No.229 テクノアイデアコンテスト”テクノ愛”2017

将来の産業・科学技術の発展を担うベンチャー精神に富んだ起業家や柔軟でユニークな発想を持つ研究者を育成するため、科学技術やものづくりへの関心を高める取組の一環として、高校生や大学生等を対象に斬新で独創的なアイデアを募集し、書類審査の通過者を対象にコンテストを行い、優れたアイデアを表彰するとともに、特許出願等の相談を行うことをねらいとしたテクノアイデアコンテスト“テクノ愛2017”に3年7組(知の総合類型)の田井東大貴君が「メタンハイドレート開発における排水構造体に関する考察」をテーマに、当コンテストに応募していましたが、過日、書類審査を通過したとの連絡がありました。11月23日(木)に最終審査で口頭発表を行い、奨励賞を受賞しました。

田井東君は、SGHの課題研究でメタンハイドレートの採掘システムについて研究を行ってきましたが、この度、さらに踏み込んだ独自の研究でコンテストに参加していました。当日は、アイデアを思い付いた動機や背景、アイデアの目的、アイデアのもととなる原理について一生懸命発表しました。