「多文化共生を考える研修会2019」

8月30日にふたば国際プラザで開催された「入管難民法改正と移住労働者」と題した研修会に創造科学科2年生1名が参加しました。岐阜一般労働組合の方と技能実習生の方から「岐阜県を中心とした中部地方の実習生支援活動について」、大阪大学大学院人間科学研究科高谷幸准教授から「日本の移民政策の課題」について講演がありました。その後、福島泰正兵庫県外国人県民インフォメーションセンター長から「ひょうご多文化共生総合センターについて」と題して活動紹介がありました。外国人労働者の受け入れを拡大を行う日本社会で起こっている問題や受け入れに際する課題について明確になりました。これから、その解決策を研究活動の中で考えていきます。

DSCN1577

カテゴリー: SGH(学科3期生), 創造科学科3期生   パーマリンク

コメントは受け付けていません。