授業風景

【探究ⅠにおけるSTEAM教育の実践】

本年度から豊岡高校は3年間のSTEAM教育の研究指定校となりました。

STEAM教育とは
S(Science:科学)
T(Technology:技術)
E(Engineering:工学) ※兵庫県においては(English:英語)も重視
A(Arts:芸術またはリベラルアーツ)
M(Mathematics:数学)
を統合する教育です。

普通科1年生「探究Ⅰ」の授業ではSTEAM教育を通じて、生徒たちに課題解決力とコミュニケーション能力を身につけることを目指しています。
1年生はこれまでの授業の中でインタビューゲームを行い、多元的な自己理解能力や表現力を培ってきました。
今回は、6月29日から7月2日の4日間にかけて平田オリザ主宰の劇団「青年団」の劇団員を招き、1クラス2時間連続で授業を行いました。そこでは、主にA(Arts:芸術またはリベラルアーツ)に注目して、演劇的手法を用いたコミュニケーション能力、さらに課題解決力の育成を目指しました。
生徒は豊岡をPRするCMを考案するという課題に挑戦し、友達と協働してストーリーを模索し、発表においては、恥ずかしそうにしながらも、各自が役になりきって効果的な工夫を凝らしたCMを完成させていました。