toggle navigation

兵庫県教育委員会

記者発表

高校教育課

県立高等学校教育改革第三次実施計画

1 計画の趣旨等
 (1) 計画の趣旨
  「ひょうご未来の高校教育あり方検討委員会(令和3年3月)」を受け、グローバル化や
  ICTをはじめとする技術の進展等、変化が激しく、予測困難な時代を迎える中で、社会
  の変化に柔軟に対応し、自らの力で新しい社会を切り拓く力を育成できる県立高等学校で
  あり続けられるよう、改革の基本的な考え方と方向性を示す「県立高等学校教育改革第三
  次実施計画」を策定する。
 (2) 計画の期間
  令和4(2022)年度から令和 12(2030)年度までの9年間とする。
  本計画は、令和4(2022)年度から令和8(2026)年度までの5年間を前期期間として、取組内容を示す。
  (後期期間:令和9(2027)年度から令和 12(2030)年度の4年間)
 (3) 「県立高等学校教育改革第三次実施計画」の3つの柱
  1 県立高等学校の魅力・特色づくりの推進
  2 県立高等学校(全日制)の望ましい規模と配置
  3 入学者選抜制度・方法の工夫と改善

2 計画の内容
 別添資料をご覧ください。