学校紹介

魅力ある取組等の紹介

多様な個性や適性に合わせ、計画的で緻密な進路指導を行います。一年次では、総合的な学習の時間を活用し、職業人講話、グループディスカッション、ポスターセッション等を通じてグローバル教育、キャリア教育に力を注いでいます。 2015年度は、文部科学省よりSGH(スーパー・グローバル・ハイスクール)アソシエイト校に選ばれ、一層のグローバル教育の向上に努めます。 進路に応じた科目設定や数学での習熟度別授業の実施するなど、生徒自らが自身の適性を理解し、進路に対する考えを深めながら、城西1000日構想のもと、万全の学習サポート体制を整えています。

部活動入部率は、約90%をマーク 運動部だけではなく文化部も盛んです。
  • 陸上競技部 第67回全国高校総体 出場
  • 新聞部 第38回全国高等学校総合文化祭 年間紙面審査優秀賞(2年連続) 
  • 吟剣詩舞部 第38回全国高等学校総合文化祭 文化連盟賞(3年連続) 
  • 水泳部 第67回近畿高校総体 出場
  • 硬式テニス部  第12回近畿高等学校テニス大会  男女とも出場
 

グローバル探究コースは、グローバル社会の中で活躍するための高い英語力とコミュニケーション能力を身につける進学型コースです。

  ■コースの特徴

  •  コースコンセプトである4Skills ( Research, Presentation, Communication, Business ) の技能獲得を目標とし、学校設定科目(グローバル探究)を中心に、英語によるプレゼンテーション能力と、ビジネスの場で通用する高い英語運用能力と探究心を育成し、自ら学ぶ力をつける。
  •  大学教授や会議通訳者等の専門家による特別講義を数多く受ける機会があり、より深い知識と視野を身につける。
  •  大学(神戸大学、神戸市外国語大学)での授業体験やグローバル企業の訪問を通じてキャリア教育を進める。
  •  小学校出張英語授業を通して地域に貢献し、各種コンテスト(スピーチ・エッセイ・ディベート)や各種検定(GTEC、英検など)に積極的にチャレンジする。
  •  理系科目も充実しており、国公立大学や難関私立大学を目指す高い意欲と向上心あふれるコースである。
   

P1000493HP

グロ―バル探究コース授業風景  

兵庫県立明石城西高等学校概要

〒674-0062 明石市大久保町谷八木 1190番地の7 TEL:(078)936-8495 FAX:(078)936-8476
募集定員(学級数)  制 服
課程 学科・コース 定員(学級数)
全日制 普通科 280(7)
グローバル 探究コース 40(1)
本校の特色
本校は、県立明石6校のなかで一番新しい歴史を持つ学校である。教員、生徒保護者が一丸となって、学校の発展に尽くしている。 生徒は、落ち着いた雰囲気の中で、文武両道を目指して、明るく活発に、勉強に、生徒活動に励んでいる。

頑張っている先輩

埼玉県 和光市 市長松本武洋さん □プロフィール 1988年 兵庫県立明石城西高等学校卒業 2003年 朝霞地区の合併問題を機に地方自治に興味を持ち、統一地方選に立候補し初当選(1135票、5位) 2007年 再選(2446票、1位) 和光市議会議員としては決算審査特別委員会委員長、議会運営委員長等を歴任 2008年 和光市長当選
■メッセージ私が城西に入学したのは 1985 年でした。 入学当初、城西にはまだ一年生と二年生しかおらず、自分たちが校風を作っていく、という思いのもと、文化発表会、体育大会と工夫し、アイディアを出し合いながら全力で取り組みました。部活 (陸上部) は故障もあって二年生のシーズンまででやめてしまいましたが、今も夏の芝生のにおいをかぐと、試合や練習の景色が脳裏に鮮やかに浮かんできます。城西の良さは集まってくる生徒の多様性とのどかな立地ですね。今はすっかり変わってしまった中八木の海岸で何度も友人と語り合ったことも、すばらしい思い出です。 関西から出るつもりはなかった私ですが、大学受験で希望通りの結果が出ず、進学を機に思いがけず都内に移り住むことになりました。バブル時代だったこともあり、「日本の中心」での学生生活は刺激的で、大変良い機会を与えてもらったと「受験の神様?」には感謝しています。 金融機関や出版社で 10 年余り働いた後、住まいのある埼玉県和光市の市議に当選し、 6 年間の議員生活の後、和光市長に就任しました。和光市は明石市の面積で五分の一、人口で四分の一と小さな自治体ですが、池袋まで13分、渋谷まで25分と大変利便性に恵まれており、人口減少の時代にあって珍しい、育ち盛りのまちです。首都圏に引っ越される場合にはぜひ、和光市をご検討下さい。実際に城西OBの和光市民もおられます。 城西はまだまだ若い学校であり、社会での卒業生の本格的な活躍もこれからです。日本中で、同窓の皆さんと刺激的な出会いができる日を楽しみにしています。
このページのトップへ