toggle navigation

兵庫県教育委員会

記者発表

兵庫県立大学

トーカロ株式会社と兵庫県立大学との「国際社会で活躍する人材育成の推進に関する協定締結」について

 トーカロ株式会社(本社:神戸市中央区、代表取締役社長 三船法行)と兵庫県立大学(本部:神戸市西区、学長 太田 勲)は、国際社会で活躍する人材育成の推進に関する協定を締結することになりました。
 兵庫県立大学では、平成31年4月に学部再編を行い国際商経学部を開設し、そのなかに、グローバルビジネスコースを設置しました。同コースでは留学生と日本人学生がすべての講義やゼミを英語で学び、グローバルに即戦力で活躍できる優秀な人材の育成を行っています。
 このたび、トーカロ株式会社では、日本と母国との懸け橋となり国際社会で活躍する優秀な人材の育成を図ることを目的として、同コースの外国人留学生への奨学金給付事業を行うことになりました。
 同コースの留学生を支援する制度としては、兵庫県立大学ではグローバルビジネスコース就学生支援基金を設けており、これまでも企業からの寄付をもとに、広く留学生への給付事業にあててきたところです。企業が独自の制度を設けて、特定の留学生に継続的に奨学金を給付する初めての取り組みとなります。
 国際的な事業展開を行うトーカロ株式会社と、グローバルビジネスコースを設置し積極的に留学生を受け入れる兵庫県立大学の連携により、国際社会で活躍できる優秀なグローバル人材の育成を積極的に推進していきます。

詳細は別添資料をご覧ください。