トピックス

平成31年度グローバル探究コース入試合格発表

2019.02.20
 平成31年度グローバル探究コース推薦入試の合格発表が2月20日(木)14時から本校で行われました。定員40名に対して志願者42名でした。

第12回兵庫県高校生英語ディベートコンテスト(2年コース生)

2019.02.13

平成31年2月10日(日)、神戸市外国語大学で行われた第12回兵庫県高校生英語ディベートコンテストに、2年(34回生)コースより代表生徒6名が出場しました。

今年度は県内から19校が参加し、「Japan should legalize voluntary active euthanasia.(日本国は、本人の意思による積極的安楽死を合法化すべきである。是か非か。)」という論題についてディベートを行いました。予選では肯定側と否定側で1回ずつ対戦し、勝ち残った上位8校が決勝トーナメントに出場しました。

このディベートに向けては、1学期から日本語でのディベートを行い、2学期からは英語でのディベートに34回生コース生全員で取り組んできました。その結果選出された6名が3学期にこのコンテストに向けて準備を進めてきました。今年度のテーマが非常に難しく、専門用語も多用されるため、準備段階ではかなり苦戦を強いられました。しかし、準備を進める中で、「死」や「生」について法律や権利、倫理観や社会的影響など様々な観点からこの問題について考え、患者や家族・医師など様々な立場にたって思慮を深めることができました。

本番では残念ながら決勝トーナメント進出はなりませんでしたが、全員が協力しあい、準備してきたことの全てを出し切ることができました。準備や応援など、協力してしてくださったみなさま、ありがとうございました。

グローバル探究コース1年生(35回生) 日本文化体験

2019.02.12
 1月24日(木)、コース生は、総合的な学習の時間を利用して、代表的な日本の伝統文化の一つ「茶道」を体験しました。講師には、本校で茶道部をご指導いただいている大江セツ子先生をお迎えしました。また、茶道部顧問の先生や部員にも授業をサポートしてもらいました。

授業は、本校の作法室で行われました。授業は、畳の部屋に正座で大江先生を囲む形で進められました。毎日の生活でなかなか正座をする機会はありません。足のしびれを必死に耐えていた生徒もいました。それでも何とか所作に則って、お点前する側、受ける側に分かれて茶道を体験することができました。普段は大変賑やかな1年1組ですが、お点前中は厳かで静寂な雰囲気に包まれていました。

体験後、大江先生との交流時間が設けられました。生徒からは、作法室の掛け軸や生け花のこと、大江先生が茶道を始めたきっかけなど様々な質問や感想がありました。日本の伝統文化の奥深さを次のように伝えた生徒もいました。「普段慌ただしい生活をしているだけに、今日はこのゆっくりと流れる時間を楽しめた。この雰囲気も日本文化だと思った。」

来年、コース生には研修旅行先で自国文化を伝える機会が必ず訪れます。今回の体験授業は、自分の言葉で日本の文化を伝えるための良い機会になったことと思います。大江先生、茶道部の先生、部員の皆さん、このような貴重な機会をつくっていただき本当にありがとうございました。

グローバル探究コース1年生(35回生) 「高等学校魅力・特色づくり活動発表会」

2019.02.12
 1月19日(土)、あかし市民広場で行われた「高等学校 魅力・特色づくり活動発表会」に、県内から31校が参加して活動発表をしました。1年生コース生5名が、食品ロス問題について、来年研修旅行でコース生が訪れるオーストラリアの現状や対策などを、日本と比較してまとめ、その学習成果をポスターセッションしました。メンバーの1人は、「どこの学校も目を引く発表内容で、見ていて楽しい。私たちの学校の良さも伝わったと思う。」と話していました。