トピックス

兵庫県公立高等学校PTA連合会研究大会へ参加

2018.11.27
 11月24日、姫路市文化センターで開催されました。今回のテーマは「親から子へうけつがれるもの」でした。講演会の講師は、NHK Eテレの「フックブックロー」けっさくくん役としても有名な谷本 賢一郎氏。歌のお兄さんらしく、歌を通して谷本氏自身の子どもへの思いを聞かせていただいたり、東日本大震災の被災地で暮らす人達に元気を届けたいと定期的に行っているコンサートの様子などを見せていただいたりしました。

被災地で歌っている「なまえ」が歌われた時には、会場中の誰もが親として、生まれた我が子へ抱いた愛おしさや、願いを込めて名前をつけた時の気持ちを思い出し、改めて我が子への思いを噛みしめました。

講演会は終始、会場中を巻き込んだコンサートのようで、谷本氏が目指したとおり、終わる頃には出席した誰もが心がウキウキと元気になることが出来ました。【理事】

▲大会の応援に来た西播磨の「ゆるキャラ」たち

2年コース 中国語講座

2018.11.16

平成30年11月16日(金)に、2年生グローバル探究コース生を対象に中国語講座を行いました。

講師には、関西学院大学より李梦迪(リ・モンディ)先生をお招きしました。まず、中国語の子音や母音の発音、声調や語順による意味の変化など言語についてお話ししていただき、次に中国の現状について教えていただきました。生徒たちはピンイン(中国語の発音記号)などを見ながら、覚えた中国語を話して、その響きの違いなどを楽しんでいました。

最後には、独学で中国語を勉強している生徒が中国語でお礼の言葉を述べ、先生を驚かせました。

李先生、ありがとうございました。

研修旅行(PTA)

2018.11.12
 10月27日参加者40名で研修旅行に行きました。昼食はホテルでランチをいただき、大阪駅周辺の散策でハロウィーンの飾りやグッズを見て楽しみました。吉本新喜劇では、TVにはない生の迫力ある舞台を観賞し、非日常な時を過ごすことができました。この旅行を通して、会員同士の親睦が深まり、素晴らしい秋の一日を満喫することができました。(研修委員会)

第3回 グローバル探究コース説明会

2018.11.09
 11月6日、7日にオープンハイスクールの分散会として、第3回グローバル探究コース説明会が開催されました。

教員によるコース概要説明に続き、東播英語スピーチコンテストで入賞した2年生コース生による実体験に基づいた英語スピーチが行われました。その後、入試問題体験として英作文体験を実施しました。コース2年生が英作文のお手伝いをしました。作成した英作文を録音しながら音読し、iPadのアプリ、ロイロノートでスクリーン上に映し、参加者全員で共有しました。グローバル探究コースで行われているICT機器を活用した活動を実際に体験してもらうことができました。英作文の合間に中学生はコース生にさまざまな質問をしながら、終始和やかな雰囲気で説明会は進みました。

2日間多くの中学生、保護者、教員の方々に出席していただき、本当にありがとうございました。中学生の皆さんと来年の4月に本校の新入生としてお会いできるのを楽しみにしています。


オープンハイスクール

2018.11.08
 11月6日(火)、7日(水)の2日間にわたりオープンハイスクールを開催し、両日合わせて1,000名近くの中学3年生や先生方、保護者の皆様にお越しいただきました。

全体説明会の後、普通科希望者は授業見学とICT利活用実践報告会、グローバル探究コース希望者はコース説明会にご参加いただき、続いて両者ともに部活動を見学いただきました。

ICTを活用した効果的な授業や、学習に専念できる落ち着いた環境、そして一生懸命で真面目であることを互いに認め、尊重し合う生徒たちの姿などをご覧いただき、本校に魅力を感じていただけたのであれば嬉しい限りです。ご出席いただきありがとうございました。中学生の皆さんとは4月、再び本校で仲間としてお会いできることを楽しみにしています。

コース1年生(35回生) BFC国際理解特別授業

2018.11.08
10月29日(月)3時間目、1年1組に関西学院大学よりBridge for Children,KGUという学生国際協力団体に所属する学生の方々をお迎えし、国際理解特別授業を受けました。テーマは「児童労働」です。英語の授業を通して、コース生は少しずつ開発途上国の現状や児童労働(Child Labor)の実態を知り始めています。本日の講義を通して更に学びが深まることが期待されます。


  特別授業では、グループ単位で児童労働についての印象を簡単に共有した後、学生の方々の活動先であるフィリピンの現状について教えてもらいながら、更に理解を深めていきました。フィリピンでは、大気汚染を理由に焼却処理が禁止されており、それが、埋め立て=ごみ山、という新たな環境問題を生み出していることを教わりました。その他にも、路上生活を強いられる子どもたち、上半身裸に素足の子どもの姿など、日本の日常とはかけ離れたフィリピンの子どもの現状が写真や動画を通して生々しく伝わってきました。コース生は皆、スクリーンを食い入るように見つめていました。

「私たちにできる支援は、知ること、伝えること、そして参加すること、の3つです。」経験をもとに語る学生の方々の言葉には力がありました。コース生は彼らの言葉をどのように受け止めたのでしょうか。


 今回の講義では、コース生の少し未来を歩く先輩方から、“伝える”ということについても多く教わるところがありました。力強く、笑顔で、アイコンタクトを絶やさず、明瞭な声で語りかける先輩の講義は、大変魅力的で説得力がありました。今後、コース生が、地球規模の諸問題に向きあい、考え、そして伝えていくうえで、素晴らしいお手本を見せていただいたことにも深く感謝しています。関西学院大学の学生の皆さん、貴重な講義をしていただき、本当にありがとうございました。


緑化活動(PTA)

2018.11.06
 10月23日は朝から小雨がぱらつき、お天気が心配されましたが、午後からは雨が降ることもなく、多くのPTA役員の方の協力を頂き、正門前のロータリーの花壇にビオラの苗やチューリップの球根を植えました。

来春、花が咲いて学校の風景の中にあざやかな色を添えてくれることでしょう。

(学年委員会)

合同委員会(PTA)

2018.11.06
 10月23日に合同委員会を行いました。

学年毎に分かれてすわり、学年団の先生にも加わって頂き話がすすめられました。 1年生はセンター試験にかわる新テスト(大学入学共通テスト)について、2年生は日常の様子や修学旅行について、3年生は進路について、親としてどう支えるか…など、お話を伺うことができました。

先生方には中間テスト後のお忙しい中、時間を割いて頂きありがとうございました。

(学年委員会)

花いっぱい運動(PTA)

2018.11.06
 10月23日、生徒会主催の花いっぱい運動に参加しました。 プランター植えられたパンジーは近隣の医療機関や幼稚園等に寄贈するそうです。 いろいろな行事を経て、委員同士も仲良くなり、楽しく参加できてとても良かったです。
(地区委員会)

全校集会(10/30)

2018.11.05
10月30日(火)に全校集会が行われました。   まず校長より、リンカーンの「意志あるところに道は開ける」や、ビル・ゲイツの「人生は誰も助けてくれない」などの言葉が紹介され、自分の人生は自分で切り開く覚悟を持つことが肝要である、とのお話がありました。   次に近畿新人大会に出場した水泳部より試合結果の報告が行われ、続いてオーストラリアからの留学生マイアーさんの挨拶、生徒指導部長から生活上の注意点などについてのお話がありました。