施設紹介

 

学校施設紹介

正門

校舎

和魂碑

 初代校長・岡垣徹治は「和魂の精神」(旧制豊岡中の建学の精神)と「花橘の気品」(旧制豊岡高女の校風)を受け継ぎ本校の教育理念とし、開校から100年以上経った現在まで脈々と受け継がれています。明治31年(1898年)に建立され、達徳会館とともに豊高のシンボルとなっています。

 

 達徳会館

 茶室「花橘庵」

 和魂百年館

達徳会館は 当初、兵庫県豊岡尋常中学校本館として明治29年(1896年)に建てられました。本館の1階 には校長室や教員室、宿直室、2階には講堂が配されていました。兵庫県指定文化財指定 昭和41年(1966年)に建設された達徳会館とともに現存する建築物です。現在でも同校茶道部等が活動の場として利用しています。 創立100周年の時に建設された同窓会館。普段の部活動や集会や補習、合宿などに使われています。2階には小さい会議室もあります。
カマボコ屋根が左右に張り出したちょっと面白い形をしています。