兵庫高で全国初 財政と金融講座を同時実施へ 神戸財務事務所」

サンテレビ「財務大臣になったつもりで 高校生が国家予算編成を体験」

IMG_1977 IMG_1979 IMG_1986 IMG_1988

IMG_1995 IMG_1997 IMG_2004 IMG_2007

〈生徒感想〉

僕はこの予算を作るときに多角的な見方をする力を少し身につけることができたと感じています。税の増減、予算の振り分けの増減で影響が出る人を考えなければならず、様々な見方が必要となりました。また、その予算のメリット・デメリットを考え、その対策を一つずつ考えていくことが大切だと学びました。これからは一つの問題には多角的な見方をして、様々な解決法をメリット・デメリットから考えるべきだとわかりました。

立場の違う人たちが利益を得られて、みんなが納得できるような方法を考えることの難しさを痛感しました。だからこそいろいろな人の立場になって考える力が少しは身についたのではないかと思います。しかも、立場が多いだけではなく、国際関係などの国を超えた環境や税金によって社会保障が出されることなど、複雑な立場も視野に入れて活動したので、それらの関係を見越した視野も養われたのではないかと思います。

今回の授業で、対象の立場になって考えることの重要性を学びました。この予算案にしたら誰がどんな風に困るのか、誰にとってありがたいのかということを考えて、国民全員が納得する政策を作らなければいけないとわかりました。このことは、次回の授業の模擬選挙や創造基礎の地域活動、また、社会人になってからも大事なことだと思うので、日々相手の立場になって考えることを心がけようと思います。入学したときから目標にしていた複眼的思考力を身に着けることは、相手の立場になって考えることからも鍛えられると思うので、努力したいです。

今日の授業で、内村さんが国は政府と国民しかいないわけではなくて、家族、企業、学校などさまざまな団体や組織で成り立っていると言っていたことが心に残っています。そのことに気付いて、国の予算を色々な立場で見ることの大切さを学びました。この予算を考えることを通して、私は自分の国を客観的に見る力がついたと思います。

カテゴリー: 創造科学科3期生 | 平成30年11月21日 創造基礎A 講義「国民が納得する『やさしい社会』を実現する方策とは」 はコメントを受け付けていません。

平成30年11月21日創造応用ⅠL「ポスター発表会」

本校クラス教室・選択教室において、創造科学科2期生(2年)文系選択者12名が6名ずつに分かれて、自身の取り組む課題研究について、ポスター発表(発表8分・質疑応答4分)を行った。大阪大学大学院国際公共政策研究科松繁寿和教授および大学院生2名、岡山大学法学部の本校卒業生に発表後の質疑応答や講評をしていただいた。生徒からもたくさんの質問があり、大いに盛り上がった。今後の研究の方向性を考える上で貴重な時間を過ごすことができた。

生徒の今回の発表テーマは以下の通りです。

「若者の意見表明に関する考察~英国と日本の比較を通して~」

「日本でヒアリを対策するには?~発見者は子供」

「ベトナムにおける給食制度改善への考察」

「ソーシャルビジネスの可能性」

「日系ブラジル人のアイデンティティ教育」

「イギリスからの訪日外国人を増やすには」

「日本で難民を受け入れるためには」

「外国人労働者に多く来日してもらうために」

「ロヒンギャ難民問題」

「もっと知ろう、北方領土のこと」

「タックス・アムネスティを用いたグローバル・タックスについて~格差の小さな社会を目指して~」

「日本で電気時自動車を普及させるためには」

IMG_4069 IMG_4092 IMG_4128 IMG_4105

 

カテゴリー: SGH(学科2期生), 創造科学科2期生 | 平成30年11月21日創造応用ⅠL「ポスター発表会」 はコメントを受け付けていません。

平成30年11月19日GRⅠ「地元企業の海外進出とその課題~グローバルリーダーの資質~」

本校同窓会館武陽ゆ~かり館において、普通科グローバルリサーチⅠ受講者(1年)40名を対象に、三ツ星ベルト株式会社の人事部長 倉本信二氏に「地元企業の海外進出とその課題~グローバルリーダーの資質」をテーマに講義をしていただいた。初めに三ツ星ベルトの概要と海外進出の現状についてお話を頂き、実際に三ツ星ベルトのインドネシア工場であったトラブルについて、ディスカッションした。その後(1)「グローバル人材」とはどんな人材なのか、(2)「グローバル人材」になるためにはなにが必要かについて、グループで話し合った。各グループ発表の後に、倉本氏から補足説明をいただいた。最後に米中貿易摩擦が日本企業にどのような影響を与えているかについて考え、知識を得る機会となった。

IMG_1937 DSCN0575 IMG_1942 DSCN0611

〈生徒の感想〉

今回の講義では、三ツ星ベルトの海外進出の状況を知り、海外ではコストの上の面で利益が大きくなるというので良い事ではあるが、逆に長期休暇後には、人が3分の2しか出勤してこないことがあったり、ストライキが起こったりといった日本人の考え方にはないようなことが起こってしまうので大変だと思いました。また、グローバル人材に一番大事なのは、コミュニケーション能力だと思いました。現地の労働者の声に耳を傾け、労働環境をよくしていかなければ経営に響いてくることにもなるので重要だと思いました。グループの発表を聞いてみて「グローバル人材」というものにも、さまざまな考え方がありおもしろいと思いました。現在国会で審議中の外国人労働者の受け入れに関する法律が施行されれば、さらに「日本のグローバル化」が進んでくるのですべての人に「グローバル人材」になる必要があると思いました。

今日、日本の企業が多く、海外に進出していることは知っていたが、進出する具体的な理由は初めて知ったし、グラフで見たり、関連するもの、また特に海外での賃金が予測つきづらいことを初めて知った。現地で起こる問題は新しく複雑で、日本人には理解しづらいその国の特性によるものだったり、労働環境や賃金によるものだったりと様々であると学んだ。これから選ばれるグローバル人材となるために、グループの人やほかの生徒の意見を聞いて、新たな発見があり勉強になった。GR生として今回のワークショップは最もよく考えなければならないことだと思った。必要とされる人材となるために高校生のうちに多くのことを経験していきたい。また、専門外の知識をつけ、視野を広くし、色んな人と会って、自分のもっていなかった考えを頭に入れていきたい。

今日は、実際に海外進出している企業である三ツ星ベルトの倉本さんから貴重なお話をしていただきました。神戸のゴム産業の歴史から海外進出の話まで様々な話を聞くことができました。ASEANの国の最低賃金が年々急激に上昇しているということに驚きました。これからさらに賃金が上昇していけば、1つ目のディスカッションのように企業を離れていく人が増えるのではないかと思いました。そうならないようにするためにも物事の先を読む力が大切なのではないかと思いました。最後のワークショップでは、他の班の意見なども聞きながら、「グローバル人材」について考えることができました。倉本さんがおっしゃられたように、考えるなかで出た意見はすべて「グローバルな人材」のために必要なことだと思うので、私もそうなれるようにがんばろうと思いました。

カテゴリー: グローバルリサーチ | 平成30年11月19日GRⅠ「地元企業の海外進出とその課題~グローバルリーダーの資質~」 はコメントを受け付けていません。

平成30年11月17日・18日 第12回全日本高校模擬国連大会

国際連合大学において、第12回全日本高校模擬国連大会が開催され、本校創造科学科3期生(1年)の2名が参加した。本大会は、全国各地から集まった高校生が各校2人1組となり、実際の国連での会議をイメージしながら、各国の大使として熱い議論を交わすというもので、本校は2年連続の出場となった。会議において生徒はナイジェリア大使を務めた。今回の会議は、第73 会期国連総会軍縮・安全保障委員会(第一委員会)の「武器移転」を議題とし、①通常兵器移転規制における透明性確保のための制度の再検討、②非国家主体への通常兵器移転規制の制度の構築という2つの論点についての話し合いが行われた。議場では、似た考えを持つ国同士で集まり、各グループ毎に成果文書を残すべく活発な交渉が交わされた。本校生も積極的に色々なグループと意見交換をし、決議に自分達が考えた文言を残すという成果もあげた。

IMG_1848 IMG_1865 IMG_1871 IMG_1878

IMG_1903 IMG_1890 IMG_1927 IMG_1936

<生徒感想>

今回、模擬国連に参加し、次の三つのことを考えた。ひとつは、英語と定められた公式発言(スピーチや動議)を以前の灘高校での練習会議のときより少しだけ聞き取れるようになったことだそのおかげで、各国がどういう立場で何を思っているのかを把握しやすくなった。次に、他の国の大使が政策などを述べて、それを一旦は理解した”つもり”になってメモもするが、改めて見たり他人に訊かれたりすると分からなくなるということがあった。それは、自分の中では納得できたとすぐに思ってしまって、相手の意見の十分でないところへの指摘、疑問が思いつかないことが原因の一つであると思う。だから、来年の模擬国連に向けてのこの1年で、話を整理するのを得意になるというのを目標にして努力したい。最後に、グループのリーダーとなって、他の大使の意見も尊重しつつも自国の意見も上手く入れこんだという点が良かったのだと思う。また、一方はリーダーとなり、もう一方は会場を見て回り、情報収集を良くしていたのが印象に残っている。

今回の全日本模擬国連大会でできたことは、3つあります。文言を入れ込んだ決議案を通せたこと、スピーチをできたこと、議論を深めることができたことです。一方で課題は、主に2つあります。1つ目は、政策が浅かったことです。2つ目は、もっと積極的に発言して存在感を示すべきだったことです。政策が浅かったことで、積極的に発言できなかったとも言えます。ニューヨークに行きが決まった他校生の議場行動が評価されたと思われる点は、リーダーシップです。ペアと効果的に役割を分担し(1人はグループでのリーダー、もう1人は外交)、グループのメンバーの意見を尊重しながら主導したチームが、評価されているように感じました。また、モデで積極的に発言しているチームは、選ばれているところが多かったです。これは、モデで発言することで、全体に自分たちのことを認知してもらう効果があったと思います。

カテゴリー: SGH(学科3期生), 創造科学科3期生 | 平成30年11月17日・18日 第12回全日本高校模擬国連大会 はコメントを受け付けていません。

平成30年11月13日 創造基礎B 自然科学分野「神戸大学実験実習」

神戸大学大学院人間発達環境学部において、創造科学科3期生(1年)の生徒39名が、各ゼミの大学院生の指導のもとで実験実習を行いました。高校では使用することができない施設や実験機具を使ったり、専門的な内容について半日かけて学習しました。

1班 山元ゼミ 「りんごと大根の糖度解析」

DSCN0504 IMG_1909

2班 中村達・河野ゼミ「植物の酵素の反応速度に関する研究」

DSCN0494 2IMG_4522

3班 邑上ゼミ「ありの生態観察」

DSCN0507 IMG_1881

4班 中村元・山本ゼミ「X線を使った物質の非破壊元素分析」

DSCN0503 IMG_1885

5班 勝原ゼミ「テストで点取り大作戦-頭を使って点数を取ろう!-」

DSCN0491 IMG_1922

6班 速水ゼミ「環境DNA分析手法を用いた環境改善方法の調査」

DSCN0501 DSCN0484

7班 矢井田ゼミ「身近に生きる植物たち」

DSCN0496 IMG_1926

8班 中村崇・松田ゼミ「身の回りの放射線」

DSCN0499 IMG_1912

カテゴリー: SGH(学科3期生), 創造科学科3期生 | 平成30年11月13日 創造基礎B 自然科学分野「神戸大学実験実習」 はコメントを受け付けていません。

平成30年11月13日 グローバルリサーチⅡ「口頭発表会②」

本校教室において、普通科グローバルリサーチⅡ受講者(2年)40名のうちの4つの班が、パワーポイントを使用し、自身が取り組む課題研究についての口頭発表(発表8分、質疑応答2分)を行った。今回は、大阪大学大学院経済学研究科教授 佐々木勝氏をお招きし、生徒の口頭発表に対して、アドバイスをしていただいた。

今回の発表班と発表タイトルは以下のとおり(発表順)

3班「植物の機能性評価-ニンニクが怪我を 治す!?-」

5班「家畜に与える抗生物質からみた薬剤耐性菌蔓延防止策への考察」

6班「南米ペルー農村部での教育」

7班「難民支援における言語支援の在り方」

IMG_1819 IMG_1822 IMG_1823 IMG_1825

カテゴリー: グローバルリサーチ | 平成30年11月13日 グローバルリサーチⅡ「口頭発表会②」 はコメントを受け付けていません。

平成30年11月12日GRⅠ・RRE「英語によるプレゼンテーションの技法」

本校同窓会館ゆ~かり館において、普通科グローバルリサーチⅠ受講者(1年)と創造科学科3期生(1年)を対象に、神戸市外国語大学教授である野村和宏氏をお招きし講義を行って頂いた。内容はプレゼンテーションの技法やスピーチをする上での注意点などについて、オールイングリッシュで講義をして頂いた。また、講義の合間に即興スピーチの実践やグループワークも行った。

IMG_4045 IMG_4051 IMG_4054 IMG_4043

生徒たちは講義を聞き、グループワークで意見を交流させたり、実践活動を通してプレゼンやスピーチのコツを学ぶことができた。

〈生徒の感想〉

今日は英語の文法や単語をどう使うか、どのように生かすかしっかりと学べたと思います。今日のお話の中でスピーチも様々な分類をできることを初めて知ることができました。一見、暗記してスピーチをしているように見える元オバマ大統領でもカンニングペーパーをもっていたことを知り、興味をもつことができました。僕の中で、オバマさんはスピーチがうまいイメージのあった方でしたが、今日野村先生にお話をいただいたことをたくさん実践されているからこそスピーチがうまく、多くの人の賛同を集めることができていたのではないかと感じました。また、話す声のトーンだけではなく、立ち振る舞いも大切だと改めて感じることができました。普段でも、スピーチではありませんが、人の前で話すときに特に立ち方を意識していこうと思いました。これからしなければいけないと感じたのは、やっぱり、英語を実際に使い、話すということです。普段生きていく分には日本では正直必要ありません。しかし、これから使わなければならない英語を話せるようになる必要があるので、自分から使う機会をつくっていかなければならないと思いました。先生に紹介していただいた早口言葉Maximなどを自分で調べていくのもいいかなと思いました。今日はこれからに生かすことのできる貴重な経験となりました。

今回この講義を聞いて、今後のプレゼンテーションがすごくたのしみになった。私は、英語でプレゼンテーションをするなんて高校生の知識でできるのかと思っていたが、野村先生がおっしゃっていたアイコンタクトをとったり、身振り手振りで話すということならまだまだ未熟な私にでもできるのではないかと思った。また、Impromptu speechに挑戦した時、私は「あいたい芸能人」というテーマでスピーチをしましたが、話したいことはたくさんあるのに、英語への変換が間に合わなかったり、てんぱってしまって、文章の構成がぐちゃぐちゃになってしまったりと、とても難しいという印象を受けた。しかし、そう考えると学校の先生はかなりすごいことを毎日何時間も行っているのではないかと思いました。私は将来教員になりたいと考えていますが、生徒に興味をもたせつつ、話したいことや重要なことを教える技術は簡単には身につかないと思いました。スピーチというのは、暗記をして、それを間違えないように読むものだと思っていたので、即興スピーチというものを今回体験し、また、大統領などのカンペを見ながらのスピーチ映像を見て、スピーチといえども奥の深い、とてもおもしろいものだと感じました。イギリス留学にも興味があるのでとても有意義な時間を過ごすことができて、本当によかったなあと思いました。

私は今日の講義を受けて、出会った時のあいさつなど、とても初歩的なことから学ぶことができたので良かったと思います。先生の話し方や声がとても聞きやすく、集中してそして楽しく講義をうけさせていただきました。様々な言語を使って自己紹介をしていてすごいと思いました。私は今まで日本語と英語以外の言葉を学ぼうと思ったことがなかったけれど、「その国々の向こうの扉を開ける鍵」という言葉に感銘を受け、少し学習したいという感情がわきました。その国々の習慣や文化によって物事のとらえ方が違うということに対し、興味深かったです。プレゼンテーションなどをするうえでの目的や大切なこと、気を付けるべきことなどこれからの自分の人生において役立ちそうなことを伺えてよかったです。政治などのスピーチでの裏側のようなものを知り、面白かったです。私は、初めて英語での即席スピーチをしました。野村先生が「うまいスピーチをするのではなく、アイコンタクトやジェスチャーをすることが大切だ。」とおっしゃっているのを聞き、安心するとともにもっと練習を多く重ね、いつか自分の将来の仕事などに生かすことができたら良いなと思いました。そして、何事にも “練習”が大切だ。と言っていることを聞き、私も英語を勉強している途中であったり、幼いころから音楽をしていることで、今回自分の毎日している練習は本当に有意義であるのかということを考え、もっと頑張れるのではないか。と思いました。今日の講義を日常生活に活かしていきたいと思いました。

僕はいつもスピーチする際は、とても長い時間準備をします。いつも準備をしすぎて練習をする時間が無くなってしまい、本番にとてもあたふたしてしまいます。即興のスピーチはできないこともないのですが、内容が支離滅裂になってしまったり、考えがまとまらず止まってしまったりします。特に言語の変換作業が入ると余計に失敗が誘発されるので、これまで僕はスピーチが嫌いでした。ですが今日、野村先生のお話を聞いていて準備を多くしてそのうえで即席でスピーチを行っているように見せるのがプロの仕事だというのにとても心打たれました。仕事は気を抜いているように見せるが失敗しない者こそが達人であるという本の言葉を思い出しました。僕も、これからしっかりとした準備と練習、努力の上で自分に自信を持ち、リラックスした態度でスピーチなどが出来るようになろうと思いました。僕はとても有意義な時間を過ごすことができたと思います。

今回の講義で学んだことの中で、最も印象に残ったのは、「原稿を読むときは先回りして読む」ということです。私は中学3年生の頃に文化祭で英語のスピーチを暗記(Memorized)でしたため、文を一つ飛んで読んでしまったことがありました。また、これからは読む文章量も多くなるため、暗記では必ず失敗すると思っていました。しかし、これからは先生のおっしゃっていた要点を覚えて説明する方法や、原稿を先回りして読む方法を試していきたいと思います。この講義で学んだことは、将来の夢にもつながると思います。私の将来の夢は科学者で、英語で論文を発表する機会が必ずあります。その論文発表では難しい単語も多く使うので、いかに「先回りして読む」かが大切になってくると思います。その第一歩として、まずは12月にある発表会でこのことを利用してより良いスピーチにしたいと思います。

カテゴリー: SGH(学科3期生), グローバルリサーチ, 創造科学科3期生 | 平成30年11月12日GRⅠ・RRE「英語によるプレゼンテーションの技法」 はコメントを受け付けていません。

平成30年11月10日 創造科学科説明会

本校において、全県の中学2・3年生とその保護者・中学校教員を対象に、創造科学科説明会が実施された。まず、創造科学科3期生(1年)による社会科学分野のポスターセッションを行った。これまでの活動をポスターにまとめ、中学生や保護者にわかりやすく説明しました。

次に、全体説明会において、創造基礎B社会科学分野の発表を、「子供をカギにベトナムの扉を開こう!」というテーマで研究をすすめている創造科学科3期生(1年)7班が行いました。また自然科学分野の発表を「高分子化学でリンゴの品種調査」「生態学を使ったアリの生態調査」について発表した。そして、創造科学科2期生(2年)による創造応用の発表を行いました。創造応用ⅠLは「ベトナムにおける給食改善への考察」「外国人観光客を日本へ」について、創造応用ⅠSは数学・物理・生物・化学・都市工学の各班が現在の研究状況について発表を行いました。

IMG_1780 IMG_1783 IMG_1793 IMG_1804

カテゴリー: 創造科学科2期生, 創造科学科3期生 | 平成30年11月10日 創造科学科説明会 はコメントを受け付けていません。