3学期終業式を行いました。

3月23日(火)3学期終業式を中継システムを利用して行いました。

校長先生から、1年間の振り返りと生徒の皆さんの頑張りについてのお話がありました。校長先生が衝撃を受けた原爆資料館のお話では、衝撃を受けるということは生きていく上で不可欠な大切な感情であるとの気づきについて教えてくださいました。また、ある詩から、多くのメッセージを受け取ったとのお話もありました。総合学科生として、感情を揺さぶられること、様々なことから影響を受け、変化していくことの尊さに気づくことができたのではないでしょうか。校歌を聴きながら、1年間を振り返り、4月からの自分の姿を思い描くことができる終業式になっていたら、嬉しく思います。

続いて、書道部、そして読書感想文コンクールの表彰披露がありました。コンクールに積極的に参加し、表現することができた8名に対して大きな拍手が送られました。

これから春休みが始まります。新年次に向けて、しっかり準備を進めてくださいね。新入生を迎える4月に、憧れの先輩として上級生の自覚、自信、誇りを持って元気に登校してください。

最後になりましたが、保護者の皆様、おかげさまで無事に3学期終業式を迎えることができました。多大なるご支援、ご協力に感謝申し上げます。ありがとうございました。来年度もよろしくお願いいたします。

文責:総務部

カテゴリー: 学校行事, 本校保護者の皆さまへ, 総務部, 総合学科20期生, 総合学科21期生 パーマリンク