toggle navigation

兵庫県教育委員会

記者発表

兵庫県立大学

兵庫県立大学と株式会社ダイセルとの共同研究講座「摩擦界面現象共同研究講座」の設置について

 兵庫県立大学と㈱ダイセル(本社:大阪市北区)は、兵庫県立大学・播磨理学キャンパス(兵庫県赤穂郡上郡町)内に共同研究講座「摩擦界面現象共同研究講座」(以下 「本講座」)を2020年4月1日付で設置しました。本講座において摩擦の基礎研究を理論的・実験的に進め、得られた知見をもとに新素材の開発へとつなげていきます。
 このたび、本講座の開講式を、下記のとおり開催します。

1 共同研究の概要
 兵庫県立大学と㈱ダイセルは、2017年8月に包括連携協定を締結し、産学連携を多方面で進めてきました。その一環として、摩擦界面で起こる現象を解明し新たな素材開発に必要な要素を研究することを目的に、本講座を設置しました。
 本講座は、樹脂を扱う際の必須の課題である「熱」への対応を、摩擦の側面から解明することを目的とし、摩擦界面での現象をミクロとマクロの双方の視点でとら えるとともに、「熱」の観点から、樹脂を摩擦部材として用いる際に求められる特性を検証します。ひいては、本講座における共同研究から導かれた要素技術を㈱ダイセルが具現化し、社会ニーズに応える新たな素材を提供することを目指しています。

2 開講式概要
 (1)日 時:11月24日(火)午前10時~午前11時30分
 (2)場 所:兵庫県立大学 播磨理学キャンパス 研究2期棟 大会議室
        (赤穂郡上郡町光都3-1-2)
 (3)出席者:兵庫県立大学:太田学長、平野副理事長 ほか
        ㈱ダイセル:小河代表取締役社長、高部取締役 ほか