ふるさと貢献事業講演会を実施しました

講師として地元、苦楽園地区で夏祭りを運営されている仲様を迎え、生徒会役員を対象に講話をいただきました。テーマは「苦楽園夏祭りの運営について」。

講話の中で、行事を行うためにはまず運営側が準備の段階から楽しんで取り組めるように工夫することが重要であり、関わる人との信頼関係を築いていくことも大切であるとお話されました。

参加した生徒からは、「自分の住む地域のことが本当に好きで、地域活動のために働いている人がいて本当に素敵だと心から感じた。私自身も協力、参加していきたい」との感想が寄せられました。

今後、生徒会行事を企画、運営をする上でも有意義な講演内容で、創立50周年行事を企画、運営をする際にも、生かせる内容でした。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です