第5回授業:平成27年6月15日(月) 1年生:大講義室  2年生:情報教室
1年生 講話 「国際観光都市・姫路に関する取り組み」 大講義室 2年生1名 1年生52名参加
講師:姫路市産業局 観光交流推進室 係長 宮﨑 奈津子 氏 (西高43回生)
2年生 グループワーク  指導助言:西松屋チェーン 高橋氏、伊藤氏

【1年生】
 本時は、姫路市の観光振興の最前線でご活躍の、産業局観光交流推進室の宮﨑奈津子氏をお招きし、姫路市が進める観光行政、取組、課題について説明していただきました。姫路市が、人口では全国25位、工業製品出荷額全国16位、年間商品販売額全国27位であることや姫路市をとりまく観光行政の歴史と概略を述べられたのち、姫路城のグランドオープンによって観光客のP1010679bP1010696b大幅な増加が見込まれることや、外国人旅行者受け入れ体制を強化するために取り組んでいることなどについて、姫路城グランドオープンブルーインパルスやプロジェクションマッピングの話を盛り込みながら、わかりやすく説明していただきました。生徒からは、現在のピークが過ぎたときのためにどのような対策を立てられているのか等、多くの質問が出され、大盛況のうちに講話を終えることができました。
(生徒の声)
・姫路について海外の人に紹介するときに参考になることがたくさんあった。
・ドローンで撮影された姫路城がとてもきれいで姫路城の良さを改めて感じた。
・姫路城に関する観光業の裏側を多く聞けてとても興味深かった。情報の発信や提供など、インターネットをより活用する方法について考えてみたいと思った。

【2年生】
 2年生はグループ毎に課題研究を進めました。途中、「高校生新聞」の取材を受けたり西松屋チェーンの高橋氏、伊藤氏からのアドバイスを受けたりしながら活発に研究を進めることができました。課題研究終了後、「姫路市の活性化」に取り組むA班、「姫路城でセグウェイ」に取り組むD班、「姫ナビ」に取り組むG班が講演を終えた宮﨑奈津子氏に質問したりアドバイスをいただいたりと充実した一日となりました。
IMG_0948b(各班進捗状況)
・姫路城周辺の景観保護についてのビジネスモデルをほぼ完成させられた。(A班)
・宮﨑さんとの話で、イベントのあるときに一度試乗をしてみたらよいという方向で決まった。(D班)
・それぞれ調べてきた難民キャンプの中からどこにするか、気候や電化率もふまえて一つにしぼった。(F班)

おすすめの記事