諸警報に伴う授業措置について(令和元年度の規程)

1 警報の種類と対象地域

本校の規定における警報とは、大雨・暴風・暴風雪・大雪のいずれかの警報または特別警報、及び洪水警報をいう。
対象地域は、①姫路市  ②姫路市以外の生徒居住地・通学路の地域(福崎町、市川町、神河町、高砂市、太子町、たつの市、相生市、赤穂市、上郡町、宍粟市、佐用町、加古川市、稲美町)とする。
警報が対象地域に発令されている場合には次の2、3に従って対応する。

2 通常の授業日

(1) 午前6時

ア 警報が姫路市に発令されている場合は、全員が自宅待機すること。
イ 姫路市に警報が発令されておらず、上記②のいずれかの地域に発令されている場合は、警報発令地域に自宅がある生徒と警報発令地域を通って通学する生徒は自宅待機する。

(2) 午前10時

ア 引き続き姫路市に警報発令中の場合は、臨時休業とする。
イ 姫路市に発令されていた警報が解除されている場合

a 5限以降の授業を実施する。生徒は13時までに登校すること。
b 上記②に警報が発令されていれば、その地域に関係する生徒は自宅待機を続ける。
出席することができなかった授業の出席の扱いは公欠とする。

3 定期考査日

午前6時、姫路市または上記②のいずれかの地域に発令されている場合、臨時休業とする。
臨時休業日の考査は、考査最終日の翌日に実施する。

4 上記の警報が発令されていなくても外出が危険な場合は自宅待機すること。

通学中に警報が発令された場合は自宅等安全な場所に移動して待機すること。

(補則1)上記②については、当該年度に対象生徒がいる場合に警報対象地域となるため、年度当初に②を指定するとともに、全生徒、教職員に対し文書にて通知する。

(補則2)校内模試、校内実力考査は通常の授業日に準じる。