国際交流

オーストラリア研修

平成13年から始まったオーストラリア研修も18回を迎え、夏休み中の17日間、約20名の生徒を派遣しています。はじめはメルボルン郊外の高校と交流していましたが、現在は西海岸に位置するパース市近郊のロスモイン高校と交流しています。授業参加を中心として、市内見学、大学訪問などもプログラムに組み込んでいます。滞在中はロスモイン高校の生徒宅にホームステイをし、生きた英語を学ぶと同時に、さまざまな異文化体験をしています。

アメリカ研修

平成26年度から始まったアメリカ研修は今年度で6回目を迎えます。春休み直前の9日間をアメリカ東海岸のボストンで過ごします。アメリカの歴史が始まったボストンでホームステイをしながら、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学で講義を受けたり、市内見学をしたりする等、アメリカの文化を体験します。

台湾彰化女子高級中學との交流

平成17年から隔年で台湾より国立彰化女子高級中學の生徒を受け入れています。歓迎会では彰化女子高級中學生による日本の歌や寸劇などが披露された後、小グループに分かれての文化交流活動が行われています。英語を使いながら、けん玉、おはじき、福笑い、百人一首など、日本伝統の遊びや、姫路の紹介、クイズやゲームを通してお互い交流を深めています。

イオン1%クラブ

イオン1%クラブが主催する平成25年度日中高校生交流事業に参加校の一校として選ばれ、中国武漢市第6中学(日本では高校に相当)より、15名の生徒を受け入れました。代表生徒は東京まで武漢の生徒を出迎えに行き、共に首相官邸や中国大使館を表敬訪問しました。来校当日は球技大会があり、第6中学の生徒もバレーやバスケット、テニス等に参加し、汗を流しました。その後、作法室で茶道体験があり、数名の生徒は浴衣の着つけをしてもらって、茶会を楽しんでいました。秋には本校の生徒15名が武漢市を訪れて、交流をさらに深めました。(平成25年度)

英語ワークショップ

西オーストラリア州教育省から3名の講師を招聘し、魅力あるひょうごの高校づくり推進事業に係る講演会ならびに英語ワークショップを開催しました。講師の一人は、オーストラリアでプロの俳優として活躍する日本人で、その仕事内容や人生経験のお話は非常に興味深いものでした。講演に引き続き、感情を込めて英語を話すトレーニング、また人に聞いてもらうための話し方のトレーニングが行われました。最後に、生徒は自分たちで作成した姫路の見所をポスターセッション形式で発表し、観客を呼び込みながら、習った英語でプレゼンをしました。(平成24年度)

ロスモイン高校受け入れ

オーストラリア研修で訪問したロスモイン高校から17名の生徒が来校しました。ロスモイン高の生徒は1週間にわたって本校に滞在し、文化の違いに戸惑いながらも、積極的に授業に参加しました。英語の授業はほとんどを特別授業に変更し、ロスモイン高校生との交流学習としました。日本の高校生言葉を英語に直したり、日番・部活動など日本の学校生活の特徴を英語で紹介したりするなど、英語を使いながらお互いの文化的差異を学びつつ、交流を深めました。(平成27年度)

EUがやってくる

国際理解教育活動を推進し、国際性豊かな人材を育成するため、欧州連合代表部による「EUがあなたの学校にやってくる」というプログラムに参加して、ポルトガル駐日大使のジョゼ・デ・フレイタス・フェラース氏を招き、EUに関する講演を聴きました。講演は英語でおこなわれましたが、スライドを使ったわかりやすい説明で、EUの歴史、文化、政治・経済について学ぶとともに、国際的な視野を広げる良い機会となりました。(平成24年度)