toggle navigation

兵庫県教育委員会

記者発表

兵庫県立大学

兵庫県立大学自然・環境科学研究所兵庫県立人と自然の博物館
気密性の低い段ボール箱でも、マイクロカプセル化わさび成分シートをヒアリ忌避剤として有効に活用できることを証明

概 要
 橋本佳明 (兵庫県立大学自然・環境科学研究所准教授 兼 兵庫県立人と自然の博物館主任研究員)、坂本洋典 (国立環境研究所 生物多様性領域(生態リスク評価・対策研究室)研究員)、浅井ひろみ(株式会社 PRD 防カビ・抗菌事業部)、八十島将充 (もりや産業株式会社)、Hui‑Min Lin (Monster’s Agrotech, Taiwan)、五箇公一 (国立環境研究所 生物多様性領域 (生態リスク評価・対策研究室)室長)らの研究グループは、気密性の低い段ボール箱でも、天然由来の安全な防虫、殺菌成分である「わさび成分(AITC:アリルイソチオシアネート)」を実際のコンテナ貨物輸送でもヒアリの忌避剤として有効に活用できることを明らかにしました。

 わさびの香り成分は強力な防虫効果を持つ、天然由来の安全な化合物であることは知られていました。一方で、その高い揮発性と強い刺激性のために、利用可能な用途は限定されていす。最近になり、細孔を有する樹脂でAITCをマイクロカプセル化する技術が確立され(PATENT No. JP5033232B)、揮発
量と徐放性のコントロールが可能となりました。例えば、博物館の防虫用や、木材・竹材などの防カビ目的としてマイクロカプセル化 わさびを含有したシート(わさびシート)が用いられています。これらの知見に基づいて、我々は既に台湾で、ヒアリが好む匂いを発する餌(ベイト)を入れたプラスチック管の中にわさびシートを入れることで、揮発したわさび成分の存在下ではヒアリの侵 入を阻止できることを確かめました(Hashimoto et al. 2019)。しかし、実際のコンテナ物流において、貨物の梱包に多く使用されている段ボール箱はガスの気密性がほとんどないことが分かっています。そこで、今回、台湾で、ヒアリの侵入口として小さな穴を開けた段ボール箱に、わさびシートとヒアリ誘引のため匂いが強いエサを入れて、ヒアリの巣の上に箱を設置する方法で、ヒアリの忌避効果の検証を行いました。その結果、この方法でも、ヒアリの段ボール箱への侵入を阻止できることが証明されました。また、実験室内で、わさびシートを入れた段ボール内のわさび成分ガス量を計測した結果、わさび成分をマイクロカプセル化したことにより、わさびシートが有する徐放性によって、箱内でわさび成分ガスがゆっくりと放出され続けることで、気密性の低い段ボール内でもガス量を維持できていることが分かりました。さらに、我々は段ボール箱にガスバリア性を有するカバーを被せることで、より長期に渡りわさび成分のガス濃度を維持できることを示しました。

 本研究は、ヒアリの侵入前防除技術として、マイクロカプセル化わさび成分が実際のコンテナ貨物輸出入においても実用化できることを示した重要な成果と言えます。この成果によって、マイクロカプセル化わさびのヒアリ忌避剤としての社会実装化が加速することが期待されます。

 本研究成果は 2022 年 3 月 28 日に、国際科学誌「Applied Entomology and Zoology」のOnline first として、Springer.com に掲載されました。
https://link.springer.com/article/10.1007/s13355-022-00779-5