広州外国語学校との交流行事を行いました。

9月26日(木)~10月1日(火)まで、中国の広州外国語学校の生徒17名と先生方が来校されました。

日本語を勉強している生徒のみなさんに、「陶芸」の授業で作品作りをしたり、国際交流部主催のウェルカムセレモニーで本校生による熱烈な歓迎を受けたり、空手道部の演舞を見学したり、茶華道部主催の茶道体験を楽しんだり、部活動を見学したり、と盛りだくさんの伊丹北ワールドを体験していただきました。フェアウェルパーティーでも国際交流部の企画で剣玉、福笑い、折り紙など日本文化を存分に体験してもらいました。また、本校の授業にも参加し、本校のBuddy生徒と一緒に日本の高校生活を楽しんでいただきました。終礼や掃除を体験することも貴重であったようで、嬉しく思っています。

9月30日の前期終業式では、全校生徒の前で代表生徒による挨拶がありました。たった1年しか日本語を勉強していないのに、素晴らしい内容と美しい日本語で心のこもったスピーチを披露してもらいました。

最終日にはBuddyとして精一杯がんばってくれた本校生徒との別れを惜しむ中国の生徒の姿がありました。Buddyだけでなく全校生が最高のおもてなしをしてくれたおかげで、今年も広州外国語学校訪問団は満足の表情で帰国の途に就きました。

見えないところでもたくさんのみなさんの協力があってこの交流行事が終わりました。みなさん本当にありがとうございました!!

 

文責 総務部

 

カテゴリー: お知らせ、その他, 学校行事, 未分類, 総務部 パーマリンク