令和3年度 学校教育目標

豊高スクールポリシー

「豊高で世界と出会う」― 新しい価値を創造する生徒の育成 ― 

  本校は但馬の伝統校として、幅広い知識と教養、品格と豊かな情操、道徳心を培う教育を行い、知徳体の調和のとれた生徒を育成する役割を担っている。

「世界に通じる学力」と「リーダーにふさわしい人間性」、「健やかな心と体」を備えた生徒を育成し、世界や我が国、郷土の発展を図るため、以下のポリシーを実践する。


1 グラデュエーション・ポリシー(育てる生徒像、資質・能力)

 (1) 育てる生徒像

  ○勉学に励み、豊かな感性と道徳心を持った生徒

  ○何事にも主体的、積極的に行動する生徒

  ○使命感を持ち、社会の様々な分野や国際的に活躍するリーダーとなる生徒

 (2) 育成する資質・能力
  • 知識、理解  人文、社会、自然の各分野における幅広い事象、事柄、技能
  • 思考力    事実について問いを立てて考える習慣
  • 創造力    課題について他と協働しながら自分なりの答えを作る力 
  • 行動力    自分の考えをわかりやすく他者に伝え、行動に移す力
  • 人間尊重と社会貢献の姿勢  生命と人格を尊重し、社会に貢献する姿勢

  

2 カリキュラム・ポリシー(実施する教育課程、教育活動)

 (1) 生徒一人ひとりの確かな学力の向上と進路実現
  • 高次の学習指導と、学習成果を生かした細やかな進路指導
  • 主体的、対話的で深い学びの実現に向けた授業の改善
  • 「SSH」「STEAM教育」「探究」等の研究実践
 (2) 経験・体験を通して「実感」させることを重視した教育活動
  • 学校行事や部活動、ボランティア活動、フィールドワーク等、実際の体験と体験をもとに思考することを推進
 (3) 心身ともに健康な生徒の育成
  • 部活動や探究活動の推進による、正邪を判断する感性と力、生命の尊厳や自他に対する肯定的な態度、共生社会への理解と実践力の育成
  • 基本的生活習慣の確立と体力・運動能力の向上

   

3 学校経営の留意点

 (1) 教職員の資質向上、働きやすい職場、開かれた学校づくり
  • 職員研修、研究授業や授業評価の計画的な実施
  • 業務の精選と効率化、計画的な休暇取得
  • 外部人材の活用と地域社会、大学との連携
 (2) 地域に求められる学校作り
  • 行政機関、従来からの関係大学、新設される県立専門職大学、地元等企業との連携の深化
  • 学科改編など地域に必要とされる学校作りの推進